ぶら下がる

嬉しいことがあった
それは鉄棒にぶら下がれた事だった

20歳の頃
海を眺めながら公園で遊んでいて

そこにあった鉄棒に何気なくぶら下がると

自分の体重を腕で支えることができずに
スポンと手が抜けた

あれ?
まさかと思い何度も鉄棒にしがみついたけれど

当時105キロの体重だったマロは

自分の体が重たすぎて
鉄棒にぶら下がることができなかった

それ以降
事あるごとに鉄棒に向かい自分の体重を
腕で支えることができるか試していたけれど

どんどんと体重が増えるにつれ
いつしかぶら下がることさえしなくなっていった

ジムに通うようになって
ぶら下がり健康器が
フロアの片隅にポツンと置いてある

ぶら下がると背骨と筋肉が伸びて
肩こり、腰の痛みの解消、姿勢矯正
血流の改善などに効果があるとのこと


毎日ぶら下がれるか挑戦をしてきて
約50日目

やっと
踏み台から足を浮かせて
ぶら下がることができた


何かアクシデントが起きたときに

最低限
自分の体を支える筋力が欲しいと
日々思っていたので

とても嬉しかった

ぶら下がれるようになったとは言え
まだ1回5秒程度

約2分間ほどぶら下がれるようになると
健康効果も上がるんだとか

まずは2分間ぶら下がれるようになるよう
体のバランスを整えていきたいナ

これができるようになれば
フリークライミングやロープクライミング
凸凹の突起物がつけられた壁を登るスポーツにも
チャレンジできるようになる

一つ一つ自分でできることを増やしながら
自分の可能性を広げていきたいと思った



スポンサーサイト
[ 2016/05/15 ] 未分類 | TB(0) | CM(6)