葛藤する

ジムのスタッフに
「がんばっておられますね」
「週に何回通われているのですか?」と聞かれた

マロ「週5回です」

スタッフ「えぇっ!凄い!痩せましたか?」
マロ「イエ!逆に体重が増えました」
スタッフ「えぇっ!なんでぇ〜」

昨日
筋トレを1時間半
エアロバイク1時間
ランニングマシンを使って1時間
エアロビクスを1時間
スイミングを1時間

半日使ってみっちり体を動かした。

そらぁ〜「がんばっておられますね」と
声をかけられてもおかしくはない

そんな翌日の今日
案の定 体重はしっかりと増え
前日より600グラム増加していた


体重を減らすべく がんばっているジム
頑張れば頑張るほど体重が増えていく(笑)
※ちなみに食事量は増やしてはいない

増えた体重分
筋肉が育っていくと思えるから
体重増加も受け入れている

汗がしぼれる程に
ボタボタになったウェアを見て
家族はそんなに運動をしなくても良いと言う

マロもその通りだと答えた

だけれど、なぜだろう?
今は体を動かせることが楽しい

マロ自身の中でも葛藤がある

せっかくのお休みだ
ゆっくり、のんびり体を休めようよ

せっかくのお休みだ
ぞんぶんに身体を動かせるよ

今は後者が勝つ

今は筋肉を付けたい
マロはとても大きく体重を落とした
これからもまだ20キロの減量を控えている

だけれど悲しい現実として
痩せれば痩せるほど肌がたるむ

これを嫌がっていては
痩せることができないので

痩せる事で待っているであろう
余った肌のたるみは覚悟の上だ

体重70キロ台の現在
まだ充分に皮下脂肪があるため
ギリギリ肌のたるみはあまりない状態で維持できている

しかし
お腹周りお尻周り太腿周りは
時間の問題

前腕、下腿などは
たるむ気配はない

脂肪が付きにくい部位は
肌がたるまない


ならば筋トレでしっかりと体を引き締めて行けば
全身の肌のたるみも軽減できるはず

せっかく痩せるのだ
痩せた事を喜べる体型になりたい


ダイエットコマーシャルでなどで見かける
ビフォー・アフター写真のように
痩せてこんなに美しくなりました❤︎

なんて現実は
135→50kgの減量では待っていない

せっかく痩せても
あれじゃイヤだ


そう思われることのほうが現実に近いと思う

そうなると言うのであれば
そうならない様に
どこまで出来るか挑戦してみたい

だから今は運動が楽しい

せっかく痩せるのだ
脂肪を減らしていくだけがダイエットではない

モデルさんと同じ体重の人が
モデルさんになれないのと同じように

理想体型は
脂肪を減らしたところで
得られるものでもないと
実際に痩せる事で気づかされた

減らした体重が多過ぎるマロ
崩れた体型を理想体型にするには
人の2倍努力が必要だと言われるかもしれない


なら2倍頑張れば良い

筋トレをしても女性は
男性の3倍筋肉がつきにくいと言われる


なら男性の3倍がんばってみる

もちろんそれらを実行するのは困難だ
そんなにスタミナもなければ体力もない

だれけど
チャレンジしていく気持ちだけは
持ち続けていきたいと思う


今日は昨日鍛えた筋肉を休めるべく

別メニュー
トレッドミルを使用してウォーキング10km
体重70kg/勾配(坂道)15%/時速5.5/120分
心拍数平均135/消費エネルギー1,250kcal


今は2時間歩き続ける持久力がある事が嬉しい
スポンサーサイト
[ 2016/05/29 ] 未分類 | TB(0) | CM(10)