食べるもので太る箇所が変わる?

早いものでもう9月ですね
8月夏バテや忙しさにかまけて
ダイエットをおろそかにしてしまいましたが
9月前半は落ち着いた時期なので
ダイエットのリズムを立て直していきたいと思います

このダイエットを怠けた時期に
運動をおろそかにしたため
お尻がでっかくなった気がします

脂肪が落ちる順番があるように
太る時に脂肪がつく順番もあって
お腹→背中→おしり→腰→ 太もも→首→二の腕→ふくらはぎ→足首→顔

お尻がデップリしてきたと言う事は
お腹も背中もたるんだのか…と


お腹と背中とお尻を重点的にトレーニングをしているけれど

そこから一歩踏み込んで

食べるもので太る箇所が変わると言うのだ
例えばアイスクリームやケーキやお肉の脂身などを食べると
二の腕が太いやすいと言う

お腹がデップリするのは
ご飯やお煎餅やかぼちゃ

下腹に脂肪がつくのは
ラーメンやパンや和菓子

太ももに脂肪が付きやすいのは
チョコレートやクッキーやビール

おしり脂肪がつきやすいのは
ドーナツや炭酸のジュースやドレッシングなどらしい

どういう根拠で
食べるもので太る箇所が変わると言うのか
正直わからないけれど

ただ実感として
あながち間違いではないと感じたので

夏バテだ〜と言う言い訳で
アイスクリームを食べてしまったこの夏

アイスクリームを食べても
太らなきゃいいのだ!


アイスクリームを食べるために
この夏はアームカール(力こぶ)のマシンで
上腕二頭筋を鍛えていました(笑)

おかげで結構立派な力こぶが育ちました


と思ったのですが

写真に撮ってみたら
まだまだ脂肪が分厚い為
全然分かんなかったです

ヾ(≧▽≦)ノワァハハ
スポンサーサイト
[ 2016/09/02 ] 未分類 | TB(0) | CM(4)