カウンター席

カウンター席を案内されると焦る

カウンター席の椅子は床に固定してあるものも多いし
座椅子面が小さかったりもする

今までなら太い太ももで体が持ち上がり
カウンター席に座ると床に両足がつかない

それよりも太すぎて
固定してあるカウンター席は
机とイスの間が調整できないため
イスとテーブルの間にカラダが収まらなかった

しかも大きなお尻で
小さな椅子に座るには無理なので
一見座っているように見えはするけれど

実際は立った状態で
椅子にもたれかかっていた

その分テーブルにしがみつく為
体重が両腕にかかり

お食事の時など
お箸を動かすのも難しく

食べた気がしないので
正直カウンター席は苦手だった

できるだけカウンターのないお店を自然と選ぶけれど
初めて訪れるお店はそうもいかない

今日もカウンター席に案内された
イヤで...ちょっぴり魂が体から抜け出す...(*_*)プシューー

が!

今日はカウンター席のイスにしっかりと座れたのだ

痩せてきた効果だ
やった〜座れた!

座れたなら両手が自由に動かせる

これならお食事する時もお箸が動かせるね!
とテンションが高い

しかし小洒落たカウンター席の真横は
なぜか全面鏡だった

真正面も無反射の鏡
四方から座っている自分自身が鏡に写し出されていた

その鏡を見ながら

う〜ん…
自分の頭で思い描いている自分の姿より
かなり太かった

けっこう痩せたつもりだけれど
まだまだ太いなぁ〜

最近ダイエットをしていても
体重が減らないのに

まだまだたくさん脂肪持ってるやん!と
自分自身に突っ込む

それよりも
もっとショックだったのが

自分の食べている姿が
どこかの大食い大会に出場しているような
ドン!と構えた
たくさん食べるぞスタイルだった


両肘をついて食べている
両脚を開いて食べている
猫背で食べている
フン!と鼻息荒く食べてるように見えた

自分自身ではもっとスマートに
お上品に食べているつもりだったので
その差に落胆した

言われてみれば
洋服を着るとき全身を鏡で確認する

もしかしたら
お風呂場でも全身を鏡を見るかもしれない

しかし
ご飯を食べている時の自分の姿って
鏡を見ないよね?


自分の知らない
自分が鏡に映っていた


そもそも超リラックスして食べている

それが
見た目にダラけた姿勢で
食べているように見えているのかもしれない

どうすれば美しい姿勢で食べれるの?

まずは背筋を伸ばし胸を張って食べる
両肘をつかない
両脚を揃えて食べる

その中でも1番スリムに見えたのは

お茶碗を持つ手の指先をまっすぐと揃える
そうすると見た目的に10キロは痩せて見えた

と言うより
姿勢が悪い状態のままだと
10キロ太く見えていたのだ


日々◯◯◯グラム
体重が減った!増えたと!と
小刻みに意識して
一喜一憂していても

姿勢が悪いことで
10キロ太く見えるなんて本末転倒だよね

姿勢を正すだけで
痩せて見えるのならこんなに嬉しいことはない

やっぱり日ごろの動作がまだまだ太いままだな〜

日々の気づきを大切に

自分らしく良い方向に
変わって行けたらいいなと思いました

本日の運動
ウォーキング約8km/10,534歩
/柔軟運動30分/腹筋50回/

[ 2016/02/19 ] 未分類 | TB(0) | CM(6)

