体型制限

今日ユニバーサルスタジオジャパンにいるはずだった

交通手段のチケットとUSJの入場券をもらったマロ
困り果ててしまった

前回8月にUSJに行った時
体重は128キロだった
アトラクションの体型制限に引っかかり
ハリーポッター寸前で強制退去

安全バーが正常に作動せず
ロックできなかったマロは泣く泣くUSJを後にした

あれから4ヶ月後
当時より体重を20キロ減らし
108.4キロになったものの


まだ100キロをきれていない

10年以上も前の話
体重が106キロの時に訪れたとき
やはり体型制限に引っかかりアトラクションには乗れなかった

当時アトラクション/ハリウッド・ドリーム・ザ・ライドの脇に
このイスが無造作に置いてあった


アトラクションの座席である

2時間待ちの行列から
スタッフに呼び出されるマロ
『あの人なに?順番抜かす気?』
そんな視線が背中を刺す

スタッフに誘導されこの椅子に座らされた
安全バーをちゃんとロックすることができず
『お客様の体型ではアトラクションにご乗車ができません』と言われる

それはそれで良いのだが
この椅子の真横には2時間待ちの行列

何とか乗り込もうと安全バーを上げたり下げたりする姿に
周囲の人々の視線が痛かった

当時一緒に行った友達がこのアトラクションを
とても乗りたがっていたので
途中まで2時間一緒に並び見送ったマロ

今回のUSJのチケットを貰った時
リベンジハリーポッターという気持ちもあったけれど
1人このテスト椅子に座るのかと思うと最高にブルーになった


みんな意味分からずに写メ撮っているけれど!
このイスは体型制限を確認するテスト椅子だからね!

たとえ乗れたとしてもギリギリだし

106キロの時に体型制限で引っかかっているので
108キロまで乗れる気がまったくしなかった

全く乗り気じゃない友達2人に
半ば強引にUSJのチケットを譲り

日にち指定が今日だったため
有給取得をして
代わりに行ってもらった

今日は早朝より冷たい雨が降り
海辺に近いユニバーサルスタジオは風が強くとても寒かったらしい

風邪引いちゃわないかなぁ
申し訳ないことしちゃったかなぁ…
心配になったけれど

帰ってきた友達2人の表情はとても明るく
ハリーポッターも待ち時間90分程で比較的スムーズに乗れたらしく
とても楽しめたと喜んでくれた

そんな友達も
大柄で体型はガッチリしている
マロ『ねぇ今体重何キロ?』
友達『俺は98キロ』

よっしゃ~後10キロ痩せたら乗れる!

リベンジポッター目指して頑張るぞ!
スポンサーサイト
[ 2014/12/05 ] 未分類 | TB(0) | CM(8)