スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

脂肪VS筋肉

矛盾している表現だけれど
寒いけれど寒くない。

このことを
どう表現すれば良いのか難しいけれど

痩せてきた事で
メチャクチャ寒さに弱くなり
寒がりだ

しかし

筋肉を付けることで
基礎代謝は上がっているので

昨年使いまくっていたカイロは
箱買いしたものの
まだ未使用のまま開封されていない

脂肪VS筋肉
どちらが寒さに強い
軍配が上がるのだろか?


太っている時も
意外なことだけれど寒かった

体脂肪が多いと
脂肪自体が冷えるからである


脂肪が過度に付いてしまうと
一旦冷えた脂肪はなかなか温まらないため
身体を温めても身体の冷えが取れない

去年のマロは
まだジム通いを始めていなかったため
ダイエットで脂肪も筋肉も落としてしまった事で
基礎代謝がドンドン下がり
9月頃からコタツに潜り込んでいた

メチャクチャ寒かった
寒さが痛かった

そんな寒さ対策に
カイロは必需品だった


なので今年もカイロは必需品と
秋頃、早々に大量に箱買いしたものの

現在に至って未開封(笑)


筋トレの成果で
基礎代謝が上がり体温が上昇した事で

カイロを使いたいと思わなくなった

昨年は
身体の内部からも外部からも寒かったけれど

今年は
身体の内部は暖かく
外気の寒さのみの寒さを感じている

脂肪🆚筋肉
どちらが寒さに強いのかと
考えたとき

寒いと衣服を厚着するけれど

筋肉の場合
自分の体温で発熱し
厚着した身体は暖かい

脂肪の場合
カイロで身体を温めてもらう補助を受け
その熱を厚着で逃がさないようにする

そういう意味では
カイロが必要ない分
マロ個人の感想として
筋肉の方が寒さに勝利すると感じた

だが筋肉は身体を動かさないと熱量が増えない

逆に
脂肪は運動をしなくても保温効果がある

運動をした熱量で身体を温め
脂肪でその熱量を逃がさないように保温する

どちらも
この寒い時期を乗り切るのに
必要なものだけれど

カイロが必要ないほどに
日常生活で身体を動かし
熱量を増やせているって事なのかな♪
そう思えて

活動的に変わりつつある自分の変化が嬉しかった(^^)
スポンサーサイト
[ 2017/02/02 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。