スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

E.T.

マロの顔を見るなり
「胃が痛い・・・」と
顔を歪める知人

不安になり
どうしたのか?と聞いてみると

「あんたを見たら胃が痛くなった・・・」と言う

2年ぶりにお会いした知人
知人の知っているマロは体重135kg時代

-70kg減量したマロを目の前に
腹をさすり頭を抱えておられた

知人「病気で痩せたん?」
マロ「ダイエットで痩せました」
知人「どれぐらい痩せたん?20kgぐらい?」
マロ「70kgです」
知人「そうなんや20kg痩せたんや」
マロ「70kgです」
知人「な?ななな??ななな・・・・・?」
マロ「ななじゅっきろ減量しました」
知人「意味分からん」
そう言って
立っている足元がふらつき出した

知人「あんたのダイエット前の体型」
知人「元の体型をハッキリと覚えているで!」

自分は痩せなきゃ!
と少しでも考えている人に
マロの存在は大きなストレスだったようだ

知人「胃が痛い・・・」
知人「胃が痛い・・・」
知人「やっぱり病気?」
マロ「いえダイエットです」
知人「じゃぁ1回500円ぐらいでダイエット教室を開いてよ・・・」
マロ「あっはははは」

その会話を聞いていたB君が
マロの背後で固まっていた

そのB君は
マロが太っていた事を知らない人だった

マロ「?」
B君「俺いま体重74kg・・・」
マロ「B君と今のマロの2人を合体した体型が」
マロ「マロの2年前の体型だったの」

B君「理解できないです」
マロ (;´д`)
B君「俺も胃が痛いです」
マロ (^へ^;)

そこでマロは話し出した
2年前に体重が135kgだった事

あまりに重たい自分の体重に耐えかねて
自分の重みで
自分の足のヒザを骨折させてしまった事

さらに1日中の立ち仕事で
骨折した脚で地獄を見た事

他にもいろいろと理由はあったけれど
その事などが
ダイエットを始めるきっかけになった事などを話した

凍りつく 2人(^^;)

心の声・・・アカン・・・ドン引きされている

マロ「まだダイエット途中なので・・・」
マロ「これからも減量する予定です」
知人「アカン!」
知人「これ以上痩せたらE.T.になるで!!」

はい!
貰いました!
『E.T.』


もはや地球外生命体です

2人にとって
それだけ異次元のお話だったみたい


以前なら
「痩せてすごいね~」などの
お褒めのお言葉をいただけていたんだけれど

なんだろ・・・
最近は、お褒めの言葉じゃなくなっきたような?
ダイエットやり過ぎたのかな?

でも残り-15kg
E.T.になっても減量をしたいので

今日はエアロバイクを1時間頑張りました(笑)

消費カロリー350kcal
[ 2016/11/20 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)

