スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

バリカタ麺

出先で立ち寄ったラーメン屋さん
引き戸を開けるなり

怒号が飛び交っていた

後退りして立ち去ろう…
「へい!らっしゃい!」
と店員さんの声

少し悩んで
戸惑いながらも入店した

お客様「なんだこの店エアコン壊れてるのか?暑いエアコンを利かせろ!」
お客様「外の方が涼しいやんけ!」
お客様「こんなに暑かったら熱いラーメンなんか食べれんぞ!注文したメニュー変更するわ」

店内に響き渡る大きな声で
数名の団体の客さんが喧嘩腰にラーメンを注文している

気まずい雰囲気の中
マロ「とんこつラーメン〝柔麺〟」を注文

マロからすると全く暑くない店内
確かにラーメン屋さんもお店によってはガンガンに冷房をきかせて
熱いラーメンを食べさせるお店もあるけれど
一般的な店舗はこれぐらいの室内温度設定だろうと思った

しばらくして注文したラーメンがテーブルにとどく
一口すすって

「おい!コラ‼︎」
「いい加減にしろや!」
「客なめてんのか!」
「ワシはバリカタ麺を注文したんや!」
「この麺のびとるやんけ!」

マロ ギックリ!
マロがすすったラーメンの麺は硬かったのだ

色々と文句をつけて
途中で注文を変えたりするから
店員さんがパニクって出すテーブルを間違えたんだと思った

よりによってマロの柔麺と
お怒モードのお客さんのバリカタ麺と
麺の硬さが正反対を出し間違えたのだ

お客さんはランチタイムで混雑しつつある店内の
店員の手を止め呼び出し
怒鳴りまくって罵声を浴びせまくっている

結局ラーメンを作り直して
チャーシュー大盛りにする事でひと段落ついたようだった

マロも
あのぅ…これバリカタなんですけど…と言おうと思ったけれど

学生さんで夏休みを利用したアルバイトなんだろう
胸に研修中のバッチをつけて半泣きの女性スタッフの顔をみて

これ以上は可哀想だと思い

箸を止め
しばらく放置して麺が伸びるのを待った

待つ時間
今日から配信された話題の
「ポケモンgo」をインストール


まだシステムは全然理解していないけれど

たくさん歩く人はモンスターが育成しやすい?
そんな情報が耳に入っていたので
興味があったので覗いてみた

確かにマロは沢山歩く
距離にすると今日などは20km歩いたことになっている


うまくすればゲームの達人になれるかも?
だなんて甘い考えが頭の片隅によぎっていた

しかしゲームをする時間は休憩時間のみ

半径800メートル以内にいるモンスター3匹
モンスターを捕まえるために移動せよ!と言われましても

もうこれ以上は歩きとうございません

正直なところ休憩時間はゆっくりと休憩したい
と言うのが本音

仕事中に歩き回ってもゲームをする訳にもいかないし
運動中にモンスターをゲットする余裕もないので

このゲームは体力的に
無理だなと判断したところで


ちょうどいい感じに麺が伸びてきたので完食した

あれほどたくさん文句ばっかり言っていた
団体のお客さんもお会計では文句を言う事なく代金を払っていて

〝ほっ。〟

後で振り返ると
アレ?あのラーメンどんな味だったんだろう?

周囲のことが気になりすぎて
あまり味を感じなかった後悔だけが残った

どんなに美味しい料理でも
食べる雰囲気1つで味が変わるんですね

だから家庭の料理って
美味しいのかぁ〜


今日のラーメンが美食の対象と言う訳では無いけれど
ダイエットをしていると美食になる
量より質にこだわり出すのだけれど

これからは
こだわり条件に+
和む雰囲気も大事だと気付かされた

ゲームの経験値は増えなかったけれど
人生の経験値が増えた1日でした
スポンサーサイト
[ 2016/07/23 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。