疲れにくい体づくり

最近あまり疲れなくなったと思う

同じように行動した人が
疲れを隠さなくなっても

マロには余力が残っていることが多い

1日8時間の勤務
  ↓
ジムで筋トレ
  ↓
帰宅後9~10kmのウォーキング

さすがにウォーキング終わりは
体力を消耗しているけれど

逆に言えば
ここまでして、やっと疲れる感じ

滅多なことでは
疲れなくなった


筋トレをすれば筋肉疲労を感じて
「あぁ-----キッツイ!」
叫ぶことはあっても(笑)

「あぁ-----疲れた!」と言わなくなった

ダイエット前
とても太っていた時は
「あぁ-----シンドイ!」が
口癖みないなところがあった事を思うと
その変化は大きい

面白いことに
「疲れにくい体をつくる」ポイントとして
○運動をすること
○基礎代謝を上げること
などがある

そんなことをしたら
逆に疲れてしまいそう・・・
と思うけれど

筋トレをすることで
筋肉疲労の原因である
乳酸などの疲労物質が溜まりにくくなるため
疲れにくい体になれるのだ

さらに
ウォーキングなどの有酸素運動をすると
体にたくさん酸素が取り入れられて
心臓から血液を送り出すチカラが強くなる

このことで血液が身体の隅々まで行きわたり
疲労物質や老廃物が排除され
結果 疲れにくい肉体になれる

以前から自分でも不思議に感じていた
なぜ?
こんなにも身体を動かして平気なんだろう?って

本来であれば
1日の仕事をこなせば
その時点でグッタリと、しているはずである

以前のマロならそうだった

最近では
精神的に参ってしまってグッタリすることは有っても
体力的にはピンピンしている♪

やっと仕事が終わったぁ~!
今から自由だぁ~♪
ドンドンとテンションが上がってくる♪
積極的に身体を動かしたくなる♪

そっか痩せやすい体づくりのために
努力をしてきた運動は
結果的に”疲れにくい体づくり”もしていたんだね

だから
これだけのメニューを余裕でこなせているのかぁ~

ダイエットって
闇雲に実施すると
○体力の消耗
○免疫力の低下
○基礎代謝の低下
などにより

疲れやすくて弱い体を作りあげてしまうことも多い

それにより
太りやすくて
痩せにくい

身体になってしまう場合だってあるので

持久力がついてきたってことは
基礎代謝が上がり
疲れにくい身体への変化ができていると
感じられて嬉しかったです♡

スポンサーサイト
[ 2016/11/01 ] 未分類 | TB(0) | CM(6)