スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

脳をだますダイエット

脳をダマすという健康法をよく聞く
その中の1つに

睡眠時間が例え4時間でも
〝あー今日は8時間も寝れる〟と思い込みながら
睡眠につくと
短時間でもたくさん寝たと脳が勘違いして
カラダがスッキリすると
テレビで放送していたのを見て

マロも最近 睡眠時間が4時間ほどにも満たない日々
脳をだましてみようと思った

深夜に帰宅しても早朝出かける日々が続いていたので
疲れの蓄積が気になっていた

実際は4時間に満たない睡眠時間だけれど
”あ~今日は6時間も寝れる”
そう思いこみ暗示をかけ眠りについた

が…

目覚めは最悪

疲れが取れている気がしなかった

残り2時間分の疲労を抱えたまま
ベッドから体を起こすと

『はぁ...』と、重い目覚め

そもそも自分の脳をだまそうと
自分の脳で考えているって
バレバレですやんヾ(- -;)

脳をだます睡眠方法は
アッサリと失敗に終わった

仮に自分の脳を自分自身でだませるのなら
『脳をだますダイエット方法』は
ないのだろうか?


ふっと、そう思い調べてみると

脳をだますダイエットとして
①甘いものを少量摂取する
②よく噛んでゆっくり食べる
③ポジティブな言葉を声に出す
④ダイエットを宣言する

などなど

なるほど! 参考になった...よ_〆(゚▽゚*).

って!
ほぼ毎日無意識でやってました(笑)

ダイエットを頑張っているつもりだったけれど
実は脳をだましながらダイエットをしてたのかな?

確かに
ほぼ毎日スイーツを食べてます

スイーツに対してのこだわりは
ダイエットを始める以前よりもこだわるようになったかな

ダイエットを始める前までは
とにかくボリューム感のある甘いもの食べていました

最近では1口サイズだけど
ちょっと奮発してるかも?
だから1口でも満足!
お取り寄せスイーツ的なものを
食べています

思い返せば
ダイエットを始めた頃はよく
お腹が減ったという記事を書いていた

たしかに始めた当時は甘い物を食べることを止めていました

スイーツを少量 毎日食べるようになって
現在では空腹感を感じる事はほとんどなくなりました

点滴を打っても空腹感を感じないように
ある程度の砂糖や脂などを摂取していると
脳は騙され空腹感は感じないそうです

食後の3時間に”少量の砂糖や脂などを摂取すると良い”
3時のおやつ
これがまさしく脳をだますダイエットをしているみたいなものなんですね

ダイエットを1年以上も続けていると
本来であればそろそろ疲弊し
疲れているはずなのですが
まだまだ余裕があります
(③ ポジティブ発言してみた♡)

「マロはダイエットをして体重を50キロするぞ!」
(④ ダイエットを宣言してみた♡)

毎日声に出すこと
脳は聞いたことを現実と認識するシステムになっているらしく

騙されて本当に体重が減っていく?らしい??

ただの自己暗示のような気もしますが

睡眠不足によって体はそれに慣れる事ができるけれど
脳は確実に疲れを蓄積させていくようなので

そうなれば生活習慣病がハイリスクに
ムリをしないこともダイエットのひとつなんだなぁ~と思った

本日の運動
ウォーキング約6.5km/9,103歩/腕立て伏せ5回
柔軟運動30分/腹筋30回/レッグレイズ3セット/
エア・フラフープ10分

スポンサーサイト
[ 2015/09/14 ] 未分類 | TB(0) | CM(6)









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。