渡り鳥

春が確実に近づいてきているようで
深夜のウォーキングの最中
今までいなかった
渡り鳥が数10羽

マロの人影に驚き
暗闇の中
鳥たちは一斉に羽ばたいた

その羽音に
ビックリして
口から泡を吹き
気絶しそうになったマロ

今までは極寒のため
動物たちの息吹を感じられる事はなかったけれど

渡り鳥が飛来するほど
季節が巡り暖かくなってきたようだ

暖かい春が待ち遠しいナ

夜のウォーキングに
ランニングを加えるようになって
マロなりにかなり走れるようになってきた

まだまだ小刻みで
走れる距離は50メートルほど
走って・歩いて・走って・歩いてを繰り返し

それでも額から流れる汗に
目が開けとけれないほど

ランニングをすることによって
すごく発汗するようになった

まだ体が慣れずに
走るのは苦手だけれど

なんだろう・・・
走っているときの苦しさは
半端じゃないけれど

走り終えた時の
爽快感も半端ない


走れるようになってきて
生活の中に
小走りをするという動作が加わった

信号が赤信号に変わりそうだったら小走りする
雨が降ってきたら小走りする
電車に乗り遅れそうなら小走りする

自然と小走りしている自分自身に気づいて
"ふっ"と我に返る

以前なら歩くのが辛く立ち止まりたくて
「お願い信号機さん赤信号に変わって!」と願っていた

雨が降ってきても
手に持つ傘は杖がわり
ずぶ濡れになりつつも傘をさすことも走ることもままならなかった

電車に乗り遅れそうなら
諦めて一本遅い電車に乗車していた

小走りすると
息が乱れて
ハァハァ!


すごい
私ハァハァいえるぐらいに
走れるようになったんだ♪

そんなたわいもないことが嬉しい
走って横腹が痛いことが嬉しかった

ダイエットは
時として体重ばかりに気を取られ
体重が減らないと
モチベーションも維持できずに
ダイエットを中断してしまうことも珍しくない

ただ単に体重を減らすと言うことではなく
日常生活の中で
今までできなかったことが
できるようになってくると言うダイエットは


決して体重には置き換えられない

体重の減りはゆるやかになっているけれど
体が引き締まって
見た目的にはスリムになっていると信じて


体重以外の変化も楽しみながら
ダイエットに挑戦をし続けていきたいと思います

本日の運動
ウォーキング約8km/10,559歩
/柔軟運動30分/腹筋50回/

[ 2016/02/18 ] 未分類 | TB(0) | CM(4)

孫子は優しいよ

母が
リュウマチ性多発筋痛症になった

前日まで5kmのマラソンに出かけていた母

翌日何の前触れもなく
片足の感覚がない!身体が痛いと
歩けずに四つん這いになって廊下を進んでいた

急激な悪化にビックリする

リウマチ性多発筋痛症は
高齢者に多く発生し
かかる平均年齢は65歳とのこと

母は65歳の誕生日の翌日
動けなくなった

治療はステロイド剤の投薬で軽快する

腕が上がらず高いところに物が上げれない母
病院に行くための車に乗り込もうにも脚が上がらない母
階段を登れない母
固く強張った手

歩き出すと歩ける
一旦立ち止まると再び歩きだしが困難…

2週間ほどかけてどんどんと悪化する

2週間ほどかけてどんどんと悪化?

これと全く同じ症状
マロも去年になった…
過去記事①→
過去記事②→★★

その当時マロは風邪と診断されたけれど

今の母と全く同じ症状だった
気になってこの当時のブログを書いたときの体年齢を調べてみると


なんと体年齢が65歳…

実年齢≒体年齢
体年齢が高齢だと

高齢者にかかる病気にもなるのか!?

あれからダイエット続けてきて
現在の体年齢は55歳


ダイエットの開始時
体年齢79歳からのスタートだったので

どこか心の中で
体年齢55歳に納得していた

しかし目の前の母を見ていると
アンチエイジングをしなきゃ!!と駆り立てられる

体脂肪が多い太い人は
体年齢は高齢に傾く


体年齢を若くするには
筋肉量が多く基礎代謝が高いほど体年齢は若くなる
体脂肪が下がると体年齢が若くなる

筋肉量を増やすための運動は
現状これ以上の運動はしなくていいと思う

美容効果やアンチエイジング効果のある
半身浴も今の60分で充分だと思う

睡眠
こればかりは現状コントロールが難しいので

やはり食べるもので
アンチエイジングをしていくしかない

そこで医療や美容・健康分野で注目されている言葉
孫子は優しいよ
に注目してみることに

アンチエイジングのためにはバランスのとれた食事をとることが必要
孫子は優しいよとは
毎日欠かさず取りたい食事の頭文字


ま:豆類
ご:ごま
こ:米(なるべく玄米)
は:わかめ(海草類)
や:野菜
さ:魚
し:しいたけ(キノコ類)
い:いも類
よ:ヨーグルト(発酵食品)

