スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

筋トレでダイエット臭を消す

ダイエットをしていると
常に気を配らなければならないのはダイエット臭だ

体が栄養不足になると
口臭や体臭の原因となる
「ケトン体」が合成され体臭がきつくなってしまう

マロもダイエットを開始した頃は
このダイエット臭対策に追われていた

なぜなら自分ではこのダイエット臭に気付きにくい為
入念に注意を払っていた

対処方法としてよくしていた事は
無糖のヨーグルトを軽く電子レンジで“チンッ”して
軽く温め全身のパックをしていた

ケトン体は酸性のため
ヨーグルトのアルカリ性でダイエット臭を中和するのだ

これで3〜 4日はほぼ無臭になれた

今年も入念にチェックをしないといけない
季節なんだけれど

何だか今年はそんな対策をしなくても体臭が無い気がしていた

ダイエット臭も長期間ダイエットをしていると
半年ほどでダイエット臭は消えると言うけれど

そうは言っても
きっと自分で気づいていないだけ!
そう思っていた

興味深いことに
ダイエット臭の元と言われる
ケトン体は
筋トレをすることで筋肉で燃焼される


確かにジム通い始めてから体臭が少なくなってきた気がしていた

それに同じジムに通っている人も
全身汗だくになる人が多いけれど
他人の体臭や汗臭さを感じる事は無い

それはジムのスタッフさんが
数分置きに各マシンを徹底的に消毒しているからだと思っていたけれど

有酸素運動や筋トレをしている人達だから
体臭が抑えられているんだと知ってなんだか納得した

個人的にはいっぱい汗をかく運動は
体臭の元だと思っていたので

運動することで体臭や
特にダイエット臭が抑えられると知って驚いた

暑い夏にバテてしまって
筋トレや有酸素運動が億劫になることもあるけれど

運動で燃焼してくれるのが脂肪だけでないと知って
モチベーション上がりました(*^_^*)
[ 2016/08/21 ] 未分類 | TB(0) | CM(8)

歯周病と糖尿病

歯周病になると糖尿病予備軍となる
確率が10年間で2〜3倍も高くなる

糖尿病になって免疫力が低下した人が
歯周病になってしまう事はわかるけれど

歯周病になった人がそれが原因で
糖尿病になると関連付けて考える人は少ないかもしれない

太っている人は歯周病になりやすく
「カロリー過剰」「糖質過剰」「タンパク質過剰」の食事生活をしていたり
逆にビタミンやミネラルや食物繊維の摂取が極度に不足すると
歯周病になるリスクがとても高くなるのだ

歯周病になってしまうと血糖コントロールが悪くなる

歯周病により歯茎の中で作り出される
炎症性物質は血液を介して血糖コントロールするホルモンである
インスリンの働きを妨げて糖尿病を悪化させる可能性があるからだ

実際マロもダイエットを始める前は歯周病と診断されていた
歯周病治療を行うことでインスリン抵抗性が改善されるのだけど

それよりも1番
歯周病に効果があった事はダイエットである

ダイエットをすることで
カロリーと脂質の取りすぎを控え
野菜や小魚や海藻類を積極的に食べる事になる
それに治療を合わせると歯周病が劇的に改善されるのだ

実際にダイエット前は
歯の治療をした翌日から
体調が良くなることが多く

当時は関連性が分かっていなかったので不思議に感じていた

虫歯も歯周病も歯が欠けてしまったり
歯が溶けてしまったものは再生されないけれど
治療すれば完治させることができる

歯周病が改善されると
糖尿病の症状も改善されてくるので


ダイエットを成功させるには
お口の中のオーラルケアがとても大事だと感じるのがマロの経験談


なのでも入念に歯を磨く!
だけではダメで
舌クリーナーで舌も磨いています♪


[ 2016/08/20 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)

唾液

歯医者にて
「 マロさん歯の噛み合わせを治して頬っぺたのお肉を付けて行きまし ょう」
と言われた
ここ1年近く通院している歯医者さん
マロがダイエットをしていることは話していないため

