スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

睡眠記録

マロの睡眠時間は平均4時間ちょっと
真夜中に行動的になるマロは
睡眠時間が比較的短い

睡眠時間が短い人ほど肥満になりやすく
まさしくマロはその代表的なサンプルと言えるかも知れない

ダイエット前のマロも
いまと変らずの睡眠時間で平均4~5時間程度

ダイエット前は寝る時間も惜しんで
自分の趣味に没頭していた

ダイエットを始めてからは
その趣味を辞め、それらの人付き合いも止め
趣味に使っていた時間をダイエットに切り替えた

結局ダイエットの有無関係なく
睡眠時間は今も昔も変っていない

けれど以前のように
睡眠不足を感じる事は少なくなった

ダイエット前のマロは
体重135kgの自分の重みで
自分自身を押し潰してしまい

血流が重みで止まり
体のアチラ・コチラが常にジンジン痺れていた

さらに睡眠時無呼吸症候群を発症していたので
呼吸ができず苦しんでいた

ダイエット前は
目覚めると全身が激しく痺れ痛く
それらの影響か目覚めると
“ドーーン”と激しい疲労感に襲われていた

頭が重い「ハァ・・・」
そんなため息まじりの起床

今思えば
常に眠たかったと思う
常に疲れていたと思う

ダイエットを始めた頃
スマホのアプリで自分の睡眠記録を測定した事があった


当時
寝入りは
血流が止まらないように
自分の体重をどう分散させるか
寝る姿勢のポジショニング決めに時間がかかって
なかなか寝つけていない(笑)

やっと寝つけても

途中の寝返りで起きる
体重が重すぎて
眠りながら寝返りをうてないのだ

寝返りのたびに起床して
「ヨイショ!」って転がりなおしていた

寝る=苦しい
寝ることに対してそんなイメージを抱いていた

横向けになる体勢が苦行だった

そんな辛い睡眠も

ダイエットで体重が半分になる事で変化する

今では
起床後の目覚めはスッキリ!
寝返りに目覚める事もなくなり
睡眠時無呼吸症候群からも解放され
翌日に疲れを持ち越すこともなくなった

とは言え
現在どのような睡眠をしているのだろうか?と
久しぶりに
「睡眠記録アプリ」ぐっすり~ニャで測定してみた


なかなか寝ないマロも

一旦寝室にたどり着くとバタンキューゥ...

寝入りはストーーンと深い眠りに落ちる

本来であれば
深い眠り(ノンレム睡眠)と
浅い眠り(レム睡眠)を
交互に繰り返す睡眠が理想だけれど

マロは一気にドン!と寝つき
寝返りもしているのか?していないのか?熟睡!

AM9:15分ごろ
目覚まし時計で叩き起こされた!

でも・・・そこから2度寝してしまい・・・

あわわわわわヽ(゚Д゚三。Д。)ノ
と言う測定結果である(笑)

しかし本来あるハズの浅い眠りが
あまりない事が気になる

このことがどのように体調に影響を及ぼすのか
マロには分からないけれど

眠りの“質”としては熟睡しているようだった

人は睡眠の時
最初の3時間は深い眠りになる
このときに成長ホルモンが大量に分泌され
体が修復され大脳を休めている

昔も今も
相変わらず睡眠時間が短いマロだけれど
最近では日中に眠気を感じる事はほとんどなくなった

睡眠時間は確保できていないけれど
痩せてきたことで熟睡できるようになり
睡眠の質は向上していると思う

1日26時間欲しいなんて言っている時点で
睡眠時間を今より長く確保することは
現時点では難しい

とは言え
せめて30分だけでも
今までより長く睡眠時間を確保できるように意識し
身体を休める事を心がけていきたいナ♡

※測定結果はスマホのアプリなので
一部正確性には欠けるのかも知れないけれど参考にはなるよ
使用した無料アプリはコチラ→『ぐっすり~ニャ』
スポンサーサイト
[ 2016/10/20 ] 未分類 | TB(0) | CM(8)









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。