これに加え5色の食品(白、黒、赤、緑、黄色)
これらの色の食品を食べるようにするとアンチエイジングに効果的

白色なら、玉ねぎやカリフラワーやジャガイモやヨーグルト
黒色なら、わかめ、海苔、昆布、黒ごま、黒豆、茄子
赤色なら、トマト、にんじん、赤身の肉、まぐろや海老やイチゴ
緑色は野菜
黄色は卵の黄身、チーズ、お味噌、レモン、サツマイモ等

お食事って
好きなものばかりを食べていると
揚げ物ばっかりで真っ茶色だなんて
見た目的に失敗することもあるけれど

5色の食品を意識することで栄養価だけでなく
視覚的にも見栄えがして良い

リウマチ性多発筋肉症になる発症の原因は不明で
予防をする手段はない
かかってしまったものは仕方がないので

アンチエイジングを意識した食事に切り替え

治療を続けながらも同時に
体年齢を若くすることで
1日でも早く元の体に回復できるように取り組んでいきたい

今回のことで
実年齢を飛び越えて
体年齢に合わせた病気にもなると実感した


今までも体年齢が若くなるように
意識的に取り組んできたつもりだったけれど

ここでさらに気を引き締め
家族単位でアンチエイジングに取り組んでいこうと思います

本日の運動
ウォーキング約8km/10,224歩
/柔軟運動30分/腹筋50回/

※日付をまたいだため万歩計は旧アプリを使用しました
[ 2016/02/17 ] 未分類 | TB(0) | CM(6)

耳引っ張りダイエット

人間生きていると
ストレスがある

時には
とても間接的なことで
自分では関与することも
手助けをすることも
どうすることもできないようなことに対して
ストレスを感じる時もある

他人事と
割り切って無視することができないから
悶々とする

もどかしさに悶々とする
歯痒さにモンモンとする

アアアッ!!
イライラする!

いろいろ考えすぎて頭が疲れた

こんな時は「耳引っ張りダイエット」

耳を引っ張ることで
頭蓋骨の歪みを解消し
ストレスや疲れを和らげてくれる

ストレス解消と言いつつ
小顔にも効果のある耳引っ張り
ホントは小顔にもなりたい(笑)

しかも耳を引っ張ることで
頭の骨がつながっている蝶形骨にアプローチすることで
内臓の不調をリセットできると言われている

蝶形骨は横隔膜とつながっていて
蝶形骨が歪むと横隔膜が緊張して引っ張られ
内臓が圧迫され臓器が正常に動きにくい

耳を引っ張ることで蝶形骨の歪みが取れると
内臓も正常に動けるようになることで元気に!

特にマロのように
135キロから70キロまで体重を減らすと
激しい体型の変化に細胞単位での処理が追いつかず
正常な位置に臓器が戻っていない...?
と言えばよいのか?(笑)

