ランニング

ダイエットを始める前
マロは電信と電信柱の間隔
1区間の約30mを歩くと
呼吸困難に陥っていた

そんなマロが
ダイエット始めて16ヶ月

1日で3万歩を歩けるようになった

あの当時
どれだけ歩くことが嫌だったことか
どれだけ立ち止まれる信号の赤信号が嬉しかったことか
人通りの多い道
流れに合わせて歩くのがキツくてどれだけイヤだったことか
常に1本裏路地を隠れるように歩いていた
100メートルない距離に
友達に車を回して送ってもらってさえいた
乱れる呼吸に会話をしながら歩くこともできず

どれだけやり場のない気持ちになっていたことか

今では会話をしながら歩ける
早歩きでも歩ける
雨が降ると小走りもできるし
1本裏通りを歩くこともなくなった
そもそも骨折が治り支えを使わずに歩けるようにもなった

普通のことが当たり前に出来るようになった

そんな今日この頃
やってきた食欲の秋
マロは今たくさん食べている

本来食事量は
朝食をメインでたくさん食べ約900kcal程
昼食は軽く一品と食後のデザート&コーヒーで500kcal程
夜は豆腐・サラダ・ナッツ類・果物を250kcal程
こんな感じで食べてきたけれど

食欲の秋の到来にあわせ
この時期は食事制限は無意味と

朝食も昼食も
各900kcal程食べている

すると体は楽だ
体力は節電モードから解放されて
余力があり体をとても動かしやすいので

夜のウォーキング中
ランニングを取り入れた

走ることへの恐怖感は
半端ない


ほぼ毎日仕事終わりに
約7kmのウォーキングしているマロ

体重100㎏から始めたウォーキング
脚にかなり負荷がかかることから

脚だけに筋肉がついてバランスがおかしくならないように
ただ歩くのでなく

同じように腕にもかなりの負荷をかけてバランスをとった
片手に2kg両手で4kgの鉄アレイを持って歩いている

これが想像以上にキツイ
7kmのウォーキングにかかる所要時間は平均90分程

この90分間
手に持った4kgの鉄アレイを休まず動かし続けるのは
手ブラで歩くときと比較すると
体感で3倍ほどきつくなる

鉄アレイの反動を抑え
勢いで振らないよう、腕はゆっくり
でも歩行時速を上げるため大股早歩き
腕だけではなく背中・胸筋・肩・横腹に負荷をかけ歩いてきた

しかしランニングの際に
さすがにこの鉄アレイを持って走ることができないので
途中の公園で鉄アレイを置いて
手ぶらで走ってみると

これはいける♪

鉄アレイを持って歩く時の疲労感に比べると
半分以下の疲労感

なんだ走る方のがずっと楽じゃん🎶

呼吸が続かず
これまた走れる区間は
電信柱と電信柱の1区間程度

歩けなかったあの時と同じだと思った

今はその1区間を走ることができない
気分的に振り出しに戻ったような気持ちになった

16ヶ月後に1日で23km歩けるようになったのであれば

さらに今日から1年と半年後
1日で20km以上走れる体になっているのだろうか?

もしかしたらハーフマラソンの距離を走れる体になっている⁇

正直のところ全く想像ができない

ただ1年半後に23kmを歩ける体になっていようとは夢にも思わなかったので

もしかしたら?

重い体重を支えてきたマロ
1日中立ち仕事のマロ
足の筋肉はそれなりに育っていて
想像以上に走るのは意外と楽だった

ただ問題は呼吸が続かない
スイミングで息継ぎがうまくできずに溺れているような感覚になる

それさえクリアできたら
もう少し走れる距離を伸ばせるようになると思う

6kmをウォーキングしてから鉄アレイを置き
走って、歩いて、走って、歩いての、残り1km
なぜかな?涙がこぼれ落ちた

泣きながら走っとった

自分でも意味わからへんけど
こみ上げてくる涙を抑えることができなかった

走ると風をきる音が
耳元でビューーと聞こえて

その音に
ワァ〜ンワァ〜ン泣きながら走った

走れるようになったんが嬉しかったんかなぁ?


本日の運動
ウォーキング約7.5km/10,031歩/腕立て伏せ5回
柔軟運動30分/腹筋30回/レッグレイズ3セット/
Screenshot_2015-10-10-01-40-56 (2)
スポンサーサイト
[ 2015/10/10 ] 未分類 | TB(0) | CM(4)