ヨーヨー現象

思春期を向かえた以降
常にダイエットと言う言葉が付きまとってきた人生だった

17歳の時に人生初のダイエットに挑み

それから
青春時代72kg→55kg
成人式時代83kg→53kg
20才代105kg→52kg
30才代 ∞⇔∞(無限大)
40才代135kg→現在65kg(現在進行中)

痩せてはさらに太り
痩せては限界まで太るを繰り返してきた

ダイエットはリバウンドする!
痛いほど身体に刻み込んだ

この体型が太ったり痩せたりを繰り返す事を
ヨーヨー現象という

ヨーヨー現象の達人
と言っても過言ではないマロですが

悲しい現実もあります
体重が増えたり減ったりを
繰り返す人の寿命は短くなる


体格指数(BMI)や年齢などにかかわらず
体重の変化が大きいと死亡のリスクが高まるんだそう

体重が5kg以上減少した人は
がんでの死亡リスクが男女共に1.5倍

体重が5kg以上増加した女性は
循環器疾患による死亡リスクは1.9倍

体重135kgから-70kgの減量をしてきたマロには・・・
身体を大切にしてこなかった罰としか
言いようがないのかも知れません

本来であれば
痩せたら健康問題は改善されて
“ほっ”と一息となりそうだけれど

体重の減少によって
新たな病気を発症するリスクも高まる

太ってしまった事
体重を減らさないといけなくなってしまった事を

今更後悔しても
もう手遅れだけれど

ただひとつ分かる事は
ダイエットで減るのは筋肉が多く
リバウンドで増えるのが脂肪だと言うこと

リバウンドを繰り返す事で
同じ体重でも脂肪比率が以前より多い
とても不健康な身体になってしまう


このことで健康寿命が短くなり
さまざまな健康面のリスクが増えるのだ

ならば数々のダイエットで減少してしまった筋肉を
増やしていけばよいのだと思った

痩せる為の運動
美容の為の運動
健康の為の運動

それに加え
生きる為の運動

今までは筋トレや運動を
痩せるだけのために実施してきたけれど

筋肉の育成が生きていくために大事

これは長生きできそうな運動なのかな?って
健康寿命を延ばす事もふまえて


無理をしないトレーニングを続けて行きたいです(^^)
スポンサーサイト
[ 2016/09/22 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)