表現は難しいけれど
そんな感じがしている

そこで耳を引っ張ることで
それらを支える横隔膜が正常な位置に
臓器を固定してくれるならばさらに嬉しい

「耳引っ張りダイエットの方法」

○リラックスをして正面を向き
耳の付け根に近いところに親指をあて
耳の穴に中指を引っ掛けて挟み
真横ではなく
やや斜め後ろの方向
軽く2〜3ミリ引っ張るのがコツ


○10秒間耳を引っ張りながら息を吐き
息を吸いながら手を緩める

○これらを5〜6回繰り返す

この方法を
ウォーキングの最中に組み合わせると
体の歪みも改善する効果もある

耳を引っ張りながら歩くと頭と連動して
骨盤がバランスを取ろうとして歪みが改善する

たった1分ぐらいの健康法だけれど
即効性があるのも大きな特徴

耳を引っ張っていると
後頭部があったかくなってきて
スッキリする

蝶形骨が目の奥にあるからか
視界も開けてスッキリとクリアに

蝶形骨は目・鼻・耳・口など顔のあらゆる感覚器に連動し
脳を載せたお皿のような役割があるので
そこを刺激することで

パソコン等による疲れを緩和させたり
二日酔いの解消や
ストレスや緊張の緩和など効果もある

自分の耳を引っ張りながら歩いていると
とうつむいて悶々としていたのが解消され
気分が晴れて


成るように成るよね
必然の成り行きにまかせよう♪


そう思えてくるから不思議だ☆

ストレスや疲れは
ダイエットの大敵


たった1分でこのリスクが軽減できるなら
とても良い方法だね

本日の運動
ウォーキング約8km/10,942歩
/柔軟運動30分/腹筋50回/

[ 2016/02/16 ] 未分類 | TB(0) | CM(6)

断捨離

昨日は疲労感が蓄積されていたので
運動をお休みした

その分、時間的な余裕ができたはず
早く寝れば良いのに
なぜか断捨離のスイッチが入った

身の回りのものを捨てたくて仕方がない

パソコン・ソファー・ベッド様々なものを捨てたい

しかしリサイクル・大型ゴミ・下取りと
思い立ってすぐ処分できる物でもなかった

ならばと
カバン・アクセサリー類など小物を処分する

今睨みつけているのは
たくさんある昔のVHSビデオテープの原版
捨てて良いよね?
再生するデッキもナイと言いたいけれど
ナゼか新しいビデオデッキがある

ただテープの方が古くて途中で切れてしまって
ビデオデッキに絡みつき
デッキの方が壊れるのではないかと言う心配から
結局デッキにテープを入れる勇気は無い(笑)

古くてもう見ないのに
どうして捨てる勇気がわかないのだろう?

多分その時代の
思い出が詰まっているからなんだろうね


不思議な事だけど
痩せてきたことで

体以外もスリムにしたくなってきた

もう135キロの体型に戻りたくないから
今持っている物を
一旦すべて手放して身軽になって再出発
そんな気分

自分の生きてきた過去を
否定するつもりはない

その考え方は変わらないけれど

過去に振り回されているのも事実

このブログでさえ
135kg→70kgに体重を減らせたからこそ
ブログの意味があるけれど

「ただの体重70kgの女性の日記」と視点を変えると
一気に味気ないブログになるのと同じ

思い出と言う過去

過去と比較をするから
リバウンドという言葉に命を吹き込む


もしマロが以前に太っていた事を
知らない人ばかりの所に行けば

なんとなくリバウンドしづらく
与えられた環境に合わせて
標準体重を維持しようと心がけ続けるだろう


今は70kg
それだけで良い


135kg→70kgまで痩せた人
もうそんなハンデはいらない!


そう思うと
今必要なものと
この先に必要なもの以外

たとえ思い出があっても
遠ざけたいと言う感覚になってきた

ただの70kgの女性という土台づくりの断捨離

断捨離これもダイエットの1部なんだろうね

本日の運動
ウォーキング約8km/11,604歩
/柔軟運動30分/腹筋50回/

[ 2016/02/15 ] 未分類 | TB(0) | CM(10)

