なんともいえない壁

自分でもよくわからないのだけれど
涙が頬を伝っていた

でも涙の理由に思い当たるものがなかった

なのにどこか情緒不安定で
全くと言っていいほど集中できない

いくら考えても解らない
別に嫌なことがあった訳でも
別に辛いことがあった訳でも
別にお腹が空いている訳でも
恋をしたわけでもなければ
さみしい訳でも
疲れている訳でも
また体力を失っている訳でも
全くなかった

まったく普通の
なに変化ない普通の日

なのにこうもなぜ
涙が頬伝うのだろう?
表情をかえないまま涙だけがドンドン溢れていた

潜在意識の中で
何かを感じ取っているのだろうけれど
今はまだそれが
何なのか自分ではわからなかった


涙をぬぐいながら
涙の答えの糸口になる記憶をさぐっていると...

気づいたことがある
ズボンを履いた日は体重が減らない

うん...涙の答えを見出せないまま
関係ない話に...話はそれていく(笑)

ズボンをはく時
足を少しでも長く見せるために
ヒールの高い靴をはくからか?
それとも大きなお腹のミキちゃんを隠すために
矯正下着をはくためか?
それともズボン姿だからか?
それとも上記の組み合わせが悪いからか?

いずれにしろ
ズボンをはいた日は体重が減らない!

ズボン姿になると
歩き方や姿勢や、しぐさなどが
スカートの時よりも立ち振る舞いはスリムになる

これが嬉しくてズボン姿が
自分のモチベーションアップになっていた

ただ現実問題として
スカートの方が体重が減りやすいと言う
なんともいえない壁にぶち当たった


パンツ姿の時にはく矯正下着
補正下着で締め付ける事で血行が悪くなり冷えを招く
またきつい下着は腸の働きを司る自律神経の働きを抑制するため
便秘を引き起こす

を長く見せるためのヒール(←無駄な抵抗)
常にふくらはぎの筋肉が緊張し続け
ふくらはぎの血液のポンプアップ機能が作用しなくなり浮腫む

ええ...
まさしくそのとおりだと実感中

体重が減らがなくなったと気づいて
スカートに履き替えると

いつもの体調に戻った

いままで20年以上ズボンを履いてこなっかったから
ただ単に着こなせていないだけなんだろうけれど

自分の体に合った洋服を着こなすことも
体重減につながるダイエットになるんだね


今日の運動は
雨天のためお休みしました
帰宅後に天気予報を見ると
2時間後には雨が降りだす予報だったので
すぐにウォーキング出かけると
もう既に大粒の雨が降りだしていた

「ありがとう」と、
空に向かって思わず叫んだ

涙の理由はわからないけれど
どこか疲れきっていたので
この雨にに救われました♪

※コメントの返信は明日させて頂きますね♡
スポンサーサイト
[ 2015/12/21 ] 未分類 | TB(0) | CM(6)