柵や壁

高台にある
遠い親戚にあたる家

もう10年以上訪ねていない

以前訪れた時は
マロの体重は70kg台ぐらいの時だった

それから
どんどんリバウンドで体重が増え
体重135kgまで太ってしまったマロ

いつしかその遠い親戚の家に
近づかなくなっていった

遠い親戚は人の顔を見ると
お見合い写真を出してくるような人だった

女性は美しくあるべき
女性は結婚すべき
衣装・知識・美容すべてに女性らしさを追及しいていた

メイクや
眉頭の形
髪型や
こめかみの形
お付き合いする男性にいたるまで
全て支配したい親戚

そんな美意識が高い親戚の前に
135キロの体形は晒せなかった

そんな事情も知らない親戚は
「マロちゃんに会いたい」と常に懇願されていたが

マロは太った体を見られるのが恥ずかしくて
いつも逃げていた

もう10年近く…そのような状態だった

「親戚がどうしてもマロの顔を見たいって言ってるからおいでよ~」
何回誘われただろうか…

そのたびに
この太った体形では
高台まで登る坂道がきついと

言い訳をして隠れてきた

しかしこの度、家族が病気でダウン
動けない家族の代理で
マロが挨拶に出向くことになった…

幸いダイエットをしたマロの体型は
以前と同じ70キロ台前後

なんとか
その場をやり過ごせる体形になれていた

勇気を出して高台をのぼる
あんなに高くそびえ立っていた高台
拒まれていると感じていた高台は

とても緩やかに優しくマロを迎えてく れた

久しぶりに会う親戚は
最初はマロが誰だかわかっていなかったけれど

マロだと告げると
どんちゃん騒ぎで迎い入れてくれた

遠い親戚は
もうお見合い相手を紹介するなどの世話役はおり

未婚のマロに
今の時代人生好きなように生きれば良いと
優しく言ってくれる

とても朗らかで優しい笑顔を見ていると

どうして今まで距離を置いていたのかと
後悔した

太ってしまったことで自分の世界を狭めていた
周囲に対し
自分が傷つかないように
鉄壁のバリケードを張り巡らしていた

見ないようにしていた
聞かないようにしていた
判らないふりをしていた

135kgの体型と言う
鳥カゴの中に閉じこもっていた


痩せてきたことで
自分の柵や壁も
壊していけたらいいなぁ~って

思えた再会だった

本日の運動
ウォーキング約9km/12,224歩
/柔軟運動30分/腹筋50回/
Screenshot_2016-03-16-01-55-50.png
スポンサーサイト
[ 2016/03/16 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)