スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

過去を写す鏡

停滞期なのか
まったく体重が変動しないことにヤキモキして

気分転換に久しぶりに
モスバーガーを1人で食べにいった

向かいの席に
以前のマロと同じぐらいの
120kg以上体重がありそうな男性が座った

しばらくするとその男性のテーブルに運ばれたメニュー

「テリヤキバーガー1つ
スパイシーモスバーガー1つ
海鮮モスライスバーガー1つ
モスチキンとポテトです」
オーダーを読み上げる店員

(*'▽'*)わぁ♪バーガー3つ
以前のマロと同じだ

男性は一番大っきなLサイズのジュースを飲みながら
店員の言葉にうなずいた

さすが男性…マロより食べるなぁ…

マロがバーガーを1つを食べきる間に


その男性は
テーブルに運ばれたバーガー類を
手に持ったスマホから目を一度も離さないまま
ポテト以外を食べきった

まるで一年前の自分を鏡で
見せられている気がした


その男性は1番おっきなサイズのドリンクを飲み干し
残った氷を次々にかきこんでいた

水分が大量にいる感じ
暑くて氷が手放せない感じ

それわかるぅ~

ドリンクを飲むさいコップを持ち上げると
視線も上がるのか
頭上ちかくまでスマホをかかげながら
それでも片時もスマホから目を離さないまま飲む

たくさん食べているのに
男性は手に持ったバーガーや飲み物には
ほとんど視線を落とすことなく

片時もスマホから目を離さないまま
手探りで
次々に残ったポテトを口に運んでいた

美味しい物を食べているのに
食べている物を
しっかりと見て欲しいと思った


でないと
充分な満足が得られず
またすぐに食べたい欲求が押し寄せてきてしまう

でも…そこにあったのは
以前のマロの姿だった


まるで鏡で1年前の自分自身を見せられている気がした

スマホカバーだって
偶然にもその男性とマロと同じ物だった

あらら
カバンを持たないのもマロと同じ

サイフとスマホと車のキー

135キロのマロは
自分の体重を支えるだけで限界だった
カラダの重心のバランスが悪いので
手すりなどでカラダを支えるため
必要最低限のものしか所持しなかった

ほとんどの場合
カバンさえ持たずに
ポケットに入れ持ち歩いていた

マロと同じだね!

しばらくして食べ終えた男性は
気だるそうに席を立つ

トレーを返却口に返す際
店員さんに
「そのまま置いておいてくださ~い」と
声を掛けられているのにもかかわらず

すばやい動きで
ダストボックスに分別して捨て
トレー1枚にして店員さんに手渡した

( *´艸`)´艸`)クスクス マロと同じだ!

店員さんには
この気持ち解っからへんやろうなぁ~(;^_^A アセアセ

店員さんには解らないこと
それは注文したオーダーをハキハキと読み上げること

店員さん「テリヤキバーガー1つ・スパイシーモスバーガー1つ・海鮮モスライスバーガー1つ
モスチキンとポテト」

店員さん「あとはLサイズのコーラー1つの以上でよろしいでしょうか?」

ドリンクの数を言っちゃダメ!!
マロはいつもそう感じていた

店員さんは店舗のマニュアルの示すとおりに
お客様に最終確認しているだけだろうけど

おつきな声でバーガー3つ+飲み物1つと
読み上げられたら
確実に1人で3つのバーガーを食べることが
周囲にいる人にバレてしまう

周囲の人に
「それ食べすぎや!」って
思われていそうでイヤだった

だからせめてドリンクのオーダー数だけは
小声で言ってほしい


これがバーガー3つ+ドリンク3つなら
恥ずかしくないんだけど...
さすがにドリンクは3つ頼んだことはない

それと同じで
食べ終えた際
トレーの上に空のドリンク1個にバーガーの包み3つの
残骸を見られたくないのだ

マロも同じように
返却トレーは
店員さんが後ろを向いている時に
サササッと返却にいくのが習慣になっていた

当時
あまり深く考えずに行動していたことだったけれど

男性のうしろ姿を見て
”そうそう”そうだった
と思い出していた

胃が小っさくなったというよりも
今のマロはバーガー1個で充分たりる
逆にバーガー3つ+チキンを食べろと言われても
食べれない・欲しくない

当時はなんで3つも?
食べるのがやめれないの?って思っていたけれど・・・
カラダが欲していたんだね

いまは食べる時
今からこれを食べるよ♡って
食べる物をしっかり見て脳にインプットさせ

向き合って食べている

たったコレだけのことだけれど
食べた満足度は違うし
コレだけのことでも痩せていけるんだろうね


そういえば最近ちゃんとバッグを持ち歩くようになったし
良い方向に変化できている自分に気づけた

午後からのお仕事を頑張ってくださいね
そう思いながらサラリーマン風の男性の背中を見送った


※コメントの返信は明日させていただいますね
スポンサーサイト
[ 2015/09/16 ] 未分類 | TB(0) | CM(8)









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。