頬がこけて行くのを心配されている(笑)
おそらく病気で痩せていくと思われているのだろうと思った

「噛み合わせが良くなれば唾液も正常に分泌されて」
「消化も良くなり栄養を吸収してくれるようになりますよ」
そう言われながら
「はひぃ・・・」と大口を開けて歯を治療されているマロ

「唾液は歯を守るだけでなく免疫力も上げてくれますから」
「唾液に含まれる成長ホルモンで肌の代謝も活発になりますよ」
「なにせ唾液は1日で1.5リットル以上も分泌されますからねぇ~」

えええええっ!
唾液って1日で1.5リットルも出るんですか!?
モゴ モゴモゴ・・・のマロ

先生いわく
なんと1日の唾液分泌量と
1日の尿の排泄量と個人差はあれどほぼ同じらしい

しっかりと唾液を分泌させることで
体内に進入する菌から守りガン予防にもなる

そっか唾液か・・・

そう言えば
痩せの大食いと
太っているのに小食の人との違いは
一口の量だという


太っている人の1口の量は多いのが特徴で
痩せている人の1口の量は少ないのが特徴

さらに1口の量が多い人は咀嚼が少なく
1口の量が少ない人は
少量でもしっかり味わおうとするためか咀嚼が多いのが特徴らしい

とは言え
自分の食事の1口の量を意識したことがなかった
そもそも平均的な1口の量がわからない(笑)

そこで昼食時間に外食をして
周囲の人を観察すると
男性ほどではないものの
マロの1口の量は多いことに気が付くいた

いつもは
咀嚼の回数(噛む回数)を意識していたけれど
1口の量は意識してこなかった

確かに大食いタレントさんなどは
大きなスプーンで沢山の量を一気に口に運び
あまり噛まずに食べているイメージがある

○少量でも咀嚼回数が増えると
唾液の分泌も増え満腹中枢が刺激され満足度が増える
○噛む回数が増えることで表情筋も鍛えられ
○ダイエットでこけてしまった頬にお肉が付くかもしれない
○さらに噛み合わせを直すことで唾液の分泌量増やし歯を守りつつ
○アンチエイジング対策や免疫力の向上にも期待ができる

そっか1口の量と咀嚼が大事なんだ


肥満は食べる事から始まると言っても過言ではない
肥満の入口の「口」を

正常に機能するようにメンテナンスをするだけでも
「肥満」の侵入を防げるような気がした

唾液の分泌は加齢により年々低下するそうで
さらにダイエットにより少食になり
食べる量が少なくなって唾液の分泌が少なくなると
満腹中枢への伝達が鈍くなり
一度にたくさん食べるようになってしまう

唾液量を増やす為には
一口で30回の咀嚼すれば良いのだけれど

頭でわかっていても
30回も噛む前に口の中は空っぽになったり
そんな時間の余裕がないことも多い

そんな時はガムを噛むだけでも効果も得られるようなので
それらを利用しつつも

明日からは少し短めのお箸と
少し小さめのスプーンで

食べてみようと思いましたo(^▽^)o
[ 2016/08/19 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)

体重<体型

「痩せましたね」と
言われることは珍しくなくなったけれど

「春から急に痩せましたね」と
言われたことが新鮮だった

春頃なら
ダイエットを初めて既に-60kg減量していた

でもその人いわく春頃まで
マロが痩せてきたことに気付かなかったらしい(笑)

