停滞期を抜けたサイン

やっと体感的に寒さを感じることが少なくなってきました

痩せた事で寒くて寒くて寒くて

家に帰るとダウンジャケットを着込み
コタツに包まると言う...
9月上旬なのに真冬のような状態

停滞期特有の吹き出ものが
全身に出てきて
肌は荒れるし

稲刈りが始まって
花粉症みたいになるし

停滞期の体調不良に悩まされましたが

が?

そもそも停滞期になるほど体重が減っていない現実…
そのことは気にしないことにして・・・

ここ2日ほど暖かいです

友人が
「秋晴れで過ごしやすい季節になりましたね」と言ったのを
「そっかな?」と
思いながら聞いていたのですが

今日は晴れ晴れとした
気持ち良い秋晴れだなぁ~と思えました

ダウンジャケットも脱ぎ捨てて
半身浴でも汗が出るように(なぜか汗をかきにくくなっていた)
風邪でもないのに止まらなかった鼻水も止まり
肌荒れも落ち着いてきて肌の赤みもひいてきました

多分 停滞期を抜けたサイン

寒いと言うことは体内環境が冷えている状態
冷え性や低体温という体調は
ダイエットを停滞させるということ


寒くて寒くて体重が減りませんでした

停滞期の恒常性維持機能が
必要以上に寒さを感じさせることで
沢山食べることへ誘導
沢山食べることで元の体型に戻ろうとする
ホメオスタシス機能からやっと開放されました・・・

本日の体重は相変わらずの79.4キロだけれど
1

明日から体重が減りだすと思います(多分)

女性は冷え性を発症すると代謝が落ち体が脂肪を溜めやすくなるし
同時に水分を溜めこんでむくみやすくも
脂肪の固まりのセルライトも冷えから作り出してしまう

これ以上体を冷やすと痩せにくくなるので

たとえ寒さを感じなくても体を暖めながら
油断しないように気を引き締めていきます

本日の運動
ウォーキング約6km/8,685歩/腕立て伏せ5回
柔軟運動30分/腹筋30回/レッグレイズ3セット/
エア・フラフープ10分

スポンサーサイト
[ 2015/09/19 ] 未分類 | TB(0) | CM(4)