体表面積

痩せると本当に寒い

なぜなら元々が太い分
体表面積が広いのだ

痩せたからと言って
肌がたるむだけで
体表面積はさほど縮かまないので

身体の面積が広い分
体温の拡散が一般的な人と比較すると
とても多い

しかも その広い体表面には汗腺も多い
汗腺が多いと不感蒸泄(皮膚呼吸の際に蒸発する水分)も多い

これにより体温がドンドン下がる
体温が下がると
身体をブルブル震えさすことで
体温の維持を図ろうとするので
見た目的にも寒がっている

マロの場合
元々体重135kgの体型
一般的な体型と比較すると
2.5倍大きかったので
寒さも2.5倍きつく感じている計算

本当に本当に寒い
寒いと言うよりも痛い


1つの部屋でも いつもなら
左側のエリアは暑がりさん向け扇風機仕様
右側のエリアは寒がりさん向け温風機仕様
と住み分けをしているけれど

今日は そんな住み分けができない
集会に参加をしていた

会場には たくさんの人が集まっている

沢山の人が集まったため
人々の熱気で
「暑い!暖房が入っている」と
人々は上着を脱ぎだした

嫌な予感がするマロ・・・

「大丈夫!冷房のスイッチいれたから」誰かがそう言った

天井を見上げるマロ
エアコンの吹き出し口から冷気が流れ出した

慌てて座っている席を移動
できるだけエアコンから離れた場所に席をとった

それでも寒い・・・

特に集会では席に座ったままの状態
身体を動かして体温を上げることができないので最悪だ

周囲の人々は平然としている中
寒さに耐えかねたマロは

会場を抜け出し
自動販売機で
HOTの缶コーヒーを購入

カイロの代わりに手の平で握りしめ
HOT缶で暖をとった

さらに1時間後
再びHOTの缶コーヒーを買って
握りしめることで
寒さをしのいだ

帰り道
カバンの中には
水筒と4本の冷めた缶ジュースが入っていた
・・・チクショー重たいなぁ・・・

さらにカバンは重たくなるけれど
これは沢山買っておきゃなきゃね♡と2箱購入


上記とは別に
断熱材の役目を果たしていた
体脂肪が無くなることで
寒く感じることも多少はあるだろう

減量の度合いによって
個人差もあるだろうけれど
痩せて感じる寒さは生やさしいものではない
肌が結露した状態の寒さ
この表現が一番近い表現だと思う

減量した人の体感温度は低くなるので
それを見越して
これからの季節
周囲の人の基準より
2~3割増しの防寒対策を

とっていきたいと思います^^
[ 2016/11/19 ] 未分類 | TB(0) | CM(4)

食前食後

ジムが終わって帰宅をすると
お腹が減っている

「あ~。お腹が空いたァ~」
夜になると感じる空腹感

頭の中はアレが食べたい
コレが食べたい
食べたい欲求が膨らむ

目の前に無いから
我慢できるだけで

きっと目の前にあれば
食べてしまうんだろうなぁ・・・
そんな強い欲求

どんなに食べたい欲求があっても

筋トレの前
夕飯は済ませてしまっているので
もう食べない

でも本当は
筋トレで効率が良い食事のタイミングは筋トレ後なんだよね...

食事をすると
消化のために血液が優先的に内臓に使われる
しかし筋トレでも筋肉を動かすために血液を使うので
できるだけ食後の筋トレは避けた方が良い

それは分かっているのだけれど

そうなると仕事中に食事をすることになるし

食後2~3時間後が
一番効率の良い筋トレの時間と言われても

仕事終わりの2~3時間後となると当然ジムは閉店しているので

ある程度
妥協するしかない

育筋という観点では不効率だけれど
できるだけ軽めの食事にとどめつつ

マロは食後の筋トレを実施している

なのでジムから帰宅しても
最近ではもう食事をとらない

すると翌日の朝食の食事が楽しみで仕方がないのだ
「はぁ~♪はやく朝にならないかナァ~」
「食べるのが楽しみだナァ~」と
朝食の仕込みに余念がない

~~待望の朝~~

寝起き

さほど食欲がない

前日の夜
アレを食べよう
コレを食べようとテンション高く準備したものは・・・
「朝から勘弁してよ~」

前日の夜
あれだけ空腹だったのに

さらに前日の夜から数時間も経って
「なぜ?空腹感を感じないのだろうか?」

朝になって紛れる空腹感なら
最初から感じなければ良いのにって思う


身体は
夕食後4時間を過ぎたあたりから
血糖値が下がりだすので空腹を感じてしまう

しかし夜に寝てしまうと
身体は蓄えていた脂肪を取り崩していくので

再び血糖値は戻り
寝起きは自分の脂肪で
エネルギーが補えているので
空腹感がない


さらにまだ身体が目覚めていないことも相まって
「食べたくない」となる

そっか・・・
自分の脂肪を使っているから
食欲が無いんだ


2年半もダイエットをしてきたのだ
今更 空腹感がイヤだとは
さすがに思わないけれど

季節が冬に切り替わり
寒さを感じると食欲が増す

必要以上に食べたい欲求に襲われる季節だけれど
ここを我慢したら
蓄えた脂肪を減らせれるよ!
と、思うことで
寒くなって増える食欲を
コントロールしていきたいと思います


[ 2016/11/18 ] 未分類 | TB(0) | CM(4)

寒い!