その方は
マロは今年の春頃からダイエットを始めたと思ったとのこと

やっぱり”痩せるだけじゃダメなんだなぁ・・・”と思った

痩せるだけじゃ
小ぶりなおデブちゃんになるだけ

体重は軽くなれても
体型は丸々したままだったんだよね

だからその人には
たとえ-60kgの減量をしていても
マロが痩せたとは認識してもらえなかったんだと思った

痩せてスタイルがよくなる人
痩せてモテルようになる人
痩せて輝く人は

やっぱり痩せる以外の努力もしている

その人に痩せた事が伝わった春頃といえば
ジムに通うようになってからだ

ジムに通うようになって
意識的に大きく変えている事は姿勢

背筋を伸ばすようになった

常に腹筋を意識するようになった
胸を張るようになった

当然それまでも
姿勢には気を配っていたつもりだけれど
所詮"つもり"で
身体を支える筋肉があまりなかったんだと思う

意識しないと膝を曲げて歩いていたり
足を開いて仁王立ちになっていたり
ついつい机に肘をついていたり
背もたれにもたれていたり
お腹が重たいから猫背になっていたり

気を緩めると
だらけてしまっていた

しかしジムに通いだす以前も
自分の体重を利用し自重で筋トレはしていたし
それで充分だと思って疑わなかった

ジムに通わなくても
自分の体重を支えるだけで
筋トレになると思っていた


でもそれでは鍛えられる部位が片寄るんだね

下半身は鍛えられていたけれど
上半身が弱くほぼ鍛えられていなかった

ジムに通うようになって
全身の筋肉を均等に鍛えるようになって
身体を支える筋肉が備わってきたんだと思う

自分で言うのもなんだけれど
最近
シャーーーンと背筋を伸ばして立っている

自然と胸をはり
腹はへっこんいる
両脇をしめ
身体の幅を広げないようになった


わき腹を意識して
ウエストに締りがなくならないように
広背筋の下部を意識している

そんな姿勢の変化が
体型の変化として伝わったんだと思った

痩せたように見せるには
体重じゃない体型!

そっか・・・
体重60kgも減らしても気付いてもらえず
そこから更に-10kg痩せて
やっと気づいてもらえた

心の中で-70kgも痩せれば充分という気持ちもあったけれど

本当の痩せるとは
元の体重から
ある程度減量したことを言うのではなく

標準体重&標準体型になることを
痩せるというんだなぁ~っと気付き
気持ちを引き締めた
[ 2016/08/18 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)

曲げる

六角レンチと+ドライバー+ペンチで
自分のメガネのフレームをグイグイ曲げるマロを見て
2016081702.jpg

「何をしている!!(゚ロ゚屮)屮 」と
ビックリをしている同僚

マロ「ふぇっ!?」
マロ「あぁ・・・メガネのフレームの幅を狭めているの」

同僚「ペンチで゜ ゜( ∀ )!? 」

マロ「(*・ω・)そそっ」
そんなに驚かれるとは思わなかった

体重が-70kgも減れば
当然顔も小さくなる

顔が小さくなれば
太っていた時にかけていたメガネは大きくなる

これでも年に2回はメガネ屋で
一旦分解してフレームの幅を狭める
調整をしてもらっているけれど

メガネは1個だけじゃないし
年2回のペースでは追いつかない

当然こまめに持参すれば
そのつどメガネの調整はしてくれるのだけれど
なんだか・・・毎回の事で申し訳なさが先に立つ

そもそも

メガネをつくる際に
「どんなに大きなメガネフレームを選んでも・・・」
「フレームが顔に対して小さくて耳の上が締め付けられて痛いんです」と泣きつき

幅を広げて
ゆるめのフレームを作ってもらっていた

それでも締め付けられ
メガネフレームの形に耳の上は凹んでしまっていて

美容室でメガネの形に頭皮がくぼんでいるので
カットに限界があるとよく言われていたほどだった

痩せてきたことで
今度は
「すいません痩せてきたのでメガネがズレてしまって鼻眼鏡になってしまいます・・・」
「下を向けばメガネが頭の上にたびたび滑る」とこれまた泣きついた

太っていたマロをご存知のスタッフさんは
大変親切に応対してくれるけれど

なにせインパクトのある話だし
フレームの組みなおしも毎回無料でしてくれるので
たびたびその好意に甘えるのが申し訳なく感じてしまって

ペンチを持ち出し
自分でフレームを曲げ
顔に合わせて幅を狭める技を覚えたのだ(笑)