活性酸素

サーキットトレーニングを始めてから
体の疲労感が半端ない

今までならお天気に左右されない限り
8日間に1度のお休み位でちょうどだった

でもランニングをするようになってから
もう歩くのやだなぁ~と
4日目位でギブと思っている

しかもよく居眠りをするようになった
帰宅後の30分間は一旦仮眠するようにしていて

そうしないと仕事疲れのまま
8kmのウォーキング&ランニングが
体力的にきつい

しかし30分の仮眠どころか
2時間余裕で居眠りできてしまう

居眠り用にセットした目覚まし時計のアラームでむっくり起きて
ムッスリ…

覚悟を決めて歩き始めると

不思議なことに
歩くだけなら楽勝と思えてくる


走らなくて済むなら
8kmを10kmに伸ばしてもいいから
なんとか走らないで済む方法はないかと
言い訳を必死に考える

でも...結局言い訳が思いつかず

意地で走る
ヤケクソでフラフラになりながら
サーキットトレーニングをして
家に帰った途端

急に雨が降り出した

今までなら
超ラッキー♪
雨が降る前にウォーキングが終われて最高!
だなんて思えていたのに

今日は
「え〜〜なんでもっと早く雨降ってくれへんの?」
「あと2時間早く降ってくれたらトレーニングしなくても良かったのに」
と今までにないネガティブな感覚に襲われていた

もし途中で雨に降られたら
もっと悲惨だった

どうして回避できたことを
幸せだと思えないのかな?

体力がなくなってくると
前向きな気持ちになれないんだね

ダイエットって
本当に体力勝負


身体を動かす運動の体力ではなく
痩せたいという気味を維持するための体力

「健全な精神は健全な肉体に宿る」
まさしくこれに集約されている

体内に活性酸素が増えて
細胞の機能が低下すると
疲労を感じてしまう


しかも活性酸素が増えると集中力も低下
いままさしくこの状態 (;´д`)=3 フゥ

さらに活性酸素が増えると太りやすくなる
ムリして頑張って運動して
太りやすい身体になるなんて本末転倒だよね


なので
休養も大事なトレーニング
と割り切り

まずは
活性酸素を取り除くことができる
緑黄色野菜や根菜などを食べよう♡
にんじん、トマト、みかん、じゃがいもetc...

運動をして体を動かしたときに
筋肉にたまる疲労物質の乳酸を分解する効果がある
豚肉、レバー、かつお、卵、大豆にピーナッツなども料理にくわえる

活性酸素を取り除きながら
運動をお休みして
ゆっくり身体を休ませますね



[ 2016/02/14 ] 未分類 | TB(0) | CM(4)

膝ストレッチング

今更気づいたのですが
マロは屈伸運動ができなくなっていました


膝の硬さに気付いて
できるだけ膝を曲げる事を意識した1日

○椅子に座らずに靴下をはく
○フローリングをモップを使わずに雑巾をかける

わかりやすく言えば
洋式トイレを止めて
和式トイレを使うなど

でも冗談みたいな話だけど
マロ...膝曲げられへんかった...

この動作ができなくなっているって
今まで気づかずに生活していた

ソファーや椅子には座れる
階段ものぼれる
その程度なら膝は曲がる

しかしそれ以上に曲がらない

膝に体重がかかったとき
パンッと言う破裂音とともに
また骨が割れるんじゃないかと言う恐怖感が拭いきれない

常に脚を踏ん張っている感じがする
常に膝に足首にチカラが入っている

体重135キロで1日8時間の立ち仕事
膝や足首は重たい体重を支えるために

踏ん張りすぎて
ガチガチに固まってしまっていた

大きく太っていたことの後遺症みたいなものかな

踏ん張りすぎた事で
常にふくらはぎの筋肉が緊張している

硬い膝に血行も悪く
脂肪も定着しやすくなっていて


毎日8kmのウォーキングでさえ
歩けば歩くほどドンドン脚が太くなっていく悪循環

これはなんとかしなきゃ!