こうも寒くなると

日課のウォーキングが苦痛でならない

歩き出すまで
「寒いなぁ・・・」
「今日は風がきついな・・・」
「コタツからでたくないなぁ・・・」

寒さに怯え
寒さから逃げる言い訳を必死で探す

小一時間考えても
サボる言い訳が思いつかないマロは



諦めて
やっと歩き出す

外に出ると
寒くて
じっとしてられない

本当は歩きたいのに
ただ歩くだけでは寒さに勝てず走り出す

最初1kmまで
寒さで足の指が悴み
まるで霜焼けのような痛みが足先を襲った

2km地点
寒さで目が潤み
うるんだ涙が頬を伝う

3km地点
ここまでくるとやっと体温が上がり
寒さを感じなくなる

4km地点
気持ち良い夜空で
気分も身体も壮快だ♪

5km地点
両手にもった鉄アレイが外気で冷やされ
2重にしている手袋をも突き抜け
冷たさで指先が痺れ痛みだす

6km地点
お気に入りの音楽のリズムで鼻歌を歌っている

7km地点
背中にはびっしりの汗

8km地点
体力のピークは過ぎ
だんだんと歩く速度が落ちだす

9km地点
尽きた体力に
歩くスピードが落ちるとともに体温も下がり
寒さがきつく感じられる
歩きたいけれど・・・寒くて走らずにはいられない

もう走る体力は残されていない
けれど・・・

~ゴール地点
とにかく逃げるように小走りで帰宅する

まだ寒さに体が慣れていないため
わずか半年前の寒い季節を
どうやって乗り越えていたか思い出せないでいた

唯一の救いといえば
夏場よりも
冬場の方が痩せやすいということ

冬は体温を維持するために
発熱エネルギーをより多く使い
基礎代謝も夏場より10%ほど高くなる

同じように運動量をこなしても
寒さと格闘しながらの運動は痩せやすいハズ!
と無理やり思い込む

夏は汗をかくことで体重が減ったように感じるけれど
脂肪は燃焼されていない

それに対して
冬は汗をかかない分体重が減らないように感じるけれど
体温を維持するために
脂肪が燃焼されている

寒さの中で運動をするということは
運動で脂肪を燃焼させ
寒さでも体温維持のため脂肪燃焼させることができる

脂肪にダブルアタックをかけているようなもの
と、思うことで

このコタツから出たくない季節
なんとか自分に発破をかけていきたいと思います(笑)
[ 2016/11/17 ] 未分類 | TB(0) | CM(8)

久しぶりに訪れた親戚の家で

自分の先祖について
知る機会があり
教えられた

その内容は
かなりの衝撃だった

とある地域の城主の子孫だという内容だった

俄かには信じがたいので
城跡を訪れてみた

そこにあった資料館
確かに家紋は同じだった

理解するには時間が必要だ

ここにお城が建っていたんだ・・・と
いまや平らな城跡に立つ

周囲は高い樹々に囲まれ
その木漏れ日のわずかな隙間から
城下が見えた

「・・・・・・・・」

城下が望める中に
自分の職場が見えた

まさかね・・・
こんなことがね・・・
縁なのかなぁ・・・

自分の先祖さまの事に触れてみたひと時

目を通した資料はどれも、これも
戦・暗殺・自害・切腹・生首
激しい戦いが描かれたものばかりだった

しかしそれらは
生きるために必死に戦った資料でもあった

資料に目をとおしていると
自分の事が恥ずかしくなった

こんな大変な思いをして
命をつないでくれたのに

それだけの価値のある
生き方を子孫はしてきただろうか?

それどころか
マロは大きく太ってしまったことで
命を落としそうになっていた

そもそも
このブログを
始めたきっかけだって

痛みで胸を押さえて
もがき苦しむことが頻発して

生きた証を残したいと
遺書の意味合いも含んでいたのだ(今は脱・遺書である)

なめてるな・・・
人生なめた生き方をしてきているな・・・


時代は
明応元年から天正時代

なにせ500年前の話
見せてもらった家系図は途中で途切れていた

自分が本当に子孫なのか証拠はない

ただ
今日1日資料に目を通して感じたことは

だれの子孫かは関係なく

昔の合戦だけでなく
その後の戦争などをとおして

それそれのご先祖さまに
様々な困難を乗り越えて
命をつないでもらったのだから

あたえられた命を大切に
しっかり生きなきゃ!と思った

太っていると
どうしても考え方はネガティブになる
自暴自棄にもなりやすい

マロは大きく太っているとき
「どうせワタシなんて・・・」
「もうどうでもいいねん」
そう思っていた

自分の事を軽視してきた

けれど生きているんじゃなく
生かされているんだと感じられた今日

しっかりと生きていく努力をしたいと
再認識した1日だった
[ 2016/11/16 ] 未分類 | TB(0) | CM(4)