単に新しいメガネに買い換えればよいだけの話だけれど
現在メガネの度数は合っているし

まだダイエットをしている段階で
まだまだ顔のサイズは変わるので
新しいメガネを買うタイミングを掴めないでいる

幸いなことに
どんなに痩せても太っても
両目の幅の間隔は変わらず
メガネと眼球の中心がズレないので幅さえ合えば使える

マロ「フレームを曲げすぎたらポッキリ折れちゃうから」
マロ「折れる手前で留める!この絶妙なチカラの加減が難しい!」
と話すマロに

「曲げるんじゃなくて、きつめにネジを絞めてみたら?」と
六角レンチを差し出す同僚


メガネの幅を狭めると目の中心が合うので
視界が広がり見えやすくなる

「よく見えるようになった♪」と満足げなマロ
に苦笑する同僚

しっかり痩せれたらメガネを買いなおすね♪

それまで
メガネフレームをグイグイ曲げる日々が続きます(笑)
[ 2016/08/17 ] 未分類 | TB(0) | CM(4)

軌道修正

現在ダイエットもお盆休みで
運動をお休みさせ
身体を休養させているため
時間に余裕ができて

電卓をカタカタ叩き
ダイエットメニューを見直していた



脂肪1gで9kcal有るという
マロの脂肪量は現在22.3kg
マロの年代で一般的な脂肪量は15.5kgなので
その差6.8kgの脂肪を多く蓄えていることになる

これでもダイエット前は64kg以上の脂肪を蓄えていたことを思うと
少なくなった

6.8kgの脂肪を減らすべく
ダイエットに挑戦し続ける日々

6.8kgの脂肪を消費するのに必要なエネルギーは
61,200kcal

現在マロの基礎代謝は1,318kcalなので

まったく意味のない計算だけれど
理論上46日間
食べなくても生きていける脂肪を蓄えていることになる

以前のマロの1日の食事による摂取カロリー1,600kcal

(食べる1600kcal)-(基礎代謝1,318kcal)=282kcal

日々のウォーキング 時速5.6km/hで90分(平地)=454kcalの消費
残った282kcalからウォーキング454kcalを引くと-172kcal
脂肪1g/9calで割ると1日の運動で脂肪を削減できる量は約20g

単純な計算なので
あくまでこんな感じ~の域の話だけれど

ジムに通いだす前
半年間なかなか体重が減らない!と嘆いていたけれど
1日に20gづつ脂肪を減らしていっても
30日でたった600gしか脂肪が減らせていなかったのだ
どおりで中々体重が減らない訳だと納得

ダイエットをしていると身体はドンドン省エネになる
ダイエットを始める前は基礎代謝が2,166kcal以上だったマロも
(それ以前は測定不能でエラーだった)

基礎代謝がドンドン減って現在1,318kcal
カツ定食1食の基礎代謝が減った(笑)

それに対して運動量を増やして
体重を減らしていく事が本来の手法だけれど
運動を増やしすぎるとダイエットの後半に体力が持たない

だからと言って
食事量を減らすとインシュリンの作用により
血中に流れる糖質が脂肪として細胞に蓄積されてしまう

運動量も増やしたくない
食事量も減らしたくない

と自分を擁護しすぎて(笑)

昨日と同じ今日を過ごすことで
体重も昨日と同じ体重にとどまってしまっていることに気付いた

しかし体重は減らして行きたい

そのために始めたジム通い
でもこれが案外消費カロリーが低いと言うのだ
1マシンで消費するカロリーは平均8~9kcal
マロはいつも13マシンを使って
全身を鍛えるトレーニングするので
計算上104kcalしか消費できていない

