え~~~そこぉ~~?

別にダイエットがキツイ訳でも
別に何か嫌なことがあった訳でも
別に何か辛いことがあった訳でもないのに

ダイエットをしていると
笑顔をなくしていませんか?


最近のマロはどこかよそよそしい
ダイエットのことをアレコレ詮索されたくなくて
無意識に態度に出てしまっているのかな?

「痩せましたね」そう言われて
「はい」と答えるだけが
どこか白々しい

自分でも自覚していて
笑顔で!

そう思って...
自分では満面の笑みを浮かべているつもりでも
目の奥がギラついている

マロの内心や気持ちは
とても "穏やか" で "まったり" しているけれど
それが伝わらない

マロはブログでは日々ダイエットのことを綴っているけれど
日常生活の中でダイエットのことを自分から話題にすることは0%

もちろん誰かにダイエットの話題を振られたら
それに対してかえしはするけれど

自分から進んでダイエットのことを話題にすることはない

特に会社関係になると
全くと言っていいほどない

だが身近にいる同僚からすると
「あんたの部署のマロさん最近痩せているけれど
なぜ痩せてきたの?」
そう聞かれたり
「どうやって痩せたか聞いてきて」
そう言われたりすることが多いんだとか(笑)

だがダイエットのことをマロは一切話題にしないので
同僚はどう答えて良いのか毎回返答に困るらしく

「わからないです」
毎回そう返答していますと言われた(笑)

マロ本人に直接聞けば良いものを
なんでもマロ自身が
その話題を受付けないオーラを出していて
聞きづらいんだとか

困ったことに
マロ自身その自覚は一切ない

いつも通り
今まで通り
だけれど相手に与える印象が今までとは違う

前回のダイエットの時も同じだった
気が立っていると言うよりも
集中しすぎて
周りにスキがなくなってしまう


限られた24時間で何ができるか!
1分1秒が勝負なのだ!!!


常に考えている
意識を常に前に向けている
常に真剣だ


そこに笑顔はない

この気持ちや態度が相手に伝わり
周囲を疲れさせる

まったくスキがなく
話しかけにくい雰囲気になってしまっていた

でもこんな自分は本当の自分じゃない

○本人から積極的に話かけている人
○表情に笑みを浮かべている人
○笑顔が多い人
このような人が話しかけやすい人


以前のマロはそうだった

姿は見えないけど
笑声だけでどこにいるかわかる存在感のある人


以前はよくそう言われていた

しかし今
自分から積極的に話しかける?

このことに対し
ものすごい抵抗感を感じるのはなぜなんだろうか?

そもそもなぜダイエットの事に触れられたくないかと言うと
「アノ人は頑張っている」と
思われたくないだけなのだ(爆笑)


え~~~そこぉ~~?とお思いだろうが・・・

頑張っている姿は決して他人に見られたくない
自分でもなぜそう思うのか解らないけれど
マロこだわりはソコなんだよね(笑)でも...

明日から変わろう

以前のマロのように自分から笑顔で話しかけてみよう
いつの間にか自分で作ってしまった壁を取っ払ろう

ダイエットで大切な何かを見失う前に
気付けて良かった

スポンサーサイト
[ 2016/01/08 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)