肌のたるみ

体重が久しぶりに減少した
と言っても、たった200g(笑)


先日ダイエットの休日だぁ~と言って
深夜に宴会をした時
体重が400g増えていたけれど
3日後に66.6kgに戻っていた

元に戻った!

喜ぶのかと思えば
案外その逆で

減ってもしっかり66.6kgで
体重の減りが止まってしまう事のほうが
ショックだった

別に66.6kgで体重の減り止らなくても良いのに!
ついでに勢いつけて
もう少し減って欲しい!
と思っていたけれど

このたった200gの減少で
肌がたるんだ・・・(_ _|||); ガックリ

大幅ダイエットの場合
肌がたるむ

綺麗ごとは言わない
実際にたるむ。

マロ場合
大幅ダイエットになるため
その問題が付きまとうのだけれど
体重70kg台までは肌のたるみは
正直な所さほど気にならなかった

けれど体重60kg台になったとたん
急に肌がたるみだしたのだ

今まで毎日体重を測っていて
減った・増えたと体重計の示す数値に
一喜一憂していたけれど

体重60kg台になってからは
体重計に乗る前に
肌の感触で
体重が増えたか減ったかが分かる

たった200gの減少だけれど
腕も脚も腹も肌がゆるいと感じて

面白くない

とは言え
これは覚悟の上

よく年齢が高くなるほどに痩せにくくなると言うけれど

20才代で-52kg
40才代で-69kgの減量をしてきたマロは

20才代と40才代とのダイエットで
40才台の方が痩せにくいとは思わない
ダイエットをすれば
いずれの年代も同じように体重は減る

ただ...40才代の方が太りやすい

しかし・・・悔しいけれど
肌のタルミは20才代のダイエットの時はなかった
40才代では弛みだしているので
大幅ダイエットをするなら
少しでも若い方に軍配があがると感じている

けれど
肌が弛むからと言って
それを理由にダイエットを止めるつもりもない

所詮は肌
脂肪の上に肌があるだけ
たるんだ肌の中にある脂肪をなくし
筋肉に変えていくことで
肌のたるみを軽減していきたい

肌がたるむ原因は急激なダイエット
でも・・・ゆっくりでも弛むものはたるむ(笑)

このまま肌が弛んだままが良いか
肌の除去手術でひどい傷跡を全身に残す方が良いのか

どちらの選択もパッとしない

どこまでこの肌のたるみを
軽減できるか分からないけれど

プロティンなどやタンパク質の摂取と
無酸素運動で筋肉を引き締めること

筋トレを頑張りたい

今までのように
体重が減ったと手放しでは喜べなくなった
体重が減った分 肌を引き締めていかなければ!

体重60kg台
新たな課題を克服していきたいと思います
スポンサーサイト
[ 2016/08/03 ] 未分類 | TB(0) | CM(8)