(○´艸`)クスクス
笑をこらえるのが必死なマロ

クックックッ!(´艸`o)゚.+:
目線をそらして笑をこらえる

ジムにて
御年60歳位の男性

腰に手を当てて
腰をくるくると回しておられる

だけれど、どうしても
腰がくるくるとうまく回せない男性

腰をガックン、ガックンさせながら
男性インストラクターの指導のもと

必死に腰を回すのだけれど
それが中々うまくいかない

どうやらその男性は
腰をくるくる回すことで
ウエストを細くしたかったようだ

俗に言う
「腰回しダイエット」
体幹トレーニングである

1日5分ほど腰を回す事で
インナーマッスルが鍛えられ
ウエストのサイズダウンや
便秘解消などの効果がある

その運動の練習のために
二人して
必死に腰を回しているのだけれど

お互いに苦笑いをしながら
何とも言えない微妙な空気感を漂わせている

男性2人
照れ臭そうに
目線をチラチラと合わせつつ
2人で腰を回しているのが…

笑ったら失礼だと感じつつも

見ているマロまで
照れくさくなった

そんなに
顔を赤らめながら
目を伏せ気味に
照れながらやらんでもいいじゃん!

で、

さすがのお二人も
限界が来たんだろうね


その場の空気に
腕でピッと切れ目を入れ

インストラクターさん
「腰を回す以外にもを鍛えると良いですよ」
と違うアドバイスに変えた

その言葉に食らいつく男性

インストラクターさん
「腰を回さなくても肩を鍛えるとが細くなります」

その言葉に食らいつくマロ

肩を鍛えることで
肩の線がシャープになり
顔が小さくみえ

体の全体のバランスが取れたスタイルになる
そのために肩は重要なポイントとのこと

肩の筋肉である三角筋と僧帽筋を鍛えることで
メリハリがあるボディーラインが生まれ
体に張り出した三角巾があることで
ウエストを引き締める視覚効果があるとの事

そう言って2人は
いたって真剣な表情に変わり


筋トレマシーンで
肩を鍛え始めた


その様子を見ていたマロは

肩か…
今まであまり意識して鍛えてこなかったけれど
2016111502.jpg
(肩の筋肉に力を入れています)
これってどんな感じなんだろう?

肩は意識をして鍛えないと
肩の前面と中央は鍛えられるけれど
多くの場合
背面側の肩が鍛えられないのだそう


肩の背中側を
鍛えているお二人をみつつ

マロは今まで意識をしてこなかったので
ただ筋肉がついてしまった形状の肩

これからは
肩の鍛え方を意識して
肩の形を整え

ウエストダウンの視覚効果を目指したいと思います♪

※訪問客があるため
昨日のコメントの返信は明日にさせていただきますね♪
[ 2016/11/15 ] 未分類 | TB(0) | CM(6)

無理なダイエットでなる低血圧

マロは低血圧人間である
ダイエット前なら血圧150~180だったマロも

ダイエットで体重が半分になったマロは
血圧も約半分までに下がっていた

最高血圧が100mmHg以下
最低血圧が60mmHg以下の場合
低血圧となる

高血圧なら危険!
血圧を下げよう!
と危機感を持つ事もあるけれど

低血圧では高血圧のような
命にかかわる危険が少ない低いため
あまり危険視はされていない

だからと言って
マロのここ1年の平均血圧は

高い血圧で平均90台
低い血圧で平均50~60台と
とても低かった

血圧が低い自覚症状として
倦怠感・たちくらみ・冷え性・肩コリ・動機・不眠症・食欲不振など言われているけれど

マロの自覚症状としては
肩コリと冷え性ぐらいなもので

低血圧による
たちくらみ・めまいなどは一切ない

低血圧になるとなりやすい体質として

痩せ型体型  ←マロは対象外
筋肉が少ない  ←ガッツリ筋トレしています
疲れやすい  ←超・元気!持久力に自信あり
青白い顔色  ←元々色黒?なので判別できない(笑)
虚弱体質   ←これはソ・ウ・カ・モ♪
神経質   ←マイペースなB型