なのに筋トレで筋肉を付けなければ!と
1日の摂取カロリーを200kcal増やし1800kcalにした

筋肉は筋トレでつかず
筋トレをすることで成長ホルモンが分泌されて
食事をすることで筋肉が育つからだ

よってウォーキング90分+筋トレ1時間で
たった-76kcal...1日約8.5gの脂肪しか減らない

これで6.8kgの脂肪を消費するのに必要なエネルギーの
61,200kcalを削っていくには

なんと2年2ヶ月の歳月が必要なことに気が付いた

残り15kgの減量に2年以上の年月をかけたくない(汗)

あれや・・・
筋トレを初めて育筋のために!って
食事量を1600kcal→1800kcalに増やしたのがダメなのね・・・

あと1年ぐらいで目標体重になるには
1日の食事を1600kcalにもどすと

運動量はこのままで
計算上は目標体重になれる

日本人女性の1日の摂取カロリー平均は
体重×25~30の計算式なので
マロの場合体重65kg×25=1625kcal
減らしたと言っても平均値内

エネルギーを消費するのは運動以外に
仕事や家事
スイミングやヨガ教室とさまざまある
また逆に
怠けてダラダラ過ごす日もあって
一律に当てはまるわけじゃないけれど

自分が意識してコントロールできる範囲だけでも
確実に把握して

あと1年で15kgの減量ができるように
1日の食事量を1,600kcalにし戻し

でも筋肉を減らさないように食事の質を見直して
たんぱく質の割合を増やしながら
体重をコントロールして行きたい思います(^0^)

ふぅ~。
電卓をたたいていると
なぜか運動するより疲れたなぁ~(笑)
[ 2016/08/16 ] 未分類 | TB(0) | CM(8)

伊達じゃない

地元の夏祭りが開催され
家族で参加してきました

道路のアチラコチョラが交通規制されていて
車では行けないので
片道2kmの会場まで歩いて向かうことに

以前のマロなら会場まで歩けずに
参加出来ないパターンですが

痩せてきてきたことで
夏祭り会場までの2kmの歩きの道のりが
まったく苦にならなくなったことから
数年ぶりに花火大会を見に行きました

花火大会が開催されるのは
きまって週末

でもマロのお仕事は基本的に
週末・祝日はお休みが取れない職種なので
このようなイベントに参加できること自体も珍しいのです

この日は同僚に無理を言って
遅番→朝番にシフトを変えてもらい
花火大会が始まる前に仕事を終え直帰

先に会場入りしている家族と合流するために
家から会場まで2kmの距離を駆け足で

自称猛ダッシュ!しました

猛ダッシュしている自分に対し
こんなことが出来るようになったんだ!
痩せてきて良かったぁ~と感じました

花火が打ちあがる10分前に合流して
花火を堪能


花火大会を見たのは何年ぶりだろう?
昨年は花火を見るために有給を取得したら
台風か大雨で見れなかったような?
その前は・・・お仕事で参加できなかった
その前は・・・体型的に会場までたどり着けなくて無理だった・・・

たかが花火大会ですが
マロにとって感慨深い大会となりました

しかし
その帰り道です

マロは現実に引き戻されます

花火大会の帰り道
送迎バスの横をすり抜けて
家族でゾロゾロ帰る帰路

ハァ・・・・
忘れてた・・・
うちの母親60才代ですが
マラソン歴30年

歩くのも!走るのも!超早い!!!
「まっ!待て!ソコ!」

自分の方が若いとプライドが有るのでとても言えない

けれど
いつものジムのランニングマシーン設定時速6km/hよりも
かなり速いスピード

猛スピードでドンドン先を歩く家族たち

「早くおいで」
「腕の振りが甘い!だから歩くの遅いねん」
「歩幅が狭い!だから歩くの遅いねん」
「腕の振りは前に振ってはダメ!」
「ヒジを曲げて腕に振りは後ろからわき腹ぐらいの位置に止めて勢いをつけて歩くねん」
などなど檄が飛ぶ・・・マジかぁ・・

恐らく時速7.5~8km/hペース

・・・っ、早い!
キツイ!
しかもこのスピードで喋りながら歩いてる家族たち

お願いみんな!
もっとゆっくり歩いて!

