スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ふつう

歩いていると
「普通になったね」
そう声をかけられた

普通…
普通…
普通!最高の褒め言葉だ!

「痩せたね」と言われるよりも嬉しかった

135キロの体重から100キロになっても
「痩せたね」だけれど

135キロの体重から「普通になったね」
これは最上級の褒め言葉だよ!

うれしいぞー!

「だけどあんたがこの辺で1番大きかったんやなぁ」
「あんたが痩せて以降あんた位の体型の人見かけないもん」

はぁ...f(´-`;)

そうなんだ…
1番大きかったんだ…
自分ではわからないものだね

1日10グラムづつ体重を増やしてきたマロ

その変化は緩やかで
自分が太っていく変化に
気づいていなかったと言えば嘘になるけれど
さほど危機感も持っていなかった

少しずつ体重が増えていく変化に
目を背けていた


普通体型だった人が
ある日を境に一気に135キロになり焦るのと

数十年と言う歳月をかけてゆっくりと135キロになり諦めるのとでは
危機感の差はとても大きい

体重135キロから75キロになると
他の人から見ればその変化が激しいけれど

自分自身が思い描く本人の姿は
以前の135キロも現在の75キロも同じなのだ

それはまるで写真のような物かも知れない

何気なく1枚撮った写真
誰かにその撮った写真を見られると恥ずかしくて
「見ないで!!」と制し隠しがち

別に写真を隠さなくても
「そこに写っている本人ココにいるじゃん」と思うけれど

当の本人は
自分が思い描いている自分自身との差がイヤなのだ

全くそれと同じように
マロ自身も
体重が135キロまで増えてしまったけれど

自分自身が思い描く本人の印象は
どんなにドンドン太ろうとも
体形の変化は頭の中ではなく
ほぼ同じなのだ


本人の中ではそこまで太っている自覚がない
だからこそ極端に大きく太ってしまったのかもしれない

なので逆にドンドン痩せてきても
その変化の自覚がない

痩せていく過程の経過写真を見て
本人が1番驚いている(笑)


第三者によって〝痩せてきた〟評価をされることが
本当の成果だと思った

普通といってもまだまだこれからが本番
普通になれる変化を楽しみたいナ♪

普通、平凡、何の変化もない1日
実はそれが1番幸せなことだと気づくのは
失ってから

普通になることで
今まで失ってしまっていたもの
取り戻せて行けたらいいなと思った

本日の運動は5日間頑張ったので
お休みします^^
スポンサーサイト
[ 2015/11/27 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。