と・・・
低血圧な特徴は一切無い(笑)

それもそのはずで
ジムで筋肉を増やしてきたからか

ココに来て
高い血圧がやっと100を越えるようになってきた
 

低血圧を治すには
○朝方生活をする  ←無理!『不合格』
○バランスの良い食事  ←自己採点『合格』
○筋肉を付ける  ←自己採点『合格』
○水分を摂る  ←意識付け中

筋トレをしているのは
低血圧のためではなく痩せるためだけれど

低血圧では
血液が血管の中を押すチカラが弱くなり
脳や体の末端への血流が悪くなっている状態

いくら
体型が半分になったから
血圧も以前の半分で事足りているよと言っても

無理なダイエットでも
低血圧になるので


筋トレの成果により
最近 血圧に改善の兆しがあることが
とても嬉しいです♡
[ 2016/11/14 ] 未分類 | TB(0) | CM(4)

嬉しい言葉

ジムにはおっきな鏡があるんだけれど

そこで全身を写して

「・・・・・」

「まだまだ全然ダメだなぁ~」
って思うのだけれど

今日嬉しい言葉を頂きました!

「アンタ、ウエスト細なったで!」
2016111308.jpg

「ホンマですか!?」

お世辞でも嬉しい♪
いや・・・お世辞なら意味ないか(笑)

服の上からでも第三者に判るほどに
ウエストが細くなれているのだとしたら
嬉しいな♪って思いました

ほら・・・
マロの以前のウエストと言えば
なんてったって145cm


あと10cmで
ウエスト周りが
身長を超えるよ!って
体型のマロだったのです

そんな体型だったマロに
「ウエストが細い!」だなんて・・・

なんて最高のほめ言葉なんでしょうか♪

体重が減らない中で
ダイエットという面では

なかなか得られない変化に
悶々としがちだけれど

ダイエットで変るのは体重だけじゃないよ
今は体型や体格が変っている時期

日々の努力も無駄じゃないのね♪
って感じられて

これからも
頑張って行こう!
って思えました!

ウエストが細くなったって言われて!
『ヤッターヽ(´▽`)ノ』
[ 2016/11/13 ] 未分類 | TB(0) | CM(10)

思い込み

よく食事制限をしているのか?
と聞かれる

「食事制限よりも運動をしています」
と答えるマロ

腕に力を入れるポーズをすると
「おぉ~なるほどぉ~」と
納得していただける

痩せる為には基礎代謝を上げる必要があって
基礎代謝を上げるには筋肉を増やす事が有効的だ

だがしかし
筋肉を増やす筋トレは
とてもお腹が空く(笑)


「運動をしていると、とてもお腹が空くので食事制限は難しいです」
とお話しすると

「おぉ~なるほどねぇ~」と
何回もうなずかれる

しかし
最近疑問に感じている事が有る


果たして本当のところ
筋肉を付ける事で
本当に基礎代謝が上がり
脂肪は燃焼しやすくなっているのだろうか?


この半年間
かなり真剣に筋トレに励んできて
筋肉量は増えてきたと感じる

しかし・・・

その反面
脂肪が燃焼されやすくなってきた実感は
ほぼゼロなのだ

それもそのはずで
実は筋肉が1kg増えたからと言って
基礎代謝はおおよそ13kcalほどしか
増えてくれないのだ


たった13kcalしか増えない基礎代謝に対して
反比例して増す食欲

13kcalの食べ物といえば
白滝・こんにゃくぐらいなもの・・・に対して

激しい運動にお腹が空いて
お肉が食べたい!!
タンパク質で育筋したい!!!となるので

体重が減らない・・・

筋トレをして
筋肉が付いたら瘦せやすい
体質になるのではなく


筋トレをすると
分泌される成長ホルモンの働きにより
体脂肪を燃焼させやすい
体質になるという事らしい


では最大限
筋トレの効果を
ダイエットに反映さそうとすれば

○起床後30分以降の早朝に筋トレをする
マロは超夜型人間なのでこれは無理として・・・

気付かないうちになっている脱水症状に注意する
2~3%の脱水症状でトレーニングの質は10%以上も低下する
最近寒くなってきて水分摂取が減ってきているので注意していきたい

