スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

人の振り見て我が振り直せ!!

歩道を歩いていると
怪しい車がつけてくる

なんだ?

マロの歩く速度にあわせて
車が並走しだした

Σ(゚Д゚;)≡(;゚Д゚)ナニ?!

とは言え今は真っ昼間
怪しい車だけれど
危険はなさそうな雰囲気

一応足早で逃げる!

慌てて
自分の車に乗り込もうとすると

ピッ!
クラクションを鳴らされ
横の空いている駐車場スペースにその車が停車した

ウィーーンと下がる車のウィンドウ

運転席からひょこ!と顔を覗かせながら
こちらを見て

怪しい人「ょぉ?」
マロ「よお?」

お互い「・・・・・」

お互いにじーっと顔を見合う
マロ心の声…なんだろう?

怪しい人「よお!!」再度大きな声

マロはぶっきら棒に
自分の車の助手席から荷物を取り出し
サンドバックの代わりにもならない
ちっちゃなカバンだけれど…
身構えていた

マロはギロリと怪しい人をにらむ!

自分の車の運転席に乗り込むには
怪しい人の車のすぐそばまで行かないと
ドア開けることができない
どうしようか……

怪しい人「よお!ワシや!マロさんやろ?」
怪しい人「そのカバン!マロさんだよね??」

マロ「その声はTさん?」
T氏「やっぱりマロさんか?」



マロ「えええっ?全然わからへんかった痩せましたね!」
T氏「その特徴あるカバンはマロさんしか!」
マロ「そうです!よく覚えていますね」

T氏「あんたもどうしたんや恋したんか?」
マロ「お久しぶりです1年半ぶりですね」
T氏「マロさんシュッ!として」
マロ「Tさんもシュッ!として」
2人「お互いに痩せましたね!」

なんとこの2人
大幅ダイエット同士!

お互いに痩せ
T氏-30kg
マロ-65kg


1年半後に出会った2人は容姿が別人になっていた(大爆笑)

マロ「T氏痩せましたね!」
T氏「わし心臓の病気になってな」
T氏「手術するために医者に痩せろと言われたから
T氏「-30キロ減量したんだよ」
T氏「手術が無事に終わってもう大丈夫や」
T氏「今はリバウンド恐怖との戦い中やで」
マロ「手術のご成功と生還おめでとうございます」
T氏「マロさんも、ごっつい痩せたなぁ」
T氏「やっぱり男出来たんか?」
マロ「いえいえ単純なダイエットです」
T氏「凄い痩せ方やな!」
マロ「体重を半分にしました」
T氏「うわぁ…」
マロ「T氏もダイエット成功おめでとうございます」
T氏「ワシは手術成功おめでとうや!」
マロ「ですね♪」

なんだろ…
不思議な感覚だった

ダイエットをしている者同士
どうやって痩せたか?
などという会話は必要ない

痩せた後
健康になった今
今度どのように生活を豊かにしていくか

近くの喫茶店に立ち寄りブラックコーヒー同士
将来の話で約2時間ほど盛り上がった

不思議なもので
会話の中に
過去の話は一切ない

お互いダイエット挑戦者同士
仲間意識が芽生えていた

一見するだけでは
T氏に以前の面影は無い

痩せたからだろう
以前と洋服のセンスも異なる
内心・・・これじゃ誰か分からないと思った

マロもこんな風に他人から見られているんだろうな・・・と思った

初めて痩せた人を見る立場になった

知っている人だけど・・・どこか知らない人みたいで
健康そうだけど・・・体調面をどこか心配してしまって
どうやって痩せたんだろう?とか詮索したくなって

なんだろ?
いままでと雰囲気が違うから
どこか、とっつきにくいオーラーも感じて

眼光がすごくて威圧されるというか・・・

いままでみたいな
ほんわかぁ~とした雰囲気がなくなっていて
それが、ちょっぴりさみしくて

周囲のみんなはこんな気持ちや感覚になるんだね

たしかにこれじゃ・・・周囲の人は戸惑うね(笑)
そっか・・・これじゃダメだよね・・・

これからは
誰かに「痩せたね」って言われたら

いままでみたいに
「はい!有り難う御座います」じゃなくて

「あっわかりますぅ~?」
「痩せたって分かってもらえて♡嬉しいですぅ~」
「わたしダイエットを頑張ったんですよ~♪」
これぐらいの高めのテンションが必要だと思った(大爆笑)

本人は以前と何ひとつ変わっていないつもりだけれど
相手に与える印象は
大きく変わっていることを自覚しようと

気づかされた再会でした

人の振り見て我が振り直せ!!ですね
直していきます!('-'*ゞ
スポンサーサイト
[ 2016/05/26 ] 未分類 | TB(0) | CM(4)









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。