最小単位は2

冷蔵庫の中を眺めるマロ

なぜか大量のデザートが各2個づつある。

パイナップル丸々2個/ヨーグルト2
桃ゼリー3個/珈琲プリン2
木苺ババロア2個/マンゴープリン2
ミニようかん2種類/無糖コーヒー2
たこせんべい特大1袋(お土産に貰った)
口紅2

どうも…マロの最小単位は2らしい

ダイエットをしているが
食べたい物は我慢せずに食べている
とはいえ甘い物の摂取は昼食までの時間に1種類だけと決めている

もちろんデザートを食べない日もあるので

どんどん冷蔵庫にデザートが溜まる一方なのだ

じゃ買わなきゃいいじゃないか

と思うが...

食べたい物を購入した達成感で
食べたい欲望の7割は満たされている
マロがいた

買ってさえいれば
いつでも食べれる
その安心感から
食べなくても食べた気になっている


マロ『パイナップル以外は冷蔵庫の中、好きなの食べていいよ』
そう家族に声をかける
翌日には魔法がかかったように
見事に空になる冷蔵庫

さて…行動パターンをリセットして
マロの最小単位を1に戻さなきゃ


今はまっているヨーグルトを1個
買い物カゴにいれた

悪魔マロが囁く
『これ美味しいよ』
『1個でいいの?何時も夜になったら売れ切れているよ』
『明日はこの店こないんだから食べれないよそれでもいいの?』

天使マロとの葛藤
『明日は遠出した先で美味しいの見つければいいじゃん』
『秋の新商品!新しい味に挑戦してみない?』

心の声『それいいね

Win天使マロ!

ヨーグルト1個のレシート
新しい自分の
ちっさな、ちっさな一歩だった
スポンサーサイト
[ 2014/09/08 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)