FC2ブログ

2018 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312018 09










スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

頭真っ白

身体はココにあるのに
ココロは遠くにいっています

仕事が
あまりに忙しい…

売上が
転勤前のお店の4倍以上の売上があるのに
従業員数は1.5倍…

朝10時
床に落としたボールペン
拾いたいと
ずーっと頭の片隅にあって

やっと
拾えたのは16時だった

本気で
キツくて

思考力ゼロ
余裕ゼロ
身体だけが惰性で働いてる状態

それに加えて
昨年より体重+50㎏

本気でヤバイ

お盆中は
更に
忙しさに拍車がかかっていた

夏の暑さに加え
人間の熱気もすごいし

人が集まると機械もフル活動で
機械熱も凄い

『酸素…酸素が欲しい…空気が薄いぃ』と
嘆きながら働いていました…

家にたどり着くと
頭真っ白
抜け殻のように動けない

ブログを書く余裕も
まったくなかった…です

お盆を過ぎて
やっと少し
自分を取り戻しつつあります

ダイエットかぁ~
忘れていたなぁ…
スポンサーサイト
[ 2018/08/20 ] セカンド・シーズン | TB(0) | CM(-)

一発逆転は夢のまた夢

ピンチこそチャンスだと言う
実際そうだと思う

ただ現実は
ピンチはピンチだ!

正真正銘の
ピンチでしかない

このピンチ
どうすれば脱するのだろう?

ピンチを脱出するには
ハッタリをかませば良いと言う

ならば
「痩せてやるぞ!」←ハッタリです

ハッタリをかますことで
自分を追い込むと
逆境に立ち向かう力になるらしい…

でも
すでに
MAXに追い込まれているんだけどなぁ~

「痩せてやるぞ!」
「痩せてやるぞ!」
[ 2018/08/15 ] セカンド・シーズン | TB(0) | CM(-)

しゃ~ないね

1年間で体重が50㎏増える
この体験ほど不思議なものはない

大袈裟に例えるならば
2㎏で生まれた赤ちゃんが
50㎏の大人に成長するまで

その成長を
1年間と言う短い期間で
見届けるのと等しい

本人も戸惑っているけど
周囲もかなり戸惑いを隠せない

最初− 70kgの減量したことを隠して
新天地の生活が始まったマロ

周囲の人のマロに対しての感想は

しっかりした人
厳格な人

そんな扱いだった

現在
周囲に与えるマロの感想は

利用するには便利な人
ダメな人である

そのように見えているんだと
空気感で伝わってくる

いつ頃からか境目は定かでないけれど

最初は下から目線だった人が
どんどん上から目線に変わっていく

今ではほとんどの人が
上から目線だと感じる

そのような変化を
1年間あらゆる場面で体験した

体型が変わっただけで
こうも
周囲の評価が急落するものなのかと
戸惑う

自分の中では整理が追いつかず
不思議な気持ちになる

第三者からの
評価が下がるのは仕方がないとして

悔しいのは
自分自身でも自分に対する評価が下がる事だ

体重が50㎏も増えると
一時期できるようになっていたことが
再びできなくなったりして
どんどんと自信を失っていくのだ

極端に太ったマロを
ダラシない人と
指先であしらってくる人は

1年前までは…
腰が低い人だった

1年前は
こんな扱いじゃ
なかったのになぁ~
と、
ちょっと寂しい思いをしている
[ 2018/08/14 ] セカンド・シーズン | TB(0) | CM(-)

自分の変化

以前
一緒にダイエットをしていた仲間と
出会った

とは言っても

「痩せたいね」
「じゃぁ一緒に痩せようか?」
と言うような

その場の雰囲気だけの

軽いノリの
ダイエット仲間だ

以前からマロが
太ったり痩せたりしていることを
知っているその仲間は

太ったマロに対して
特段何とも思っていない様子だった

けれど
不思議なもので

マロ自身は
無意識に腹式呼吸を始めていた

気がつくと
お腹をへこませたり
膨らませたりしながら
腹筋を鍛えている

最近では
人に背を向けることに
慣れてしまっていたマロは
どこか猫背になってしまっていたのだけれど

その仲間を目の前にして

自然と胸式呼吸に変わり
胸をはり
ドローイングも始めていた…

思い出してみれば
以前その仲間と一緒にいるときは
常に自分がそのように
行動していたことを思い出す

お互い生活環境が
大きく変わることで

最近では
あまり出会うことがなくなってしまった仲間

また以前のような環境に
戻ることができたのであれば
ダイエットもスムーズにできるのかしら?