と心の中で叫ぶマロ

歩きながら話しかけられても
声を出す余裕もなく
必死で家族を追いかけた

日ごろの母親は
こんな速さで歩いているところは見たことがなく
どちらかと言うと
60才代の年相応のゆっくりとした動きだ

ただ花火大会の会場までの道のりは
日ごろのランニングコースと一部が一緒だったらしく
運動するスイッチがONになっていた

毎日9~10kmウォーキングしているマロでさえも
2kmの帰路を家にたどり着いたとき
ヘトヘトでもうグッタリしたのが
悔しかった

この1年間運動を継続してきたことで
それなりに身体を動かせる自信が付きつつもあった

でも60代の母親の歩く速さに
付いていけない自分がいた


母からすればいつもはランニングしているところを
今日はあなた達のためにウォーキングしてあげたのよ!
そんな表情だ

さすが30年は伊達じゃない!

マロは運動を始めて1年半
身体がまったく出来ていないと悟らされた

母からすれば
たかが1年や2年
所詮ダイエット歴2年目の初心者ってところか...

マロもダイエットの継続を
自分の力にできるように努力し


あらゆることで
家族に追いつきたいと思った
[ 2016/08/15 ] 未分類 | TB(0) | CM(6)

のんびり

少し心の余裕が出てきました

体重135kgの体型では
一刻も早く痩せなければ危険!

そんな気持ちが働いていました
なので体重を減らすことばかりに
意識が向いていたと思います

しかし-70kgの減量により
体重が65kgになれた事で

周囲の方々にも
”もうそれ以上痩せなくても良い”とか
”それぐらいの体型が調度”

または
”あまり痩せすぎたらダメよ”
”危険がない程度にね”
などなど

声をかけてもらえるようになってきたことで

高度肥満の危険地帯は
脱出できたのではないかと感じています

ダイエットは体重を増やしたり減らしたりさせながら
緩やかに体重を下降させていくことが一番なのですが

今までは
ただ減らすことだけを意識し
最低限でも体重維持に執拗に執着していたため

体重が少しでも増えることを極端に避けていました

でも時には体重を増やして
省エネになった体を解放させ

それから身体を引き締めながら体重を減らしていくことを
上手く組み合わせたほうが

体重の減り方はトータルで見たとき
多くの脂肪が減らせると感じていました

分かってはいたけれど
なかなかその勇気がなく難しかった

そこでこのお盆は
夏バテしてしまっていることを利用して
筋肉を作る食材を沢山食べて
ダイエット運動はやめて
身体を休め

休養も痩せる為には重要な要素
と、休養することを意識的に取り組んでいます

-70kg痩せたご褒美の休養だと思う事で
素直にゆっくりした時間を過ごし
落ち着いた時間を過ごせています

こんなに
のんびり過ごすと
体重は増えちゃうかな?

もし体重が増えてしまうようなら
現行実施しているダイエットにリバウンドのリスクがある証

目標体重に必死に駆け込むダイエットではなく
自然とその位置(体重)にたどり着くダイエットを目指し


のんびり過ごしても
体重が増えない
太りにくい身体づくりに努めながら

減量目標残り-15kgを達成していきたいと思います
[ 2016/08/14 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)

オリンピック放送

夏バテ・・・
頭痛などで気分が優れないため
筋トレや運動も
お盆休みよ!!と
ダイエットの手を緩めてお休みしています

その分早く寝るのかと思えば
オリンピック放送に釘付け

日本選手の活躍に目を見張り
メダルと激しい順位争いに一喜一憂していると
結局、睡眠時間は短いままです(笑)

日本の体操・競泳・柔道・卓球
メダルが多い!すごいですね!
感動をありがとう♡

オリンピック放送を見ていると
選手の身長や体重も紹介されていることが多いのですが

各選手は運動をされているので
全身鍛えられ筋肉がモリモリなのに
意外と体重が軽くて驚きました

見ているところが
ソコ?って
突っ込まれそうだけれど

ダイエッターはやっぱり体重が気になります(笑)