しかし膝を柔らかくするストレッチは山ほどあるのに
そのストレッチ動作にたどり着けないほど曲がらないのだ

そこでお風呂場で行う
膝ストレッチングと言うものがあることを知った

○浴槽に浸かり充分に体を温めてから

お湯の浮力を利用し
体重が膝にかかるの分散しながら

○浴槽の縁にしっかりとつかまって
ゆっくりとしゃがむ

○痛みのないギリギリのところまで曲がったら
そのまま10秒間キープ

○その後ゆっくりと立ち上がって
膝に手を当てて10回ほど押して膝の裏側を伸ばす

◇この工程を2回ほど繰り返す

情けないなぁ…
最初のステップはこの程度の事から


現在これとよく似たことを行っていて

骨盤の歪みを矯正するために
半身浴中に浴槽内で正座をしているけれど
これは膝に体重をかけないからなんとか出来るんだよね...

膝を曲げた状態で
体重をキープする

これができない

日常生活で
膝が曲がらないことに違和感がなく
不自由は感じていなかった

それどころか体の不自由な方が使う多目的トイレを卒業して
洋式トイレが使えるようになったと喜んで満足さえしていた

でも...それでは不完全なままなのだ
洋式⇨和式を使えるようになって
初めて健康に近づいたと言えると思う

逆を正せば
それだけ太い習慣のまま行動していたと言う事

もちろん毎日柔軟運動はしてきた
でもそれは腹筋や背筋や二頭筋など
主に筋肉をつけ代謝を上げるための運動であって

体を柔らかくする事はあまり考えてこなかった

毎日平均23,000歩を歩いている
ダイエットのための運動もしている

でもそれらは全てにおいて
自分が無理をしない範囲の
狭い可動域の中で
動いていただけだと気づいた


いくら体重が70kgになったとは言え
中身はまだまだ偽物
本質はまだまだ100kgままだね

しみじみと思い知らされる
体重を落とすだけでは意味がない
痩せるだけでも意味がない


中身まで本物になるために
変わり続ける努力が必要なんだね

本日の体重は前日より100g減って70.9kgでした


本日の運動
ウォーキング約8km/11,020歩
/柔軟運動30分/腹筋50回/

[ 2016/02/13 ] 未分類 | TB(0) | CM(10)

Lipstick

うっふふふっ。
ついに口紅を使い切った♡

う…嬉しい♡


ケチすぎるだって?
貧乏くさいだって?

好きなように言えばイイさっ♪
マロは嬉しいのだから!

ダイエットをする前
口紅を最後まで使い切る事はなかった

なぜなら
手元から誤って床に口紅を落とすと
拾う事はせずに捨てていたから

拾わない理由は単純

太り過ぎて
拾えないから


太りすぎてお腹が大きく
しゃがむ、かがむ、ひざまずく
などの一連の動作が困難だった

床に手をついて
落ちた口紅を探すなんて至難の技は出来なかった

そもそも実際に脚を骨折していたこともあって
ヒザが曲がらない
床に落ちたら最後
ほうきで履いてゴミ箱行き

ダイエットを始めてから
痩せてきて
落としても拾えるようになって
はじめて最後まで使い切れた口紅だった
2

そしてこれは去年に
新色をウキウキしながら買った予備の口紅


やっと使える出番だけれど…
今年は今年の新色を使いたいナ(⌒-⌒; )

