1つじゃない答え

「もしかして痩せました?」と話しかけられ
「同じ人ですか?」と問われる
「はい」と答えるマロ

「へぇ~面白い!」
心の声…面白い?

「まさかと思ったけどビックリするワ!」
そう言いながら立ち去るその人の背中を見送った

面白い?おもしろい…?
何が面白いのだろう?
初めての反応だ

その会話を
何とも言えない複雑な表情を浮かべて
横にいた友達は見ていた(⌒-⌒; )

怒ったような困ったような表情を浮かべていたので

その場を取り繕うかのように
マロ「まだ同じ人って分かるんやな」
マロ「全く別人になれるように努力してるつもりなんやけど」
マロ「まだバレてるわ...」

わらって誤魔化そうとするマロに対し

ますます困惑した表情になった友達は
「そうなんや…」と呟いた

心の声…なんだか間合いが難しいな…

みんなマロのことを
どんなふうに思っているんやろう?
"ふっ"とそう思った

今日も相変わらず
歩いているマロの袖口を背後から引っ張り
「ねぇねぇねぇねぇどうやって痩せたん?」
と問いかけてくる人がいる

「マロさんのことをみんな噂してるで!」
「だから1回聞いてみたかったの」と
紺色の服を着たその人は話しかけてきた

紺色「わたし病気で痩せないとダメなんだけれど」
紺色「どうやっても痩せられへんから病院の先生に怒られてばかりで困ってんねん」

そう話す彼女は
どう見てもマロより15キロは体重は軽そうだ

紺色「先生が毎日歩けって言うから
駅からここまで毎日歩いてるし」

心の声…駅からここまで5分ほどかぁ...

紺色「病院の先生に紹介されたジムも通って
酸素カプセルとサウナにもちゃんと入ってるねん」

心の声…酸素カプセル羨ましいなぁ...

マロ「体を動かしてないよね?」

紺色「だってプールの水が合わなくて肌が荒れてしまって…」
心の声…あ〜はん。

紺色「食べるのが我慢できないから…ダメなんだけど」
心の声…う~ふん。

紺色「睡眠と食べるのを我慢すること以外で痩せる方法ってありますか?」

心の声…まずマロの方が
あなたのような体型になりたいです♡


マロ「病院の先生はなんて言ってるの?」
紺色「とりあえず紹介したジムで体を動かして体脂肪減らすようにと言われています」

マロ「ではそのジムで体もしっかりと動かしてみれば?」
紺色「そこのジムは午前中なので午前中にジムに行ってから
午後からの勤務がきつくてジムを辞めたいんです」

心の声…ジムうらやましいナァ~

マロ「紺色服さんはお医者さんのアドバイスと
ジムのトレーナーさんのアドバイスから
痩せれる知識は充分に持っていると思うの」

あとは
「まずそのネガティブな考え方
を変えてみては?」


マロはダイエットがキツイと感じても
ダイエットがだと思った事はない

マロ「あなたの言葉から受け取れる事は
ダイエットが嫌だと言う事だけかな?」

人間は嫌な事は長続きしないですよ♪

私はダイエットを頑張れた日は
好きな食べ物を食べるなど
ご褒美を自分自身にあげるようにしています

もちろんそれをすると体重の減りは緩やかになるけれど

でも
ダイエットをしているので今以上に
体重が増える事はないんですよ

ご褒美を食べるために
明日もダイエットがんばる

そう思うとモチベーションが上がって
ダイエットが楽しくなってきて体重は減りましたよ♪

焦らずにゆっくりとネガティブな考え方を
半年ほどかけてポジティブに切り替えれると
良いですね


一気に考え方を変えないこと。
「ポジティブ」から「ネガティブ」に思考を変えるのには
半年はかかると言われているのでソコを注意して下さいね♪

そう会釈して
マロはその場から立ち去った

ダイエットも数学のように
答えが1つならいいのにね


ダイエットはその人それぞれに
出す答えが違うのが興味深いと思った


本日の運動
ウォーキング約8km/10,007歩
/柔軟運動30分/腹筋50回/

※日付をまたいで途中でカウントが切れたため万歩計のSS画像なしです
スポンサーサイト
[ 2016/02/10 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)