ハンガーノック

停滞期と言う訳では無いけれど
体重が減らなくなってかれこれ20日

ダイエットをしているのに
一向に体重が減らない

ちゃんと目標を立ててダイエットを実施しているつもりなのに
一向に体重が減らないのはナゼなんだ?

気がつけば
どんどんとダイエットメニューが厳しくなっていた

計算上ではまだ停滞期に入るには早く

体重が減らない理由として考えられるのは
ダイエットメニューが生ぬるい!

もう少し
しっかりとダイエットをしなければ!


無意識のうちに
そう自分を追い込んでしまっていたと思う

まだまだ甘い
もっと頑張らなきゃ

気がつけば体の限界を超えていた

冷静になって考えてみると
ここ数日の体調不良は
ランニングを始めたことが原因による
体調不良だと気づく

体重はまだまだ重い76kg

毎日8km歩いたり走ったりするには
身体はまだ出来上がっていないようだった

身体の節々に体調不良が発生し
それにより気力やメンタルまでも著しく弱ってしまっていた

一向に減らない体重が無意識のうちに重圧とストレスとなる

まだまだ余力がある
無駄がある
体を正確に動かせていないから体重が減らないのだと
気がつけばガムシャラに走っていた

なぜ体重が減らない?
こんなにも頑張っているのに…


そして昨日ついに
自らの意思とは関係なく
体は動きを停止してしまった

コメント欄にハンガーノック症状ではないかと
ご指摘をいただいように
正しくそのハンガーノックだった

ハンガーノック症状とは
激しい運動中に
○体に力が入らなくなりフラフラする
○疲れていないのに急に体が動かなくなる
○手足がしびれたり、頭がぼーっとす
○度合いによっては意識を失うこともある

マロの症状は
このすべてにあてはまった

もしかしたら昨日ウォーキング途中にダウンした時
ベンチで居眠りしたのではなく
意識が飛んだのかもしれない...そんな気もした

ハンガーノック状態なってしまうと
食事をしてカロリーを摂取しても
吸収するだけの体力すら残っていないので
食事をとっても体力は回復しない

思い返せば、この前日何かと忙しく

食事時間に急用が入ったりして超バタバタ
食事の間隔が25時間空いていた

やっと食事をとれるようになり
充分に食べたつもりだった

だけどそれを吸収する体力が残ってなかったのね
だからひたすら昨日は寝てたんだ…

ハンガーノックは
運動を始めたばかりの
頑張っちゃう人がなりやすい現象だそうで

なんとなく自分自身に当てはまるような気がした

今日は、まだ不完全ながらも
ゆっくりと体調は回復してきている

ハンガーノックは
極度の低血糖状態になっている状態なので

いつもなら食後に
血糖値を下げるお茶を飲んだりしているけれど
今日はそれらを止め

低血糖を防ぐために
ポカリスエットやアクエリアス等の
果糖を使ったスポーツ飲料水を主に摂取した

体重が減らない=
ダイエットを頑張っていない


のではない!!!と言うことを
身体からの警告を受け取り反省><;

いまは絶対に停滞期じゃないと思うけれど
今は停滞期だから体重が減らないの
そう思う事で

がんばりすぎないように自分に
ブレーキをかけた


本日の運動
ウォーキング&ラン約5.5km/7,699歩でリハビリ/
腕立て伏せ5回/柔軟運動30分/腹筋50回/レッグレイズ3セット
スポンサーサイト
[ 2015/10/29 ] 未分類 | TB(0) | CM(6)