言霊が宿る

ダイエットを初めて
少しお腹がへっこんだ頃のお・な・か
2017020901.jpg

もう
こここまでくれば
開き直り?
ヤケっぱちですよね

自分のお腹に「みきちゃん」って名前をつけて
キャラクター化してしまっています(大爆笑)

以前は、このお腹にさわれば
ご利益があるのではないか?
と言わんばかりに

知らない人(他人)から
挨拶代わりに
よく触られていました

なんでも
福与かな人は
さわれば気持ちよさそうなんですって

痩せてきた今
お腹の「みきちゃん」は
居場所をなくしました



当然ですが
勝手にさわってくる人はいなくなりました

痩せてよかったことに
他人に勝手に身体を触られなくなった事があります(笑)


ダイエット前のマロは
あの大きなお腹がコンプレックス...

あの大きいお腹は
たいへん重たい物でした

太っていても
体重120kg台までくらいであれば
大きなお腹の重さを
さほど気にせずにいましたが

体重130kg台になると一変
このお腹が骨から外れる感覚になり

腹回りに
相当する重さの砂袋を巻きつけている感覚に襲われ
その重さから
身体の自由をドンドン奪われていきました

例えば
健康なとき
肩からぶら下がっている
腕の重さを気にすることはないですが

いったん腕や肩を怪我すれば
自分の腕の重さが耐え切れないほどに重たいことに
気付かされた経験はないですか?

それと同じ感覚で
限界を超えると

身体についていた脂肪が
その重さにより
身体からぶら下がるようになります

これが
メチャクチャ体力を奪いました

でっぱったお腹が
肺を圧迫して呼吸困難を併発しました

さらに
このでっぱったお腹のせいで
足元が見えず
行動範囲を狭めました

自分を自分で拘束するお腹

このお腹をなくしたい!

タプン・タプンに
たるんだお腹を引き締め
可能であれば
シックスパックに割りたい!

そんな夢を抱きました

無謀な夢で
絶対かなえられない夢


あくまで夢だから
好き勝手に言える

そう夢だから

その夢を言葉にすれば
叶える言霊が宿る

公言すれば
叶えるチカラに変えられる

夢はどこまで
現実に近づけられるでしょうか?
スポンサーサイト
[ 2017/02/09 ] 未分類 | TB(0) | CM(8)