サーチュイン遺伝子

お腹が空いて いっぱい水を飲んだ

(* ̄O)◇ゞ ゴクゴク

秋の夜長にお腹が空くと言うのはよく聞く話だけれど
春の夜長にお腹が空くとはあまり聞かない

冬仕様の体から
夏仕様の体に切り替わるためか

表現は難しいけれど
今まで感じなかったような空腹感に襲われていた

どうしてこんなにもお腹が空くんだろう?

1,600kcalを目安に食事はちゃんと食べているし
低血糖でもない

なんと!!
水分の摂取不足でもお腹は空くんだとか

心当たりがあった

ここ1ヶ月ほど
1日の水分摂取量は1.5リットルほどだ

少し痩せたことで
今までよりも大量に水分を取らなくても良くなったので
無意識に減らしすぎてしまっていたようだ

そんなマロは
空腹を紛らわせるために
小まめにたくさんの水分を取った


確かに空腹感は収まった

しかし
空腹は体に良いらしい

空腹時にのみスイッチが入るという特徴がある遺伝子

「サーチュイン遺伝子」
壊れたり傷ついた細胞や遺伝子を修復する働きがある

スイッチが入ると細胞中のミトコンドリアが
活性化しエネルギー効率が高まる結果

若々しい体になったり
寿命が伸びるんだそう


空腹が4時間以上すぎると
この遺伝子が活動を始める

空腹はアンチエイジングのサイン

お腹がグーグーとなっている時は
遺伝子が体全体をスキャンして
悪いところを修復しようとしてくれている駆動音なのだ

そう思うと空腹も乗り切れるネ♡

1日の食事量から25%〜30%ほど減らして
1ヶ月間ほど様子を見ると

「サーチュイン遺伝子」が2倍
人によっては4倍ほど増える人もいるんだとか

たくさん水分をとってお腹いっぱいになっているマロ…

∑(*ノェ`*)アチャー
なんだかちょっとやらかした感じがしたw

明日からはこまめに水分をとりつつ

しっかりと栄養素を確保しながらも
空腹も楽しめる
心の余裕を持ちたいなぁ~って
思ったのでした♪

本日の運動
本日のウォーキング約5.5km/8,065歩
柔軟運動30分/腹筋30回


スポンサーサイト
[ 2015/04/02 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)