スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

曲げる

六角レンチと+ドライバー+ペンチで
自分のメガネのフレームをグイグイ曲げるマロを見て
2016081702.jpg

「何をしている!!(゚ロ゚屮)屮 」と
ビックリをしている同僚

マロ「ふぇっ!?」
マロ「あぁ・・・メガネのフレームの幅を狭めているの」

同僚「ペンチで゜ ゜( ∀ )!? 」

マロ「(*・ω・)そそっ」
そんなに驚かれるとは思わなかった

体重が-70kgも減れば
当然顔も小さくなる

顔が小さくなれば
太っていた時にかけていたメガネは大きくなる

これでも年に2回はメガネ屋で
一旦分解してフレームの幅を狭める
調整をしてもらっているけれど

メガネは1個だけじゃないし
年2回のペースでは追いつかない

当然こまめに持参すれば
そのつどメガネの調整はしてくれるのだけれど
なんだか・・・毎回の事で申し訳なさが先に立つ

そもそも

メガネをつくる際に
「どんなに大きなメガネフレームを選んでも・・・」
「フレームが顔に対して小さくて耳の上が締め付けられて痛いんです」と泣きつき

幅を広げて
ゆるめのフレームを作ってもらっていた

それでも締め付けられ
メガネフレームの形に耳の上は凹んでしまっていて

美容室でメガネの形に頭皮がくぼんでいるので
カットに限界があるとよく言われていたほどだった

痩せてきたことで
今度は
「すいません痩せてきたのでメガネがズレてしまって鼻眼鏡になってしまいます・・・」
「下を向けばメガネが頭の上にたびたび滑る」とこれまた泣きついた

太っていたマロをご存知のスタッフさんは
大変親切に応対してくれるけれど

なにせインパクトのある話だし
フレームの組みなおしも毎回無料でしてくれるので
たびたびその好意に甘えるのが申し訳なく感じてしまって

ペンチを持ち出し
自分でフレームを曲げ
顔に合わせて幅を狭める技を覚えたのだ(笑)

単に新しいメガネに買い換えればよいだけの話だけれど
現在メガネの度数は合っているし

まだダイエットをしている段階で
まだまだ顔のサイズは変わるので
新しいメガネを買うタイミングを掴めないでいる

幸いなことに
どんなに痩せても太っても
両目の幅の間隔は変わらず
メガネと眼球の中心がズレないので幅さえ合えば使える

マロ「フレームを曲げすぎたらポッキリ折れちゃうから」
マロ「折れる手前で留める!この絶妙なチカラの加減が難しい!」
と話すマロに

「曲げるんじゃなくて、きつめにネジを絞めてみたら?」と
六角レンチを差し出す同僚


メガネの幅を狭めると目の中心が合うので
視界が広がり見えやすくなる

「よく見えるようになった♪」と満足げなマロ
に苦笑する同僚

しっかり痩せれたらメガネを買いなおすね♪

それまで
メガネフレームをグイグイ曲げる日々が続きます(笑)
スポンサーサイト
[ 2016/08/17 ] 未分類 | TB(0) | CM(4)









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。