2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09











スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

黄色のトロフィー

鏡を覗いてビックリした。

今日は系列の会社に
仕事の応援に行っていた。

同じ職種だがマロのショップと
分類が違う系列店

前日徹夜で商品の特長や製品の機能
素材やセールスポイントを下調べして頭に詰め込む

だが…問題はソコではない

系列店は
働く時に着る制服が違うのだ
タイトスカートに体のラインが浮き出るブラウス

120キロ台の体型には半端ない羞恥心が襲う

見た目で相手になんだかの負のイメージも抱かれてしまう

マロの武器は
いつもなら知識と経験の上に立つ
あの人に頼べば大丈夫という
ドンと構えた安心感だが

昨日、今日現れた新顔には
それもない

できるだけスリムに…と
補正下着に身を詰め込む

それでも出っ張ったお腹…
もうこうなれば一日中お腹を減っこませて乗り切るしかなかった

本来のショップの同僚が
慣れない職場にマロを心配してくれ
お客様を装いエールの電話をくれた

お昼休み
素直な気持ちを同僚にメールする


一夜ずけの知識を振りかざし
なんとか前年比120%の売上実績で1日の営業をおえた

ホッ…応援の義務と役目を果たせた…

人影がなくなったのを確認して
その場に崩れ落ちた…

補正下着で血流が妨げられ
水分補給も6時間以上していない

鏡に映ったマロは目の下にクマができ
顔面蒼白のような土気色
とてもみすぼらしかった。

がんばったんだけどなぁ…

そんな時同僚からメールが

ワンピースの画像で送られてきた

自分のショップに戻ろう…
1時間かけて自分のショップに戻ると
マロを気づかって差し入れをくれた



細長く黄色いパフェは
マロにとって
黄色のトロフィーのようだった

家路に付き
体重を測る
120.6キロ⇒120.4キロ/前日より200グラム減


仕事がキツかったから痩せたとは
なぜか思いたくなかった。

明日の朝
トロフィーにかぶり付くのが楽しみだなヾ(*'∇'*)シ




スポンサーサイト
[ 2014/09/16 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://metapoltuchilyari.blog.fc2.com/tb.php/85-37053fc0











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。