2018 01123456789101112131415161718192021222324252627282018 03










睡魔

ダイエットをして痩せても
リバウンドしてしまっては
元も子もない

そこでできるだけ
リバウンドしないように
食べ過ぎないように
注意をするのだけれど

リバウンドの引き金は
食べ過ぎや
怠慢ではなく

引き金は
睡魔だった


まだギリギリ
リバウンドせずに
踏ん張っていた当時の日記

> 新しい環境に合ったダイエットを模索する日々
>
> いまの最大の難関は
> 仕事終わりの睡魔だ
>
> 空腹には慣れているつもりだけれど
>
> 空腹からくる
> 強烈な睡魔・・・が
> ここまで厄介なものになろうとは・・・
>
> 仕事終わりの
> 空腹が睡魔を誘う
>
> 帰宅にかかる所要時間は約1時間45分
> その内
> 約90分の自動車運転
>
> 慣れない夜道の運転は
> 異様なまでに集中力を使う
>
> 真っ暗な夜道が
> 強烈な睡魔を誘う
>
> 仕事疲れと空腹と睡魔で
> あくびが止まらない
>ビンタをしても
>ガムを噛んでも消えない眠気
>
> あくびを繰り返す事で
> 大量の涙が溢れ視界不良
>
> 危ない危ない
> 意識が朦朧となる
>
> ダイエットからくる低血糖が
> 強い眠気を引き起こすのだ

>
> 低血糖になると
> 脳に十分な糖が送られない
>
> そのため
> 脳は休息を求めてくる
> 強烈な睡魔に襲われる
>
> 転勤前は
> 通勤の所要時間が
> さほど長くなかったことから
> 低血糖からくる
> 睡魔を感じる事はほとんどなかったけれど
>
> 転勤により
>現在 新しいダイエットの課題を突き付けられている
>
> そこで電車通勤に変えてみたが
>
> 電車通勤だとかなり大回りになり
> 片道2時間半
> 更に駅から離れているジムに通えなかった
>
> ジムをお休みする日は電車通勤したり
> ジムに通う日は車通勤したりしている
>
> 対策は
> 車通勤の日
> 睡魔対策として
> 運転前に
> 20分の仮眠を取り入れている
>
> そして一気に完走せず
> 途中で高速を降り
> コンビニで
> ブラックコーヒーで一息
> カフェインで覚醒させ 再スタート
>
> やっと無事に
> ジムに着いた時は
> グッタリしていて
> 車中で15分程の再仮眠
>
> なんだかんだで
> 本来の通勤の所要時間より
> 1時間ほど多くかかってしまう
> ただでさえ、1日の時間が足りなくなっているのに・・・
>
> これに対する対策は簡単
> 運転前に軽く食事をすれば良いだけ!
> だけど
> できるだけ間食は避けたい
>
> 今の課題は
> 低血糖からくる睡魔を
どう回避するかダ

.. ┐(´(エ)`)┌ヤレヤレ

あの当時は
空腹時のブラックコーヒーはさらに
低血糖になることに気づかず
のたうち回っていた

当時を振り返ると
本当に強烈な睡魔で

運転席に座るないなや
気を失うように寝ていた

あまりの眠気と空腹
にたまり兼ねて
ある日
運転前にオニギリ1個食べる

すると
どうだろう

一気に眠気も消え
頭が冴え
視界もクリアになり

Hey! yo! ドライブだゼ♪
お気に入りの音楽をかけて
一気にジムまで疾走だゼ♪

到着したら
さっさと車を降りて
ジムのトレーニングスタート٩( ᐛ )و
いい感じ♪
いい感じ♪

そして
これが
リバウンドの
スタートボタンだった

スポンサーサイト
[ 2018/02/05 ] 未分類 | TB(0) | CM(-)