思い込み

桜が満開です

暖かい季節にかわりつつあるので
冬服から春服に着替える事に

-40キロ程体重が減り
今年は今までと様子が違う

10年ほど前の太る前に封印をした
クローゼットを開けた

今の体型ならどんな服が着れるのだろう
恐る恐る試着をする

思っていた以上にきれるサイズの量が増え

全く着れないと思っていたズボンは
ブカブカ過ぎてストーンと床にずり落ちた

今まで体にジャストサイズだった
ヒザ下丈のタイトスカートは

痩せたことで横に伸びる必要がなくなり
足首まで隠れるロング丈スカート丈に変わってしまった

5着ほど試着をして
ハッ∑('◇'*)と気づく

マロはスカートをはくさい

まるでTシャツに袖を通すかのように
頭からかぶってスカートはいている

体が大きすぎて
大きなお腹をスカートが通過することができずに
足からスカートを履くことを断念せざるをえなかったのだ

毎日頭からかぶり
スカートをはいていた

もしかしてそろそろ…?

頭からスカートをカブるのではなく?
足からスカートを履くことができるのでは??

これだけのことなのに
手に汗を握り緊張した

足元のスカートをまたぎ
下からウェストに向かってスカートあげる

難関のおっきなお腹を通過して
あっさりと足元からスカートをはくことができた

Σ(・艸・)。o○(オォォォォォ!!)
履けた!
普通に履けた!‼︎

しかもこの方が
ラクにはける‼︎‼︎

なんだぁ〜
普通に履けるじゃん!

長いあいだ埋め込まれた行動パターン
それらができるようになっても
思い込みから変更することがない

じゃ他にも?

実際は出来るようになっているのにもかかわらず
出来ないと思い込んでいる事はないだろうか?

自分の行動パターンを見直してみた

体が大きかったので
体を前屈みに曲げることができずに
とても長い靴べらを使ってクツをはいている

駅のホームへの移動は
大きな体をあまり人に見られたくなかったのかな?
エスカレーターではなく
利用者の少ないエレベーターを使っている…

家の急な階段は
四つん這いで両手を使い
体重を分散させながら階段を登っていた

就寝の際
常に横向きの体勢で寝ている
仰向きに寝ると自分の体の重みで呼吸が苦しかったからだ

130㎏超えのおっきな体では
できる範囲はドンドン狭まり
知らず知らずのうちに
雁字搦めになって自分を見えない綱で縛っていた

その綱はとっくに外れているのに
外れたことに気づいていない

今日は仰向けに寝てみよう
朝は足からスカートをはいてみよう
昼は屈んで靴を履いてみよう
夕は駅ではエスカレーターで移動しよう
夜は階段では手を使わずに脚だけで登ってみよう

季節が暖かくなり
着ている上着が1枚減るのと同じ様に

心の衣も1枚剥がそうと思った

本日の運動
本日のウォーキング約5.5km/8,042歩
柔軟運動30分/腹筋30回



スポンサーサイト
[ 2015/04/03 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)