筋肉を付けると
体重が重たくなると心配していたけれど

男性の選手は筋肉モリモリでも体重50kg前半
例えば金メダルを獲得した体操選手の内村航平さんは身長161cmで体重54kg

筋肉を増やすことを
あまり怖がらなくて良いのねって思った

女性の選手は1日に6,000kcal食べているのに
体重は40kg台前半

例えばトライアスロンの上田藍選手は


多い時で1日6,000キロカロリー食べるそのメニューは
朝食:オニギリ2個・ウィンナー・卵焼き・から揚げ

糖質と脂質は制限
昼食:ハンバーグ・きんぴら・レバニラなど

夕食:御造り・きんぴら・冷奴・ひじきなど
これだけ食べても身長155cm体重は44kg

やはり痩せるには運動が一番だなぁ~って
オリンピック放送を見ていて思います

当然オリンピック選手と一般アラフォー女性を比較すること自体
おこがましい話で足元にも及ばす
真似もできないけれど

ただダイエットで痩せるのではなく
体を引き締めたいマロには

筋肉と体重のバランスなど
オリンピック放送が
とても参考になる良い機会になっています(^0^)
[ 2016/08/13 ] 未分類 | TB(0) | CM(12)

勘違い

白い服は膨張して見える
黒い服は引きしまって見える

なら白い肌は太く見え
黒い肌は細く見えるはず


勘違いしたマロはこの夏

肌をこんがり焼きました!

これで見た目的にさらに細く見えるハズ!
これでスポーティな健康的な人に見えるようになってきたハズ!

そんなマロの目の前を
知り合いのAさんが横切った

マロ「あっ!Aさんこんにちは!」
満面の笑みのマロ

(-゛-メ) ギロリ!と
マロを睨みつけて
無視して”ぷぃっ。”と立ち去るAさん

そんなぁ・・・

なにか悪いことしたかな・・・?
無視される理由がわからなくて

しょんぼりしていると

Aサン「あああああああああっマロさんか!」
Aサン「ごめん!ごめん!変わり過ぎて分からんかった」
と追いかけてきた

Aサン「もう勘弁してや!以前はこんなんやったし!」
「あんたのイメージはコレや!」
と両手を広げて太いポーズ


Aサン「髪は短くなるし、肌は黒くなるし訳が分からん!」

 人(゚д゚;) ゴッ、ゴメンナと
両手を合わせて謝られた 

マロ「少しでも細く見せようと肌を焼いたので更に分かりにくくなった?ですかね?(汗)」
Aサン「マロさん!肌が黒いからって身体が引き締まって見える訳じゃないから」
マロ「でも...ほらボディビルダーさんとか肌を小麦色に焼くじゃないですか」
Aサン「あれは筋肉の凹凸をハッキリさせる為に焼いているだけで」
Aサン「細く見せるためじゃないヨ!」
マロ「 (゚ロ゚;)エェッ!?」
Aサン「肌が白ければ筋肉の凹凸が分かりにくいから焼く訳で・・・」
マロ「ホンマデスカ!!(  Д ) ⊙ ⊙ 」
Aサン「マロさん筋肉とか?あるん?」
マロ「・・・・見た目的には・・・ないです」
マロ「細く見えると勘違いしていました」
Aサン「女なんだし・・・」
マロ「び・・・美白クリーム買いに行こっかな・・・」

Aサン「手遅れや!」

「小麦肌で少しは痩せて見えませんかね?」
と懇願するマロに

「ハイハイ」と
片手間にあしらわれるマロなのでした

日焼けして肌が黒くなってしまうのはメラニンのせい

ビタミンCはメラニンの抑制効果
ビタミンEは肌の新陳代謝を活性化
2016081202.jpg

松の実やオレンジやブロッコリーなどを食べて
手遅れですが美白頑張ります(^、^9
[ 2016/08/12 ] 未分類 | TB(0) | CM(8)









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。