スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

無駄なことはない

朝から
もう腕が痛くなるほど
写真をシュレッダーにかけている

無我夢中でかけている

自分の思い出の整理というと
言葉は良いけれど

まるで過去をなかったかのようにするような抹消作業

マロは写真を手元に置くとき
自分が写っている写真だけではなくて
友達の写真とかすべてのコマが欲しいタイプ

そのほうが後で振り返ったときに
その場の空気感や雰囲気とかが伝わってきて
時系列で内容が思い出しやすいし

自分だけがメインで写っている写真は
なんだか味気ない気がして好きではなかった

それらを整理をすると
大きな段ボール箱に3~4箱は写真ばかり有る

でもマロ本人は
太っていることによって
写真に写ることをあまり好まなかったので

おそらく自分が写っている写真だけで言えば
全体の5分の1ほどで済むはずだった

あえて過去を清算するつもりはないけれど

今見直すと自分自身も写っておらず
何の写真だかわからない写真も多く出てきて

それらを
ひたすらジャージャーとシュレッダーにのみ込ませた

なんだろう?
胸のつっかえていたモヤモヤが消えていく

どうして?
こんなにもスッキリするのかな?

コレ変な顔で写ってる
コレ太く写ってる
シュレッダーがドンドン消し去ってくれる
ものすごく気持ちが晴れた

体形うんぬんかんぬんの話ではない
写真を見直していると

自分の人生の薄さ濃いさを実感した

しょうもないバカな写真ばかりだけれど

でも写真て
基本的には楽しい時ばかり記録するじゃん


悲しい時って写真をとらないよね

段ボール箱ぎゅうぎゅうに詰められた
楽しい思い出の数々の写真を眺めていると

決して悪い人生じゃない
楽しいことも多かったと思えた

アラフォーで未婚で子供なし
しかも体重135キロ

振り返れば後悔ばかりだけれど

写真に写っているマロは
意外と人生を楽しんでるw

今ではそんな事をよくやったな
なんて自分でもビックリするような
仰天おバカ写真も出てきて

自分でも一番驚いたのは
アフリカの空港事務所で両替をするさい
護衛についてもらった警察官から

実弾が入ったシルバー色のけん銃を渡され持ち
もう片手に黄色いユーロ札束をもって
現地の警察官と一緒に笑っている写真があった

危ないから念のために持っておけと
一時的に受取ったものだったけれど

痛すぎる!

時代が時代であれば
今ならテロリストに間違われて
射殺されているかもしれない
と思いつつ
シュレッダーにかけ過去を抹殺!

しょうもない人生だと思っていた
生き方を間違えたと思ってきた

振り返れば後悔しかない
そう思ってきたけれど

たくさんの思い出に目を通していると

一見無駄なように思える事柄も経験となり
これからの人生を豊かにする
肥やしになるんだと思えてきた


なぜ体重が135キロまで太れたのか
自分自身でもわからない

正直太ろうとして太れる体重でもないと思う

まだまだ体重は重く
標準体重までの道のりは長いけれど

この太ると言うことが
自分の人生において必要な過程であり
乗り越えるべき与えられた試練だと思えてきた

人生において無駄なことはない
そう思えるようになって気持ちが少し楽になった

本日の運動
ウォーキング約8km/11,050歩
/柔軟運動30分/腹筋50回/

スポンサーサイト
[ 2016/02/09 ] 未分類 | TB(0) | CM(6)









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。