スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

きさめ

1歩進むとポタポタと頭に雨粒が当たった
1歩下がると雨は止む

辺り一面に響く雨音

だが深夜のウォーキングからの帰り道
マロは一切濡れていない

あれ?

再び一歩前進
ポタポタポタと雨に濡れた
1歩後ずさりすると、やはり雨は止む

なんなんだ雨雲の境目?

それにしてはおかしい
月はあたりを照らしていた

しばらく呆然と夜空を見上げていると
やはり目の前だけに雨が降っている

目の前の樹々だけに雨が降っているのだ

マロの家の裏には
代々受け継いだ
とても大きな栴檀(せんだん)の樹がある

↑マロ家が恥ずかしかったので画像はお借りしたものですw

その昔節句の行事には欠かせない樹だったらしく

栴檀の樹は邪気を払う霊能を持つ樹
と考えられていて
平安時代から端午の節句に軒に葺いたり身につけたりしていたらしい

ある程度の集落が集まると
その集落の中に1つこの樹が植えられていたんだそう

実際マロ家のご先祖様の時代
端午の節句が近づくと
周囲の人々がその枝を求めて、もらいに来ていたらしい

とは言え時代は流れ
風習は変化をとげた

その光景を記憶している人も少なく
かれこれ栴檀の木が必要にならなくなってから
100年は経つのではないだろうか?

実際マロの家もこの枝を使用した事は無い

昨日
少しずつ運動を再開しようとウォーキングにでかけた

まだ体調が万全ではなかったため
本来であれば5周するウォーキングコースの
2週目で体力が切れてダウン

きつーい、きつーいと
辛い悲鳴をあげながら

なんとか家路に着くと
雨が降っていたのだ…

え?

傘がないとしのげないような大粒の雨
地面には雨水が流れていた

不思議と
その栴檀の木がある所だけ雨が降っていた

栴檀の木はその昔魔除けの樹
と言われていたことを思い出し

まさか何かの霊現象なんだろうか…??

ここ数日ウォーキングをお休みしたことで
季節が変わり
いつものトレーニングウェアでは寒すぎて
一気に体力を奪われていた

けれど目の前に繰り広げられる
不思議な光景を目のあたりにして
寒さを忘れて15分ほど見上げていた

この不思議な体験はいったいなんだろう?

マロは霊感が一切なく
どちらかと言うと霊感的なものに関しては
かなり鈍感である

なのでそんな
摩訶不思議な体験をするはずがないのだ!


「その樹々だけ雨が降る」
で検索してみると(笑)
↑いまの時代って凄いねw

「樹雨」と言うものらしい

2015110402.jpg
参考http://www2.plala.or.jp/aki_ogawa/trivia/rain1.html

霧が深く発生したときに
葉が霧を受け止めて
雫にすることで
それらが雨のように降る現象なんだとか

たしかに濃い霧は発生していた

建物の3階には届きそうな
大きな栴檀の木は

水滴がポタポタと言うレベルではなく
傘がないとしのげないほど
激しい雨音で雨を降らしていたけれど
雨ではなく雫だったのだ

自然現象だったのね!

ちょっと〝ホッ〟としつつも
どこかちょっぴり残念な気も

樹雨体験
タネを知ってしまえば
ただそれだけのことだけれど

こんなことダイエットをしていなければ
経験できないこと
ダイエットをしていて
よかったなぁ~と思えた出来事だった

もし仮にも栴檀の木に精霊が宿っていたとして

がんばってウォーキングを再開したご褒美に
神秘的な光景を見せてくれたのかなぁ〜と
そう思うことも悪くないと思った
スポンサーサイト
[ 2015/11/04 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。