スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「ヤダ...ソレ恐怖ヤワ」

不思議なもので
友人や他人に相談することができても
身内には知られたくないことって案外ある

マロの場合
それは体重だった


高度肥満体型ということをひとくくりにして
家族には体重を正確には明かしてこなかった

もちろん家族には何度も聞かれたが
言葉尻を濁し曖昧な回答でごまかしてきた

早朝起きて
マロは毎日体重を測る
それだけではなく記録を取るために
体重計に乗った画像をスマホで写真に写し

その後スマホを机の上に置くと

突如スマホにセットしていた
アラームが鳴り出した

身内がそのアラーム音を消そうと
マロのスマホを手に取った時

体重計を撮影した画像が
スマホの液晶部分全面に立ち上がったままだった

スヌーズ機能
スライドで解除


その画面を見てしまった身内
身内「えぇ〜!?80キロもあるの??あんた!!」
身内「かなり痩せたイメージがあったから、まだそんなに重たいと思わなかったわぁ」
身内「まだ30キロも体重を減らさなアカンの?」

マロ「そうそう。これでも一応は−50キロ減ったんだけどね...」
身内「ぇええええ⁈ごじゅっきろぉ〜⁇」
身内「一体何キロあったの!?アンタ!?」
マロ「……」

まさか身内からドン引きされると思わなかった

いまさら、この反応が身内から来るとは…

マロのスマホの目覚まし時計は
スヌーズ機能付で3分間隔で3回アラームをセットしている

仕事場の営業時間が長い為
曜日によって出勤時間がさまざま

最大4時間前後するため

体がその時間になれば目覚めるということがないく
毎日バラバラなので目覚まし時計が必須なのだ

大抵の場合は
1回目のアラームで起きてしまうため
残り2つのアラームが鞄の中で
ジャンスカ♪ジャンスカ♪鳴っていたりする

まさかこのアラームを止め忘れたことで
身内に体重がばれてしまうと思わなかった

身内「実際80キロもあるように見えへんワ…」
マロ「でもやっぱりまだまだでしょう?」
身内「あえて言うならお腹周りの肉付き?」
マロ「なかなかお腹まわりとお尻周りのお肉がおちなくて…」
身内「私は体重50キロ無いねんで」
マロ「そうそうあなたの身体をマロの体から追い出たみたいなもの」
身内「骨だってあるのに…この体分が消えたんだ…」

マロ「まっ、そういうことかな」
身内「凄いね…」

マロ「まだまだこれからだよ!残り30キロの減量があるから」
マロ「あと一年かけて残り30キロを減らすつもり」
身内「がんばるねぇ〜」

身内「じゃぁこの1年で30キロ痩せて」
身内「この1年で結婚して出産してね」

マロ「はぁ!?」

身内「よろしく!」
マロ「はぁ〜ン⁈」
身内「それぐらいできるやろう?」

マロ「1年って…そこ10年にしてよ」
身内「ヤダ...ソレ恐怖ヤワ」
マロ「相手もおれへんのに無理って」

身内「まっ、頑張って」
マロ「いやいや無理って」

身内「1年で50キロ減らしたんやろ?その気になればできる!」
マロ「ダイエットは頑張ったら1人でもできるけど」
マロ「結婚とか1人じゃ無理じゃん!」
身内「勢いって大事やで」

勢いも何も・・・
自分ひとりで勢い付いても何も起こらない

何やろ
こーゆー悩みって
1番に家族に話せそうなものなのに


家族に1番知られたくなくて
いま後悔しまくっているのはなんでだろう?

本日の運動
「台風のため中止」
スポンサーサイト
[ 2015/08/26 ] 未分類 | TB(0) | CM(12)









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。