今日も職場で
クリップを1個落とした
近くにいた男性がサッと拾い上げ渡してくれる

昨日は風に吹かれて手元から紙がヒラヒラと床に舞い落ちた
女性が走り寄ってきて拾って渡してくれた

あっ…。
そう私は自分で拾えるようになった

でも周りの人たちは
今まで通り
拾い上げてくれる

ダイエットを始める前は拾い上げてもらって
「ありがとう」と心から感謝をしていた

そして今は
申し訳なさでいっぱいである

自分から進んで拾おうとするけれど
どうやらワンテンポ動作が遅い

トロくて...いつも先に拾われてしまう

マロ「いいよいいよ自分で拾えるから」
周囲「いいよいいよ別に無理せんで!」


自分でもなんとなく分かる
今まで苦手だった動作だけに
かなりぎごちなく拾い上げているのだ

重たい体重を支え続けてきた膝はまっすぐなまま固まり
膝がガチガチで

膝を曲げる動作が苦手な事に気が付いた

ダイエットをしていると主に
体重を減らしていくことをメインに考えるけれど

痩せてきても
身に染み付いてしまった動作までは
意識しないと変わらない


明日からできるだけ意識して膝を曲げる動作を
日常生活の中に取り入れていこうと思った

ダイエット継続して行くことで
途中で諦めることも少なくなり

最後までやりきる
最後まで使い切る

メンタル面でも少しずつ
向上していっているような気がして嬉しかった

本日の体重71kg


本日の運動
ウォーキング約8km/10,871歩
/柔軟運動30分/腹筋50回/
Screenshot_2016-02-12-03-20-42 (2)
[ 2016/02/12 ] 未分類 | TB(0) | CM(6)

順応

走って・歩いて
サーキットトレーニングを始めたことで
一気に靴がだめになりました

新しい靴に履き替えると
今まで2周しか走れなかったコースが
4周まで走れるようになりました

靴を変えただけで
こんなにも
走れるようになるなんて正直驚きです

シューズに こだわりがないマロですが
1つこだわりがあります

それは靴ヒモ

太い人は靴ヒモを結ぶのが大変
出っ張ったお腹に足まで手が届かない
前かがみで靴ヒモを結ぶのがとても大変なんです

靴ヒモを結ぶ時
お腹が圧迫されて息苦しい…

やっと頑張ってヒモを通しても
足が太いから結び目のヒモが余らない

リボン結びを諦めて
なんとか団子結びでしのぐ

そんな時
靴屋さんで別売されている
玉状の靴ヒモが最高なんです


なんと伸縮性があるので履く時はヒモが伸びる!
しかも結ばなくて良い靴ヒモ

この状態で全く抜けないんです!


伸縮性のあるヒモなので足全体を
靴がぴったりと締め付けて安定感もフィット感も抜群

ヒモを結んでいないのでヒモが途中で緩む心配もなく
学校の上靴みたいに
伸びるのでクツを履く時もとっても楽チン♪

以前足の甲をケガした時も
その部分だけ玉数を増やして緩めそ~と履けるなど
靴ヒモで部分的に締めつける強弱をつけれるのも嬉しい

本当はガッツリとスポーツをしている人向きの靴ヒモなんだれど
太っている人にも至れり尽くせりの靴ヒモ
なんです

履いているときの安定感は抜群なので
結ばない靴ひもキャタピラン
これは痩せてきても使い続けたい
マロのマストアイテムです♪


さてさて体型の変化とともに
いろいろとそのつど順応をしていくのが
微妙に大変だったりするのですが

いま微妙にわからない事と言えば

それは
お風呂で使うボディーシャンプー

皆さんは1回にポンプを何プッシュしますか?


マロは以前の体重135kgあったとき
体を洗うボディーシャンプーは
1回に7プッシュしていました

現在体型が痩せてきたことで
5プッシュにしていますが

5プッシュだとすごい泡立つような?

あれって
タオルでしっかりと泡立てれば
1回の量はワンプッシュでOKなようになっているのかも?

イヤイヤ
メーカーや種類にもよるっしょ?

でも今の体形だと3プッシュぐらいで正解かな?

そうだ!

体重が
60キロ台になれば3プッシュ
50キロ台で2プッシュ
40キロ台でワンプッシュなのかもしれない?

と、言うことは
今は70キロ台だがら4プッシュで良いのかぁ~...ぁ?

しょうもない1つ1つの事に頭を打ちながら
進むマロなのでした(大爆笑)


本日の体重
やっとリバウンド前にもどり71.3kgでした


本日の運動
ウォーキング約8km/10,441歩
/柔軟運動30分/腹筋50回/

[ 2016/02/11 ] 未分類 | TB(0) | CM(6)

1つじゃない答え

「もしかして痩せました?」と話しかけられ
「同じ人ですか?」と問われる
「はい」と答えるマロ

「へぇ~面白い!」
心の声…面白い?