なんて、
かなわない妄想に思いを巡らす

ダイエットのことや体型の事には
一切触れることなく
その仲間と
なごやかな時間を過ごした

その仲間と別れた後
気持ちがダイエットに切り替わっていた

自分の変化に
自分自身が1番驚いた
[ 2018/08/13 ] セカンド・シーズン | TB(0) | CM(-)

左右と右左

パソコンには左側と右側
両サイドに2個のマウスパッドが置いてある
両手利きのマロ(笑)

基本的には
箸🥢も鉛筆✏️も一般的な右利き

料理の時など
包丁🔪やフライ返しや菜箸🥢は左利き

ハサミ✂︎は右手で切り
カッターは左手を使う

本の1ページ目は
裏表紙から開けてしまうクセが抜けず

新聞紙は
テレビ欄が一面だと思っていた子供時代

両手利きと言っても
左右のバランスは50/50ではない

ドアを開ける、フタを開栓する時は左手
ドアを閉める、フタを閉める時は右手など

特定の動作の時に
使う手はある程度、決まっている

しかし
最近疲れやすいのか

マロの場合
疲れくると
その左右のバランスが崩れる

特に酷いのは『文字』

両手利きのため
左でも右でも書けるのだけれど…

疲れてくると
左手で書き始める

そこからさらに疲れると
文字がひっくりかえる



訳すと、
左手で書きはじめそれが鏡文字になる

右から左書きにも変わり
もはや書いた本人しか読めない

食事も

今日はいつもの右ではなく
左手で食べていた

疲れもあるせいか
左手で食べる時は
小食になっている
ゆっくり食べている

これだ!
左手で食べれば
小食に抑えれる!

よぉ~し!

明日からは左手でご飯を食べよう!

て、
ゴメン…

[ 2018/08/12 ] セカンド・シーズン | TB(0) | CM(-)

年功序列

『そうそうあのデブ』
『デブだから無理でしょ』
アッハハハ
『…そこがデブの面白いところよ』
アッハハハ
『それにあの腹!デブのあの腹ナイワァ~』
アッハハハ
『デブだから仕方ないんじゃない?』
アッハハハハ
『…所詮…でしょ~』
アッハハハ
『デブは見苦しいからねぇ~』
アッハハハ
『…だってなおらないんじゃない?デブですもの小杉』

小杉?

あぁ~漫才師ブラックマヨネーズの小杉さんの話しかぁ~

前ヒラパー兄さんの話しみたいです

実は
喫茶店でお茶をしているとき

真後ろの席から
聞こえてきた会話である

おそらくテレビ番組の内容についての
会話だったんだと思いたいけれど

その会話が小杉さんではなく

マロに向かって言われていると
勘違いしてしまったマロは

石のように固まってしまって
身動きできなくなっていました

デブの単語だけ
やたら大きな声で強調し

何度も何度も
デブ、デブ、デブ、ひつこく連呼する

単純に小杉さんの話しなのか
小杉さんをマロとダブらせて話しているのか
本意は判らなかった

どんな人達が会話しているのだろうか…

気分を害したので
とっととお茶を切り上げて
去り際にお顔を拝見したら

年の頃70歳代?と
お見受けする
白髪の年配女性の5人組み

うっ。

年功序列ですね

大人しく立ち去りました

なんだろ
ムタにココロが傷だらけなんだけれど…
[ 2018/08/11 ] セカンド・シーズン | TB(0) | CM(-)

消えた面影

近くにあるジムが
どんな雰囲気なのか知りたくなって
勇気がでたら
一度見学させてもらおうと

ジムの看板を目指して歩いていると

目の前の広場を
見覚えのある人が横切っていった…

ウッゲ!

マロの体重が63㎏の時
筋トレのトレーニングを受けていた

スポーツジムのインストラクターさんだった

この暑さの中

指先が冷たくなるほど
全身の血の気が引いていった…

さ、さ、さすがに
1年で約50㎏増加の体型を
見られる訳にはいかないと思った

当時はイケイケで
筋トレをしていたマロ

筋トレに対し
意識高い系女子が転落して

今や
ぐうたら女子…

せっかく
筋トレをイロイロとサポートしてもらったのに
今や跡形も面影もない

当時
とても励ましてくれていた事を思い出すと

この姿を絶対に見られてはいけない!

とっさに
後退りして
すごい勢いで逃げた

ムリ、ムリ、無理、無理!
絶対に無理!

多分…
2つ有るどちからのジムが
以前と同じグループ会社なのかも?

