2017 081234567891011121314151617181920212223242526272829302017 10











スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

普通を演じている

山沿いに立ち並ぶ街並みを歩いていた
街の賑わいに反して延々と続く上り坂

以前のマロなら
人の目に付かないように裏路地を歩いていた

できるだけ太い体型を見られたくなかった事とは別に
太りすぎたことで歩く速度が異様に遅かった

特に上り坂は呼吸が乱れるぐらいなら良いけれど
心臓の鼓動の速さが危険域だった

同じ距離を歩くにも
人の3倍歩く速度は遅かった

ダイエットを続けてきた現在
1日平均23,000歩


雨天の関係でお休みをすることも有るけれど

多い日なら1日3万歩を越える日も
週に2日程はある

人並みの速度でも歩けるようになってきて
表参道を堂々と歩けるようになったのは
ここ1年ほどの話

裏路地の簡素な道とは違い
にぎやかな表参道は
気持ちも明るくなる

自分なりに颯爽と歩いていると
Σ(゚Д゚)ノノエッ!?

ε=( ̄。 ̄;)フゥ
と、重たいため息とともに

気だるそうに歩く
年配のサラリーマンに追い抜かれた

(〃*`Д´)カチーーーン.ときたマロ(笑)

マロはこれでも颯爽と歩いているのに!!

別に早歩きをしているわけでも
急いでいるわけでもなさそうな人に
ふつ~に追い抜かれた事がショックだった

毎日約9kmのウォーキングを歩いていても
そのコースは平坦で登りや下りがないコース

なのでジムなどでウォーキングマシーンで歩く時は
できるだけ勾配を付けて傾斜を15%
ひたすら坂道を上る設定で歩いている

しかし所詮はウォーキングマシーンの上での話のようだ

シューズを履き手ぶらで歩くマシーンの上と
両手に荷物をいっぱい抱えパンプスで歩く
実際の坂道はやはり異なる

心のどこかで
これだけ毎日歩いていたら
もう大丈夫!と気の緩みがあった

いじけたマロは
スゴスゴと裏路地に逃げる

ガラガラガシャーーン!と
自動販売機でお茶を買い
ゴクゴクと飲み干した

「ふぅ~。」と一息とともに
「まだまだだなぁ・・・」と思う

裏路地にだって良いことは有る・・・
表参道の自動販売機は1本130円だけど
同じドリンクでも
1本裏路地に回るだけで1本100円だ(笑)

ちょっとぐらい良いこともないとね♪

マロはまだまだ体質改造中
今まで意識していた時速は5.5km/h

でもこれでは遅いと認識したので
今日は時速6km/hに初挑戦


さすが時速を上げれば
1時間の消費エネルギー747kcalにも上がる(勾配15%)


まだまだ
必死に頑張って
普通を演じていることろがある


まったく余裕がない体力
トータル的に体力の底上げをしてかなければならないと
思い知らされた出来事でした
スポンサーサイト
[ 2016/07/22 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)

マロさん こんばんは^^

あららら
お相手はサラリーマンさんだもの。
比較しないでマロさん大丈夫ですよ~~!!
きっと マシンと陸(?)との違いですよね
ぼちぼち 普通にマロさんなりの
運動量で 十分だと♪♪

色々私の近況も書きたいのですが
長くなりそう。。。
今度お会いできる日を楽しみに その時
報告しますね。いい方向にいってたら良いのですが
こればかりは なるようになるなる。
無理しすぎず よしよしよし。
私らしく 進んでいきます!
[ 2016/07/22 21:01 ] [ 編集 ]

tomatoちゃんへ

こんばんは
追い抜かされたサラリーマン
ダラダラ歩いていたんですよ
なのに追い抜かされたの!
一方的に悔しく感じてしまって・・・
常日頃から山道を歩いている人にはかないません

新しい職場はどんな感じですか?
最初は覚えることが山積で大変ですよね
覚えることをメモっても
そのメモ自体が何のことを書いていたんだろっ~って
なりませんか?

どんなに大変なお仕事でも
働かされるのではなく
遣り甲斐のある職場だと良いですね
前職で大変な思いを経験した分
新しい職場で遣り甲斐を見つけれる事を願って
応援しています♪
[ 2016/07/23 22:38 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://metapoltuchilyari.blog.fc2.com/tb.php/777-df6f95a0











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。