睡眠不足
睡眠時に体脂肪を燃焼させやすい成長ホルモンが分泌されるので

睡眠不足で筋トレをしても得られる効果は少ない・・・

マロの場合コレだ・・・

痩せる為に筋トレをしているのに
寝る間を惜しんで筋トレをして
睡眠により得られるはずの
成長ホルモンの分泌を妨げる行動をしていた

ふむぅ・・・
自分の詰めの甘さを実感するなぁ・・・

筋トレを積極的にしつつも、
実は筋肉が付きにくい
さらに痩せにくい

そんな悪い習慣が身についてしまっている

なかなか難しいね(笑)

これからは
筋トレ+水分摂取+睡眠時間確保
効率よく痩せやすい身体を手に入れて
いきたいと思います(^^;)

宴会で増えた体重のリカバリ中
本日の体重は65.9kgでした


[ 2016/11/12 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)

カタログ

Tサン「アンタはスゴイ!」
Tサン「そんなに痩せて尊敬する」

両手を合わせて拝まれるマロ(^人^)

マロ「ありがとうございます」
Tサン「そんなに痩せたら楽しいやろ~」
Tサン「お洒落もできるし洋服の種類の幅も広がるしぃ~」

そう言われて
(6 ̄  ̄)ポリポリ 頭をかく

確かにお洒落は出来るけれど・・・

お洒落をしたくても
全身の洋服を1から揃えねばならず
現実は
「お洒落するには資金が必要なんだよねぇ・・・」と
内心苦笑い(^~^;)エヘヘ

せっかく洋服一式を今の体型で揃えても
まだまだ体重15kgを減らす目標があるだけに
着られる期間は
これまた短いよね・・・と購入を渋りがち

帰宅後
届いた郵便物を整理していると
ファッションカタログが届けられていた

お洒落ねぇ・・・
日中の出来事を思い出しながら
ペラペラ・・・
ページをめくる

今期の秋・冬の流行
一応おさえておくかぁ・・・

「・・・・・・・」


ふっ。 ε- (´ー`*)

そうマロに届くカタログは
10Lサイズまで掲載されている
大きな人専用カタログ

「そういえばそうだ・・・った」

流行もなにも
サイズがあるだけ良しとしてください!
そういう方向性だと思ってしまうカタログ

最初は電話帳のように分厚い一般カタログも
一旦注文した品が大きなサイズだと
次号から届けられるカタログは
薄っい専用カタログに切り替えられる(笑)


このメーカーカタログのもっと分厚くて
お洒落なアイテムがいっぱい掲載されている
一般カタログが見てみたいナァ~って思いつつ

薄っぺらいカタログから
気に入りそうなアイテムをさがす
むむむむっ_s(・`ヘ´・;)ゞ..

カタログに目を通しつつ
結局気に入った物を見つけられず
ダメだコリャ・・・ヾ(;→㉨←)ノと落胆

以前は10L以上の体型で
体型に合う服を探すのが大変で

今回は気に入った普通サイズがあまり掲載されてなく
これはこれで体型に合う服を探すのが大変なのね(苦笑)

痩せてきた事で
太っていた時に使用していたアイテムの断捨離が進んでいる

最近ではベッドを買い換えた
重たい体型でベッドのマットのスプリングが弱っていたからだ

来月ソファーを買い換える
重たい体重で立ち上がるとき肘掛に体重を乗せてしまい
肘掛を折ってしまっていたからだ

まるで体重135kg時代の面影を消し
なかった事に
するような行動のマロ

しかし守備範囲外の
野外から届くカタログに

今までの体型を
「忘れんな!」
「太っていた事をなかった事には出来ないぞ!」

と言われている気がした

お洒落か・・・
今の体型は中途半端
お洒落を楽しめるように

目標体重になれるように
しっかり頑張っていきたいな♪
[ 2016/11/11 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。