ジムの店名は、まったく異なるのに
着ていたトレーナー服が同じだったので

その人も転勤になったのかも…

キッツイな…
[ 2018/08/10 ] セカンド・シーズン | TB(0) | CM(-)

あと一歩の勇気

今の職場から歩いて行ける場所に
一般的なスポーツジムと
高級そうなスポーツジムが
2件ある

皮肉なものだよ…

以前は
24時まで営業しているジムまで
めちゃくちゃ遠回りしてまで
でかけていたのに

いまや
歩いていける範囲にある

転勤前に
この距離感でジムがあれば
今のマロは
もう少し変わっていたかもしれない

あの当時は
仕事終わりに通うジムまで片道38㎞離れていた

そりゃ~毎日ジムを続けるのは難しいでしょ!
と、今なら分かる
しかしダイエットハイだったマロには
乗り越えられる壁のはずだった

実際は身体を動かす前に
ジムに着いた時点でグッタリ(笑)

それに対して
いまや超手軽に通える距離♡

なのに!
近すぎて!
逆に!
行く気になれない

近すぎて
顔見知りに会いそうでイヤだ…

どこか今の自分を
見られたくない感がある

こんな大きな身体で筋トレって
『必死過ぎ~』って
思われそうで…怖い

イロイロ恥ずかしくて
ジムの壁が高い

でも
このままってのもねぇ…

せっかく近くにあるのだし
せめて見学に行きたいけれど

あと一歩
あと一歩
踏み出す勇気がない
[ 2018/08/09 ] セカンド・シーズン | TB(0) | CM(-)

しんどいの?

会う人
会う人に
『しんどいの?』
『しんどそう…』
疲れているみたいと、言われる日だった

気がつけば
誰かがマロをウチワで扇いでくれている

確かに
急激に太ったしんどさはある

この暑さでダウンしているし

少しずつ運動をしようと
昇降台運動した結果
エグい筋肉痛にもなっている

でも
そんなしんどさは
何時も切り離して考える

痩せない限り
解放されないしんどさは

しんどい内にならない

それゆえ

見た目は判らないが
自分的には元気ハツラツだった

自分的には、
しんどくない日だった

でも。。。

まったくの見知らぬ人に

『大変そうですが大丈夫ですか?』
『暑さもあるし…大変そう』と
声かけられて

マロ『誰?』

『あっ、いつも○○スーパーで
お買い物しているの見かけていたから』
『この前魚を買っていましたね』

って

そんな事
スーパーじゃない場所で言われても
マロには誰がわからなかった

戸惑ってしまって
なんて返答したか
覚えていない

100mほど
何か会話をしながら歩いて別れた

いま思うと
意識朦朧としていたのかも…

うん。
これダメだ
本気で伸びているみたい

まったく
自覚症状はない

確かに
炎天下、外を歩いていて
滝のような汗だった

途切れ、途切れに
目の前が暗くなったりしていた

体調が優れないのは
急激に太ったため

当たり前な事

そりゃ…
急激に太れば
急に立ち上がれば、めまいもする

体重50㎏分の脂肪が身体を包めば
それだけで熱いし暑い

起立神経乱れまくり
常に熱中症状態だ

本当に体調が悪くなっていても
気付いていない
注意していこうと思う
[ 2018/08/08 ] セカンド・シーズン | TB(0) | CM(-)

ノリ

僕の大好物は
「味付け海苔」

海苔をオヤツがわりに
バリバリ食べています

それに
海苔を酒のつまみすると🍶
最高だ!
と言う知人A

そんな知人Aの
体脂肪率は4%

さすが
痩せている人は違うな…

マロなんて
大好物は何かと聞かれたら
やはりスイーツ系を代表にあげてしまう…

痩せている人と
太っている人では

根っから
好きな物から違うもんだなぁ~

その知人Aがお勧めする

海苔単体で食べても美味しい
某名産品の味付け海苔を

バリバリと海苔のみで食べてみた

おいしい海苔だ
美味しいけれど…

この美味しい海苔で
ごはん🍚を
食べたいと思ってしまう

海苔単体なんて
物足りないと思ってしまう

ならば
海苔をオヤツの代用品に挑戦

う~ん
物足りない
醤油せんべいが🍘食べたくなった

逆に知人Aは
甘い物は苦手で食べない…

基本的に嗜好が違う
それが体型に出ているんだなぁ…

そんな知人は
この真夏でもさほど暑さを感じないからと
長袖を着ていた

マロは太い腕を隠したくて
長袖を着ている

まったく正反対な理由で
長袖を着ている2人に対し

この真夏に
なぜ2人共 長袖を着ているのか?と
知人Bが困惑しているのが

面白かった🤣
[ 2018/08/06 ] セカンド・シーズン | TB(0) | CM(-)









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。