スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

甘くないバレンタイン

10数年前

バレンタイン終わり
マロのカバンの中は
大量のお下がりのチョコレートで
パンパンに はち切れていた

バレンタインの翌日
男性上司や同僚が
ソロ〜っとチョコを渡してくる

上司『もって帰ると嫁に怒られるから食べて』
同僚『俺甘いの苦手で…』
友人『彼女からもらったから義理チョコ邪魔で...』

理由はさまざまだけれど
マロは口の硬さから
ほんとうは体型から!
毎年大量のチョコレートが男性から回ってきていた

そんな体験から
女マロが弾き出した答えは

バレンタインには
[おせんべいなどの甘くない物を簡易包装で渡す]
だった

甘い物が沢山あっても困るよね♪
おせんべいなら家に持って帰れるでしょ♪
甘いチョコを辛い物でお口直ししてね♪

タバコや缶コーヒーや食券や万年筆など
チョコにこだわらず
その人が好きそうなものを渡してきた

あれから歳月が流れ
    ・
    ・
    ・
   現 在

バレンタインに渡す
ちょっと力の入った
プチ高級?煎餅などをチェックしていると

背後でボソッ
男性『男ってフツーにチョコ嬉しいで』
マロ『︎!!』
マロ『いつも甘いのキライとか言ってるやん』
男性『だって甘党ってなかなか言いにくい』
『ドーーン』⇦目玉落ちた音

マロ『︎そ、そっか…』

マロそう言うの鈍感でさ…
だから...こういうところがさ...ダメなんだよね

この時期のチョコは種類も豊富で美味しい
今までバレンタインは自分自身の為に買うチョコイベントだった

久しぶりにメンズの為にチョコを買うか…

今までごめんよ〜と言う意味を込めて
義理チョコにしては
ちょっぴり奮発して
goncharoffのチョコと


GODIVAのチョコを用意した


そして翌日
こうなっていた…


マジ!!テンパってるマロ

マロ『ダメ!食べないで!』
家族『まさか男の人に渡すの?』
マロ『……イヤ…そーいーう訳では…』
家族『だよね!あんた変わってるから、あげるのはチョコじゃないもんね』

家族『ダイエットしているから食べないでしょ?』
家族『ゴディバ食べよ♡食べよ♡』
瞬く間に開封され
家族『GODIVAもいいけれど』
家族『他に買っていたゴンチャロフと食べ比べしてみてもいい?』
マロ『ダメ!』
家族『海外のチョコよりやっぱり日本のチョコレートのほうが口に合うよね』
マロ『怒ヾ(`Д´)ノ 箱カラにしてから言うセリフじゃない!』

ぱくぱくと食べる家族
マロ『あのぉ!1箱くらいは後日に置いておこうよ』⇦必死

なんだろう
義理チョコなのに『渡す』って
照れ臭くてハッキリ言えなかった

再度チョコレートを買いに行っても
美味しいチョコレートはほぼ完売してしまっている

やっぱり今年も煎餅になりそうだw

煎餅なので!!
ホワイトデーのお返しは無用です!

なので!
手作りのエクレア
手作りなホワイトロールケーキなどを
ホワイトデーに男性から返されるのは…
複雑な気持ちになるので

美味しいだけに!
女のプライドがズタボロになるので
今年は勘弁してほしぃ〜すっ<(゚ロ゚;)>


本日の運動
ウォーキング3km/4,239歩
柔軟運動15分/腹筋20回/リンパマッザージ
スポンサーサイト
[ 2015/02/12 ] 未分類 | TB(0) | CM(4)









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。