スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

暮春

2年前この時期
まだダイエットをすることは考えていなかった

体重135kg
肥満の辛さがピークの時期だった

自分の体重の重さで脚を骨折し
いよいよ身体の自由も奪われ
身動きが取れなくなっていた

免疫力の低下から半年も前に引いた風邪も
いまだ自力では治せず
長引く風邪から声も出なくなっていた

ドンドン食欲は無くなっていった
肥満の人は良く食べると思われがちだけれど

ある一定のラインを超えると
太りすぎから胃を脂肪が圧迫してしまい
1回の食事は少量しか食べれなくなる
もうかれこれ1ヶ月近く白米を食べていなかったのもこの時期
太りすぎでバテてしまってご飯を身体が受け付けなくなっていた

自分の体重の重さに極度の疲労

体力維持にたよるのは
口当たりの良いアイスを好んだ
疲れをまぎらわすため甘い物を好んだ
太って高い体温を冷ますために冷たいドリンクを好んだ

栄養価は低くカロリーだけ高い
流動食のような食べものにドンドン太っていった

ドンドン太りながらドンドン食は細る
常に満たされず間食がやめれない悪循環

間食すると怒られ
隠れて食べたことがバレ怒られる
何をするにも否定される
何をするにも非難される

ドンドン居場所を無くして行く・・・

足の骨折がさらに身動きを奪い
減る運動量にドンドン増える体重
見えない影に怯えた

自分の重みで
もうベッドに横になることだって息苦しい
自分の重みが肺を圧迫する
寝入ると息苦しい

自分の重みで身体の半分が痺れて感覚がなく動けない
就寝中
自分の重みで胃を圧迫し
胃液が逆流する
胃酸が鼻の粘膜に入り
もがき苦しみおぼれそうに目覚める

身体を癒す場所が無い・・・
すがる場所も無い・・・

痩せないといけないことは
自分自身が一番分かってた

本人が一番痩せたかった
でも・・・それが出来なかった

体力がとことん落ちるのだ
自分で自分をコントロールできなくなる

その辛さを分かってくれる人が
だった50m先の徒歩でも車で送ってくれた

身体が重たいだろう
これ以上重くないようにと、手荷物をもってくれた
その優しさに助けられていた

その優しさにギリギリ生きていたあの頃

来年生きている自信はもう無かった

もう新しいことにチャレンジする気力も
変化する意欲も無かった
まるでコピペした同じ日を
ただやり過ごす日々


そんな中

寒さも抜け
本格的な暑さを迎える少し前のこの時期

私に残されたわずがなチャンス
自然と痩せやすい季節の到来だ

身体が夏に向け脂肪を脱ぐこの暮春の季節
それを知ってか知らずか

心地良い陽ざしのある日の午後
"ふっ"と痩せたいと思ったあの日

再びその暮春の季節がめぐってきた

この季節は好きだ
いろいろな物事を一新したくなる時期
いろいろな物事に挑戦したくなる季節

ダイエットを続けて
あれから約2年
本人が一番続かないと思っていた(笑)

なぜ続いたか?
それはダイエットすることで1歩1歩
楽になれたから

太っていた当時
頑張っていなかったか?と言えば
そうでもない

変わったのは
頑張っている方向性だけ


頑張る努力をダイエットに向けただけのこと

私はとても弱い
私はとても自分に甘い

だからこそ太った

しかし弱さも強さも紙一重

頑張る方向性を変えるだけで
視点を変えるだけで
弱味を強味に変えていけたら
良いなぁ~って思って見上げた暮春の空
スポンサーサイト
[ 2016/05/30 ] 未分類 | TB(0) | CM(5)









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。