お子様舌

アラフォーなのにお子様舌である。

コカコーラ?
飲んだことがない!

ビール?
炭酸が無理で飲めない!

餃子にタレ?
付けたことがない!

オムライスにケチャップ?
注文時にかけないでと頼む!

エビフライにタルタルソース?
無視!

お寿司にワサビ?
お刺身食べないので遭遇しない!

ウインナーにマスタード?
なにそれ美味しいの!?

ラーメンにコショウ?
逆になぜ入れるの!?

うどんに七味!
I

入れるんか~ぃ!!(・∀・)っ゛ 

基本とっても薄味なマロ
辛すぎるもの甘すぎるものの許容範囲がとても狭い

サラダ・粉モン・焼肉・麺類以外
基本はタレやソースや調味料は一切付けず
素材そのままの味が大好きだ

そんなマロが
無性に辛いものが食べたくなった

考えられないことだった

2年ほど前
ざるそばを食べに行った時のこと
めんつゆの中に
刻みネギにまぎれていたワサビを入れてしまう

それに気付かずに麺につゆを付けてクチにしてしまったマロは
ワザビの辛さに驚き身体が飛び跳ね上がってしまって!!!
同時に目の前の外食テーブルをひっくり返しえしてしまったことがある

ある意味トラウマなのだ
なのに....食べたいと感じるのだ...辛いものが...

ダイエットで味覚が変わる
それと関連があるんだろうか?

勇気を持ってうどんに七味を入れて食べてみた。

舌がドーンと重たく感じて
正直苦手な刺激だ

仕事中に1割多く歩くを目標に意識しながら行動した1日



目標どうり1万歩/1日を達成
いままで歩いたことで発汗することはなかったのに

七味に挑戦後
動いているとうっすら全身に汗をかいていた

辛いモノを食べて運動すると
普通に運動するよりも脂肪燃焼効果が上がる
らしい

まるで身体が辛い物で脂肪燃焼のテストをしているような感覚の
不思議な体験をした1日だった

スポンサーサイト
[ 2014/10/02 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)