スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ハリーポッター

ユニバーサルスタジオに着いたのはAM9:30

チケットを本券に交換して
入場ゲートをくぐれたのはAM10:30

入場する前からの行列…凄いなぁ...

入場するとすぐ
入場制限されているハリーポッター入場整理券の発券場所に友達がダッシュ
GETできた入場時間PM18:30!


マジか!8時間先︎!!

今まで何度か訪れた事のあるUSJ
体重がリバウンドしてからは
遠のいていた遊園地だったが
ハリポタとワンピースが気になってきてみた

しかしハリポタが18:30分からでは
19:15分から始まるワンピースのショーには間に合わない
ワンピースは諦めるしかなかった

ハリポタの時間まで各アトラクションで時間を潰す

お昼の明るいうちに
先にホグワーツ魔法魔術学校の写メを撮りたかった

しかしUSJ内からはホグワーツ城が何処にあるか全く確認できなかった
不思議なものだ…
離れた場所からそびえ立つ城も
近づくにつれ見えなくなるまさしく魔法の国

入場時間になり
開いたゲートはなんと人ひとりが通れる狭いゲート

細道をクネクネ歩みたどり着いた先は

人々で溢れかえっていた


18:30分まで待って入場し
さらにアトラクションは100分待ち

そういうことか…

ホグワーツ魔法魔術学校の外観を写メるだけでも
18:30分にならないとダメって事だったのね

待ちに待ったホグワーツ城内部へ

中になにがあるかワクワク
てっきりホグワーツ学校見学だと勘違いしているマロ

まさか学校内部がアトラクション
ハリー・ポッター・アンド・ザ・フォービドゥン・ジャーニーに
なっているとまだ気付いていなかった

ホグワーツ城に入ると
すぐに全員が無料ロッカーに荷物を預け
手ぶらの状態に
ジムやプールなどで使うカギを腕に巻く

これのせいか…

どうりで内部の写真が少ないのは
カメラやケータイをほとんどの人がロッカーに預けてしまうから
撮りたいけど撮れないんだ…

スマホをいじれない100分の待ち時間
現代人には少々つらいが、そこは魔法の世界

校内を見学できる道順に順路が設定してあり
それほど長い待ち時間に感じなかった

とはいえ、
ほとんどの人は入場から8時間を越えて
体力を消耗している
先頭の方で誰が座りこんだのを引き金に
学生も大人も男性も女性も
少し歩んでは地べたに座り込み
少し歩んでは廊下に座り込みしながら前進していった

ついに目前にキタ
アトラクション!

ハリー・ポッター・アンド・ザ・フォービドゥン・ジャーニー

乗り込む座席はスキー場のリフトと同じて止まらない。

4人ペアでダッシュで乗り込む
座席に座り足は浮き安全バーを下げる

『すいません一旦降りて下さい』
走りながら降ろされるマロ

どうやら安全バーは下がったが
ロックが掛からなかったらしい…

マロ1人
青く光るバックルームに連れて行かれた

責任者と名乗る女性の方に
『本来なら入口で確認しているのですが確認されましたか?』などなど言っておられたけれど…なんのことやら

責任者『待ち時間100分をお返しいたします』
マ ロ『そんなのあるんですね』と思ったら

何か1つ待ち時間無しで入場できる券を貰った。

18:30分入場+アトラクション100分待ち+ハリポタお土産店入場30分待ち(乗り物を乗った人用の待ち時間なので他より短い時間)+会計時間待ち…

待ち時間無しの券をもらっても
ハリポタエリアを出たら営業時間終わってるんですけどね…

フレ『マロすごかったよ!ハリポタの総工費450億円かかっているんだって』
フレ『超ヤバイ!凄く楽しい!スパイダーマンの比じゃなかったよ!』
フレ『あのアトラクションの部分だけでも200億はかかっているんじゃない?』
フレ『マジ凄かった!マジ斬新!マジ最高!マロも痩せたら是非乗ってみて!!
マロ『アハハハハヾ(≧∀≦;)ノ〃』

悔しさであふれ出す涙が
拭いてもふいても止まらなかった。



助かった・・・暗い夜空が涙を隠してくれた



スポンサーサイト
[ 2014/08/05 ] 未分類 | TB(0) | CM(1)









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。