スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

骨が当たって痛い

痩せてくると
自分の骨が当たって身体が痛い

と、言う話を聞くようになる

マロの場合
足がX脚なので

痩せてくると
一番にヒザの内側の骨どうしが当たって痛いと感じるようになったり

さらに

寝る時に
横向けに寝ると
あばら骨の下側にウエストが食い込んで痛くなる

痩せたことで
ウエストが自分の身体に食い込むのは
女性特有の症状で

もしかしたら
男性にはこの症状は
でないのかも知れない

このウエストの食い込みが深く
内臓をグリグリ触られている
感覚に吐き気を覚える

これが痛くて
気持ち悪くて
もう寝ている場合ではなくて

横向けで寝られなくなって
常に仰向けに寝るようになる

この食い込みを警戒して
最近の寝返りも
おそる...おそる...

しかし今回のダイエットでは
不思議とその痛みが
未だない

70kgも体重を減らしたのだ

そろそろウエストが
あばら骨下に食い込んできても
おかしくないハズなのだが・・・

それもそのはずで

現在のよこ腹(横向き)

脇腹を鍛えているので
腹斜筋が浮き上がりだした

これにより横向けに寝た時
この腹斜筋が
「柱」
の役目を果たし


ウエストの凹みが
身体に食い込むのを防いでくれている

痩せてきて
骨が当たって痛いと言うのは

脂肪と一緒に筋肉も
落としてしまっているからなんですね


痩せて骨が当たって痛くなる原因は
筋肉も減るから痛いのだと分かって

やっぱり筋トレは
ある程度必要なんだなぁ~って
感じました♪

あっ、
あくまで
ある程度ですよ
ある程度

そこまで腹斜筋イラナイ
|(゚3゚)|キコエマシェーン
スポンサーサイト
[ 2017/02/25 ] 未分類 | TB(0) | CM(8)









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。