「まさかと思ったけどビックリするワ!」
そう言いながら立ち去るその人の背中を見送った

面白い?おもしろい…?
何が面白いのだろう?
初めての反応だ

その会話を
何とも言えない複雑な表情を浮かべて
横にいた友達は見ていた(⌒-⌒; )

怒ったような困ったような表情を浮かべていたので

その場を取り繕うかのように
マロ「まだ同じ人って分かるんやな」
マロ「全く別人になれるように努力してるつもりなんやけど」
マロ「まだバレてるわ...」

わらって誤魔化そうとするマロに対し

ますます困惑した表情になった友達は
「そうなんや…」と呟いた

心の声…なんだか間合いが難しいな…

みんなマロのことを
どんなふうに思っているんやろう?
"ふっ"とそう思った

今日も相変わらず
歩いているマロの袖口を背後から引っ張り
「ねぇねぇねぇねぇどうやって痩せたん?」
と問いかけてくる人がいる

「マロさんのことをみんな噂してるで!」
「だから1回聞いてみたかったの」と
紺色の服を着たその人は話しかけてきた

紺色「わたし病気で痩せないとダメなんだけれど」
紺色「どうやっても痩せられへんから病院の先生に怒られてばかりで困ってんねん」

そう話す彼女は
どう見てもマロより15キロは体重は軽そうだ

紺色「先生が毎日歩けって言うから
駅からここまで毎日歩いてるし」

心の声…駅からここまで5分ほどかぁ...

紺色「病院の先生に紹介されたジムも通って
酸素カプセルとサウナにもちゃんと入ってるねん」

心の声…酸素カプセル羨ましいなぁ...

マロ「体を動かしてないよね?」

紺色「だってプールの水が合わなくて肌が荒れてしまって…」
心の声…あ〜はん。

紺色「食べるのが我慢できないから…ダメなんだけど」
心の声…う~ふん。

紺色「睡眠と食べるのを我慢すること以外で痩せる方法ってありますか?」

心の声…まずマロの方が
あなたのような体型になりたいです♡


マロ「病院の先生はなんて言ってるの?」
紺色「とりあえず紹介したジムで体を動かして体脂肪減らすようにと言われています」

マロ「ではそのジムで体もしっかりと動かしてみれば?」
紺色「そこのジムは午前中なので午前中にジムに行ってから
午後からの勤務がきつくてジムを辞めたいんです」

心の声…ジムうらやましいナァ~

マロ「紺色服さんはお医者さんのアドバイスと
ジムのトレーナーさんのアドバイスから
痩せれる知識は充分に持っていると思うの」

あとは
「まずそのネガティブな考え方
を変えてみては?」


マロはダイエットがキツイと感じても
ダイエットがだと思った事はない

マロ「あなたの言葉から受け取れる事は
ダイエットが嫌だと言う事だけかな?」

人間は嫌な事は長続きしないですよ♪

私はダイエットを頑張れた日は
好きな食べ物を食べるなど
ご褒美を自分自身にあげるようにしています

もちろんそれをすると体重の減りは緩やかになるけれど

でも
ダイエットをしているので今以上に
体重が増える事はないんですよ

ご褒美を食べるために
明日もダイエットがんばる

そう思うとモチベーションが上がって
ダイエットが楽しくなってきて体重は減りましたよ♪

焦らずにゆっくりとネガティブな考え方を
半年ほどかけてポジティブに切り替えれると
良いですね


一気に考え方を変えないこと。
「ポジティブ」から「ネガティブ」に思考を変えるのには
半年はかかると言われているのでソコを注意して下さいね♪

そう会釈して
マロはその場から立ち去った

ダイエットも数学のように
答えが1つならいいのにね


ダイエットはその人それぞれに
出す答えが違うのが興味深いと思った


本日の運動
ウォーキング約8km/10,007歩
/柔軟運動30分/腹筋50回/

※日付をまたいで途中でカウントが切れたため万歩計のSS画像なしです
[ 2016/02/10 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)