筋肉量と体脂肪量の減少比

キツイ…
疲れた…
シンドイ…

ダイエットで筋肉落ちたなぁ…
そんな疲れかた

特に歩き出しがしんどい
全身に力が入らなくフラフラする感じ

体重が100キロを切るまでは運動しないと決めていたので
筋肉が落ちてしまうリスクは覚悟の上だった

走ったり飛んだり跳ねたり
自覚症状で心臓がもたない
そう感じてやめていた運動

心拍数を上げないような
ゆっくりとした運動に取り組んできた

ここで気になったのは
筋肉量と体脂肪量の減少比である

体重の減少に対して
どれぐらいの筋肉の減少比が正常なのか気になる

この疲労感・・・
もしかして筋肉を落としすぎたのか!?

調べてみると

体重が10キロ減ったとき
脂肪6:筋肉4の減量割合が普通らしい

理想は脂肪7:筋肉3の減少比

体重が10キロ減った時
筋肉が4キロ以上落ちると無理なダイエットと判定される

そこでマロの場合どのような感じなのか計算をしてみた

まずダイエットを始めてから減らした体重が32.8キロ
現在の体脂肪が44.9パーセント
減らした総脂肪量18.2キロ

減らした脂肪に含まれている水分30%と見込んで水分量を加算

現在の筋肉量は20.3%
減ってしまった総筋肉量3.3キロ

筋肉に含まれる水分量72%を加算

脂肪合計約24キロ減量
筋肉合計約6キロ減少

合わせると約30キロ
減らした体重が32.8キロなので
だいたい近い数字になった

筋肉量と体脂肪量の減少比
マロの場合
脂肪8:筋肉2

あまり運動をしなかったけれど
思ったよりは筋肉が落ちていなかった

これだけおっきなカラダ
運動をしなくても
体を支えるだけで筋肉は頑張っているようだ

でもカラダが重い
なんなんだ?この疲労感

椅子から立ち上がった時
一歩ふらつく

車から降りた時
平行感覚がおかしい...
ペンギンみたいな歩き方になっていた

あまり体を動かしたくないので
小顔のリンパマッサージなら
体をあまり動かさなくて済む事かな?と
ひたすらリンパマッサージをしていた

そして今日
朝目覚めると顔が誰かにフルボッコされたような
痛さが顔全体を覆っていた


顔全体の打撲痛…
リンパマッサージをやり過ぎたらしいw

見た目にはうっ血していなかった事が救いだった
見た目にはやっぱり小顔になっていたけれど...

何事もほどほどに!だね(笑)
スポンサーサイト
[ 2015/01/21 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)